HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2016年10月12日
北海道のドラッグストア「サツドラ」の全174店舗で電子マネー「iD」の取り扱いを開始



三井住友カード株式会社
株式会社サッポロドラッグストアー
三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)と株式会社サッポロドラッグストアー(本社:札幌市北区、代表取締役社長:富山 浩樹、以下:サッポロドラッグストアー)は提携し、2016年10月17日(月)よりサツドラ全174店舗(サツドラ調剤薬局、ファミリー薬局を除く)で、電子マネー「iD」の取り扱いを開始いたします。


サッポロドラッグストアーは、2016年3月にストアブランドを「サッポロドラッグストアー」から「サツドラ」へ変更し、ストアコンセプトを『北海道の「いつも」を楽しく』と掲げ、お客さまにとって「さらに楽しく、より便利に」お買物をしていただけるサツドラを常に追求しています。

「iD」は、下記マークのあるお店や自動販売機で、携帯電話(NTTドコモなどの「おサイフケータイ®」)やカードをタッチするだけでお支払いができる電子マネーです。
サツドラでは、一部店舗において電子マネー「iD」による決済サービスを導入しておりましたが、このたび、全店舗へ取り扱いを拡大し、より多くのお客さまの利便性向上を図ります。

サッポロドラッグストアーと三井住友カードは今後も協力し、電子マネーでの決済サービスを通じて、お客さまの利便性と満足度向上を目指し、より良いサービスを提供してまいります。

店舗イメージ


ページの先頭へ