HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2016年8月17日
広島空港免税店で訪日外国人向け決済サービスを拡充
~外貨建てカード決済サービス及び新韓ハウスカードの取扱いを開始~

広島空港ビルディング株式会社
三井住友カード株式会社
九州カード株式会社
広島空港ビルディング株式会社(本社:広島県三原市、代表取締役社長執行役員:山本 健一、以下:広島空港ビルディング)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)および九州カード株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:小石原 冽、以下:九州カード)と協力し、広島空港免税店における決済サービスを拡充します。
訪日外国人向け決済サービスとして、2016年7月に外貨建てカード決済サービス(※1)を開始し、さらにこの度、2016年8月17日より、新韓(シンハン)ハウスカード(※2)の取扱いを開始いたします。


広島空港は、年間利用客数が中国地方トップを誇り、中四国エリアの一大観光拠点である広島の玄関口として、多くのお客さまにご利用いただいています。また、近年では空港ターミナルビルを活用したイベントや武道の大会等様々な取り組みを行い、交通の要所としてだけでなく、大人から子供まで広く楽しめる場所としても親しまれています。さらに、アジア各地への直行便の運航拡大や市内各地へのアクセス向上により、国内だけでなく海外からの訪日外国人観光客も着々と増加しています。

今般、従来から取り扱っていたVisa、Mastercard、銀聯カード等に加え、訪日外国人向け決済サービスを拡充することで、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、さらに増加が見込まれる外国人観光客のニーズに幅広くお応えいたします。

今回のサービス開始により、広島空港免税店では、以下の決済サービスがご利用可能となります。

<新たに取扱いが可能となった決済サービス>

外貨建てカード決済サービス、新韓ハウスカード

<従来から引き続きご利用可能な決済サービス>

Visa、Mastercard、銀聯カード、iD、楽天Edy、WAON


なお、広島空港ビルディングは、外貨建てカード決済サービスは三井住友カードと、新韓ハウスカードは九州カードとの提携によりサービスを提供いたします。
各社は今後も、訪日外国人客をはじめ国内外のお客さまに対し、より利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。

※1 訪日外国人等の海外カード利用者に対して、店頭で「自国通貨建て」か「円建て」か、決済通貨を選択していただくことが可能なサービス。為替変動のリスクを心配することなく、お客様に安心してお買いものを楽しんでいただけます。

※2 新韓ハウスカードとは、韓国最大のカード会社「新韓カード」が発行するハウスカードで、韓国国内で約1,000万枚発行されております。韓国国内で発行されている国際ブランドのクレジットカードに比べ、日本国内での利用分を自国通貨へ換算する際に発生する手数料が安くなる為、韓国人観光客の負担が少なく済む決済手段です。

*「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。

*「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。「楽天Edy」は楽天Edy株式会社の登録商標です。

*「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。


ページの先頭へ