外国人が日本でクレジットカードを作るにはどうすればよい?

おすすめのカードと作り方

外国人が日本でクレジットカードを作るにはどうすればよい?

外国人が日本でクレジットカードを作るにはどうすればよい?

外国人が日本でクレジットカードを作るのは、なんとなくハードルが高いイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか? 今回は、仕事や留学などで日本に滞在している外国人が、日本でクレジットカードを作れるかどうかについて、詳しく解説していきます。

そもそも外国人は日本でクレジットカードを作ることができる?

日本人1人あたり3枚所有しているといわれるクレジットカード。ショッピングや公共料金の支払いなど、さまざまなシーンでクレジットカード決済が可能になり、利便性は年々高くなっています。

しかし、クレジットカードを作るには、各クレジットカード会社の審査に通らなくてはいけません。日本国籍を持たない外国人が、日本でクレジットカードの審査に通るのでしょうか?

答えはイエスです。申込方法も審査方法も日本人とほとんど変わりません。外国人だからといって審査が厳しくなるということもございません。日本人が申し込むときと同じように申込者に返済能力があり、申し込みから帰国までの期間が十分であれば、外国人であっても日本でクレジットカードを作ることができるのです。

日本人とは異なる必要書類

外国人が日本でクレジットカードの申し込みを行う方法は、日本人とほとんど変わらないとお伝えしましたが、必要書類が少し異なります。

各クレジットカード会社によって細かな内容は異なりますが、日本国籍を持たない外国人がクレジットカードの申し込みをするには、日本への中長期滞在者に対して発行される「在留カード」や、日本への永住を許可された外国人に発行される「特別永住者証明書」のコピーなどが必要になります。クレジットカードの申込者が留学生の場合は、これらの書類と併せて「学生証」のコピーが必要なケースもあります。

  • ※弊社でも「在留カード」または「特別永住者証明書」が本人確認書類の対象書類としております。

クレジットカードの申し込み方法

では、実際に外国人が日本でクレジットカードを申し込むにはどうすればよいのでしょうか。三井住友VISAカードの場合は、以下の2つの方法があります。

1.インターネットで申し込む方法

インターネット上ですべての手続きを完結できる申し込み方法です。規約の確認、本人情報の入力、勤務先情報の入力、引き落とし口座の設定などを行うと、後日入会審査の結果がメールで送られてきます。審査に通った場合には、後日簡易書留でクレジットカードが送られてきます。

2.インターネットでの申し込み+郵送で手続きする方法

引き落とし口座がインターネットでの手続きに対応していない場合は、こちらの方法でしか申し込むことはできません。具体的な手続き方法ですが、まず、インターネット上で規約の確認や本人情報の入力などを行います。

すると、1週間以内に申し込み情報が印字された書類が郵送で送られてきます。その書類に必要事項を記入し、署名、捺印したものを郵便にて返送。メールで入会審査の結果を伝えられ、審査に通った場合、後日簡易書留でクレジットカードが送られてきます。

引き落とし口座がインターネットの手続きに対応しているかの確認はこちらから。

日本に暮らす外国人は日本人と同じようにクレジットカードを作ることができます。申し込む際には、ぜひ上記の内容を参考にしてください。

今回の記事のまとめ

外国人は日本でクレジットカードを作ることができる

  • 申し込み方法は日本人とほとんど変わらない
  • 外国人だからといって審査が厳しいということはない
  • ただし、外国人が申し込むには「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要な場合がある

クレジットカードの申し込み方法

  • 下記2つの申し込み方法がある
    • インターネットのみでの申し込み
    • インターネットでの申し込み+郵送での手続き
  • ※引き落とし口座がインターネットでの手続きに対応していない場合は、後者の方法しかない

人気ランキング

注目!ピックアップ記事