HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2016年4月7日
三井住友カード、「日本フットサルリーグ(Fリーグ)」にオフィシャルパートナーとして協賛
~スポーツを通じた地域貢献と、金融リテラシー向上を目指し、CSR活動を実施~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、CSR活動の一環として、一般財団法人日本フットサル連盟(所在地:東京都文京区、会長:小倉 純二)が主催する「日本フットサルリーグ」(以下:F リーグ)に、「2016/2017オフィシャルパートナー」として協賛します。


競技人口が増え続けるフットサルの国内トップリーグであるFリーグでは、「5Goals of F」という理念の基、フットサルを通じたホームタウンとの関係構築や地域活動の活性化を図り、リーグ全12クラブが一丸となって各ホームタウンを中心に様々な地域貢献活動が行われています。

三井住友カードは、Fリーグのそのような地域貢献に対する姿勢に共感し、昨年10月より「2015/2016セントラルスポンサー」(※)として協賛いたしました。試合会場では「首都圏クラブの選手・コーチによる地元ファンを対象とした特別クリニック」や、「近隣の学童サッカー・フットサルチームを招いてのエキシビジョンマッチ」といった、スポーツを通じた地域貢献を目的としたイベントをFリーグの協力を得て開催いたしました。

今年度は「オフィシャルパートナー」として協賛を継続し、Fリーグ全12チームの協力のもと、昨年同様のイベント開催を大幅に拡大して継続するとともに、金融サービスを提供する三井住友カードならではのCSR活動として、イベントに参加いただく地域の方々に金融リテラシーを学んで頂く機会をあわせて提供いたします。この活動を通して、三井住友カードは、スポーツを通じた地域貢献と、金融リテラシー向上の両面で社会に貢献してまいります。

三井住友カードは今後も「良き企業市民」としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指して社会貢献活動を継続して行ってまいります。

※ Fリーグ全12クラブが一堂に会して公式戦を行う特別な開催方式であるセントラル開催を対象とした協賛

Fリーグ2016/2017概要

◆SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017

開催期間:2016年6月11日(土)~2017年2月19日(日)

大会方式:セントラル方式およびホーム&アウェイ方式による3回戦総当たりリーグ戦

◆SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 プレーオフ

開催期間:2017年2月24日(金)~2017年3月5日(日)

大会方式:SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 リーグ戦上位5クラブが出場


ページの先頭へ