三井住友マスターカード


ネットショッピング認証サービス
~MasterCard® SecureCode™ (マスターカードセキュアコード)~


MasterCardSecureCode   「MasterCard SecureCode(マスターカードセキュアコード)」とは、対象店舗でのインターネット取引の際、通常の取引情報に加えVpass(インターネットサービス)のパスワードを入力することで本人認証を行うサービスのことです。
※MasterCard限定のサービスとなります。
※本サービスではVpassID登録が必要となります。

☆ご利用イメージのデモをご覧ください。

デモを見る デモをご覧になるには、Flash Player の最新バージョンを必要とします。
こちらから Flash Player のダウンロードができます(無料)。
Macromedia - Flash Player ダウンロードセンター

より安全なインターネットショッピングが可能に!

Vpassのパスワード入力でより安全なインターネット決済を行うことができます。
パスワードを入力するサイトもSSL128bitの暗号化を施していますので、安心です。

また、万が一Vpassパスワードを盗まれて不正利用(ショッピングでのカード被害)があった場合は、弊社へのお届け日から120日前にさかのぼり、100万円を限度に補償します。

面倒な手続きも不要!

「MasterCard SecureCode(マスターカードセキュアコード)」を利用するために専用ソフトのダウンロードなどは不要です。ご利用になりたい三井住友マスターカードでVpassID登録を行うだけです。

使い方も簡単

対象店舗でカード番号の入力など操作を行うと、下のパスワード入力画面が表示されます。この画面のパスワード入力欄にVpassのパスワードを入力し、送信ボタンを押すと本人認証を行います。パスワードが正しければ引き続きお取引ができます。
パスワード入力前に、各項目が正しく表示されていることをご確認ください。


番号 項目 内容
(1) 店舗名 ご利用いただいている加盟店名が表示されます。
(2) 金額 お買物金額が表示されます。
(3) 日付 ご利用日が表示されます。
(4) カード番号 ご入力いただいた会員番号の下4ケタが表示されます。
(5) パーソナルメッセージ Vpassに登録いただいたハンドルネームを表示します。ハンドルネームを登録されていない場合は「Vpassユーザー」の文言が表示されます。
(6) パスワード ご利用いただくカードのVpassパスワードを入力してください。
※ご入力いただいた「パスワード」は、加盟店に通知されません。弊社に直接送られますので、ご安心ください。

マスターカードセキュアコード画面サンプル

☆よくあるご質問はこちら

「MasterCard SecureCode(マスターカードセキュアコード)」についてのよくあるお問い合わせはこちら


ご注意:
※対象店舗でVpass登録カードをご利用いただいた場合、「MasterCard SecureCode」のご利用が必須となります。
※対象店舗以外では、通常のカード取引となります。
※推奨ブラウザは次の通りです。
【Windowsの場合】
Internet Explorer 5.0以降、Netscape Communicator 6.2以降
【Macintoshの場合】
Internet Explorer 5.1以降、Netscape Communicator 6.1以降




ページの先頭へ