Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

店舗で活用

キャッシュレス決済を飲食店などの店舗で導入するメリットとは?

キャッシュレス決済を飲食店などの店舗で導入するメリットとは?

キャッシュレス決済を飲食店などの店舗で導入するメリットは何でしょうか?現金を管理する手間が減ったり、顧客情報を管理しやすくなったりする点が挙げられますが、一番のメリットは業務効率化により「本来のサービスに特化できる」ことでしょう。
ここでは、事業者がキャッシュレス決済を導入するとどう変わるのかについて解説します。

もくじ

キャッシュレス決済の4つのメリット

キャッシュレス決済には、クレジットカードのほか、最近ではスマートフォンによるさまざまな決済サービスが登場しています。これらのキャッシュレス決済を事業者が導入するメリットについて確認しましょう。

1.省人化&コスト削減になる

店舗でキャッシュレス決済を導入することで、省人化につながり、店舗側は人的コストを抑えることができます。

また、スマートフォン決済であれば、タブレットやスマートフォンを使用しての、なじみのある操作のため、レジスターよりも覚えることが少なく、スタッフのトレーニング期間の短縮にもつながります。

2.スタッフの負担を軽減できる

現金での決済となると、接客で慌ただしい中、お客さまから現金を受け取り、お釣りとレシートを渡す作業が発生します。キャッシュレス決済であれば、お客さまとの現金のやりとりは少なくなり、スタッフの負担が軽減します。

3.顧客情報を管理しやすい

今や、ユーザーの利用情報を集めてビッグデータ化することは、顧客獲得・維持のため、事業者にとって欠かせません。ユーザーの購入傾向からその人の趣味嗜好を判断し、類似商品などが提示される協調フィルタリングも、ビッグデータがあってこその賜物です。

現金であれば、どんな年齢層のどんな趣味嗜好を持った人が消費したのか把握が難しいですが、キャッシュレス決済であれば、ユーザーの傾向や嗜好が電子情報として集積することができ、顧客管理がしやすくなります。「ユーザーがどういった物を好んで店舗に来店するのか」「最近売れている商品の傾向は何なのか」といったデータがわかれば、店舗や商品を改善し、顧客満足度を向上させることにつながるでしょう。

4.予定していない商品を購入する可能性がある

クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済が可能であれば、予定外の物を購入する可能性が増えることがあります。手持ちが少ないときに、偶然素敵な物に出会った際にも購入ハードルが下がり、キャッシュレス決済がお客さまの消費を後押ししてくれることがあります。

完全キャッシュレス店舗のメリット

現金を一切使わない完全キャッシュレス店舗のメリットについて、考えていきましょう。まず、完全キャッシュレス化にすれば、お客さまとの現金のやりとりは発生せずに、スムーズに会計することができますので、作業効率が上がります。

現金を取り扱っている場合、店舗が閉店した後のレジ締めには、30分以上の時間を要することも珍しくないでしょう。レジ締めのためだけに責任者が店舗に残っている必要があり、かなりの負担になります。完全キャッシュレス店舗ならば、決済の度に会計が記録されていくため、レジ締めをする必要がなくなります。計算が合わないこともありません。

QRコード決済や手数料ゼロサービスを利用する

キャッシュレス決済を導入することでコストカットや作業効率化になることがわかっても、店舗側とすれば「導入したいのはやまやまだけど、導入コストが気になる」と、決断が鈍ってしまう場合もあるでしょう。確かに、レジ周りの機器をそろえなければいけないため、店舗側への負荷がかかってしまいます。

クレジットカード未対応のおもな理由

クレジットカード未対応のおもな理由 イメージ
出典:平成28年度商取引適正化・製品安全に係る事業「観光地におけるキャッシュレス決済比率の普及状況及び加盟店におけるクレジットカードに係るセキュリティ対策の実施状況に関する実態調査」より

しかし、QRコード決済であれば、導入に関するイニシャルコストをかなり抑えることができます。ユーザーがアプリをダウンロードして、店舗側はQRコードを置くだけで完了してしまうシステムもあるなど、導入のハードルは低くなっています。

また、期間限定ではあるものの「手数料ゼロ」などのサービスを展開しているケースもあります。手数料がかからない期間を実験的な期間ととらえて、試してみてもいいのではないでしょうか。どのくらいのお客さまがキャッシュレス決済を選ぶのか、現金を扱うこととキャッシュレスの違いはどういった点があるのかなど、事業者が肌感覚で知る、またとない機会となります。

キャッシュレスによってもたらされるストレス“レス”な環境

現金を扱うことで生じるレジ締めや、最繁時の会計やオーダーは、スタッフに余分な負荷を与えてしまいます。もし、こういったストレスがなくなれば、スタッフはいきいきと自分のペースで働くことができ、その分、お客さまへの対応に気持ちの余裕が生まれます。脱現金化をすることで、「本来のサービスに特化できる」ことにつながるのです。

この先、間違いなくキャッシュレスは社会に浸透していきます。そのとき、事業者がキャッシュレス決済のメリットについて、実際に試して実感しておく必要があるでしょう。単に便利になるのではなく、効率化によって生まれた時間を、働きやすさや業務改善に活かすことが、キャッシュレス決済の大きなメリットといえるのです。

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
今なら無料でカード決済を始められるキャンペーン実施中 今なら無料でカード決済を始められるキャンペーン実施中

関連記事

    人気ランキング

    PAGETOP