HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2016年10月25日
三井住友カード Apple Payへの対応開始について
~先着5万名 Apple Payの「iD」での利用を三井住友カードが5,000円まで負担します~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、本日から国内でサービス開始するApple Payに対応いたします。Apple Payはお客さまが常に持ち歩いているiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で1日を通してより簡単に、クイックに、そして安心、安全に交通機関での利用や、店舗、アプリケーション・ウェブサイトでのお買い物の際にご利用いただけます。お持ちの三井住友カード(※1)をApple Payに簡単・スピーディーに設定することができます。Apple Payは安全性と個人情報の保護についても高いレベルの配慮がなされています。三井住友カードをApple Payに追加することで「iD」(※2)のネットワークがご利用いただける店舗でどこでも使用できます。


三井住友カードは、Apple Payへの対応開始にあたり、キャンペーン(※3)を実施いたします。キャンペーンにエントリーし、Apple Payを設定していただいた先着5万名さまに、「iD」でのご利用金額を三井住友カードが5,000円まで負担いたします。

Apple Payのご利用方法

店舗でのお支払いはiPhone 7、iPhone 7 PlusとApple Watch Series 2が対応しており、「iD」加盟店(全国64.4万台)でご利用いただけます。お支払の際に「iD」をご利用される旨を店員の方にお伝えいただき、Touch IDに指を載せたままiPhone 7、iPhone 7 Plusを「iD」のリーダー(加盟店端末機)に近づけるだけでお支払いが完了します。Apple Watch Series 2でお支払いされる場合にはサイドボタンをダブルクリックしてから「iD」のリーダーに近づけていただきます。

なお、MasterCardをご利用のお客さまは、Apple Payに対応したアプリケーションやウェブサイトでのオンラインショッピング加盟店でもApple Payをご利用いただけます。iPhone 7、iPhone 7 PlusとApple Watch Series 2では、Apple Payに設定したMasterCardをつかってApple PayでSuicaにチャージにすることもできます。

Apple Payの安全性と個人情報保護

安全性と個人情報の保護はApple Payの基礎となる重要な要素です。 iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で「紛失モード」に設定していただくことで、簡単にApple Pay のご利用を一時停止することや、リモートワイプ(遠隔消去)を実行していただくことでデバイスに保管されるApple Payを含む情報をすべて消去することもできます。iCloud. com にログインをしてApple Payのご利用を停止することも可能です。

Apple PayをiPhone等のデバイスに設定した場合も、お客さまのクレジットカード番号はデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客さまのデバイスには、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管されます。Apple Payをご利用いただく際も、お客さまのクレジットカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

Apple Payの詳細は、www.apple.com/jp/apple-pay/をご確認ください。

三井住友カードのApple Payに関する詳細は、http://www.smbc-card.com/rd/applepay.jspをご確認ください。

(※1)バーチャルカード、銀聯カード、ローン専用カード、法人カード、一部の提携カード、三井住友カードが発行するプリペイドカード、およびSMBCデビットカードなどでは、Apple Payの設定・利用はできません。

(※2)「iD」は、株式会社NTTドコモの商標です。

(※3)キャンペーンは、VJA・オムニカード協会加盟会社のうち、キャンペーンを実施する銀行・カード会社の共催となります。なお、先着5万名は各社にエントリーいただいたお客さまの合計となります。


ページの先頭へ