HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2016年9月8日
三井住友カード Apple Payへの対応開始について



三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、10月から国内でサービス開始するApple Payに対応いたします。Apple Payはお客さまが常に持ち歩いている iPhone 7、iPhone 7 Plus 、Apple Watch Series 2で1日を通してより簡単に、クイックに、そして安心して店舗でのお買い物の際にご利用いただけます。お持ちの三井住友カードをApple Payに簡単・スピーディーに追加することができます。Apple Payは安全性と個人情報の保護についても高いレベルの配慮がなされています。Apple Payのサービス開始日、サービスの詳細につきましては別途ご案内いたします。

Apple Payのご利用方法

店舗でのお支払いは iPhone 7、iPhone 7 Plusと、Apple Watch Series 2が対応しており、「iD™」(※1)加盟店(全国64.4万台)でご利用いただけます。お支払の際に「iD」をご利用される旨を店員の方にお伝えいただき、 Touch IDに指を載せたまま iPhone 7、iPhone 7 Plusを「iD」のリーダー(加盟店端末機)に近づけるだけでお支払いが完了します。Apple Watch Series 2でお支払いされる場合にはサイドボタンをダブルクリックしてから「iD」のリーダーに近づけていただきます。

なお、MasterCardをご利用のお客さまは、Apple Payに対応したアプリケーションやウェブサイトでのオンラインショッピング加盟店でもApple Payをご利用いただけます。

Apple Payの安全性と個人情報保護

安全性と個人情報の保護はApple Payの基礎となる重要な要素です。 iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で「紛失モード」に設定していただくことで、 Apple Pay のご利用を一時停止することや、リモートワイプ(遠隔消去)を実行していただくことでデバイスに保管されるApple Payを含む情報をすべて消去することもできます。iCloud. com にログインをしてApple Payのご利用を停止することも可能です。

Apple PayをiPhone等のデバイスに追加した場合も、お客さまのクレジットカード番号はデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客さまのデバイスには、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管されます。Apple Payをご利用いただく際も、お客さまのクレジットカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

Apple Payの詳細は http://www.apple.com/jp/apple-pay/をご確認ください。

代表取締役社長 久保 健 からのメッセージ
お客さまに安心・安全・便利にご利用いただけるこの素晴らしいサービスであるApple Payを三井住友カードのお客さまにも、ご案内できる日を心待ちにしていました。本日、ここにApple Payへの対応開始について発表させていただけることを大変喜ばしく思っています。

三井住友カードの会員様は、日本でのサービス開始日からすぐに日本全国の「iD」加盟店でApple Payをご利用いただけます。既に「iD」をご導入いただいている加盟店様は、これまで以上に多くのお客さまに「iD」をご利用いただけることとなります。また当社は、現在クレジットカードのシステムおよび業務を受託しているVJAグループの銀行・カード会社に対してもApple Payに対応する機能を提供することで、これらのクレジットカード会員さまにもApple Payをご利用いただけるよう積極的に展開してまいります。

Apple Payは、日本における安心で豊かな消費生活の実現をもたらす素晴らしいサービスになると確信しています。三井住友カードのお客さま、Apple Payのサービス開始を楽しみにお待ちください。

(※1)「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。

(※2)「VJA」は、三井住友カード株式会社をはじめとする全国の主な銀行・金融機関系カード会社62社で組織する企業連合であり、日本におけるクレジットカードの普及に大きく貢献しています。グループの会員数は、約3,344万人(2016年3月末現在)と順調な推移をたどっています。


ページの先頭へ