Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

店舗で活用

モバイルオーダーとは?メリットと導入店舗について解説

モバイルオーダーとは?メリットと導入店舗について解説

近年、飲食店業界では、スマートフォンなどのモバイルデバイス上で注文・決済を完了するモバイルオーダーが注目され、導入店舗も増えています。しかし、「聞いたことはあるが、詳しくは知らない」「どうすれば導入できるの?」という人も多いのではないでしょうか。
そこで、モバイルオーダーの概要と、注目される背景をご紹介します。また、モバイルオーダーのメリット・デメリットのほか、中小企業向けのモバイルオーダーサービスについて解説していきましょう。

もくじ

モバイルオーダーはスマートフォンから商品の注文や決済ができるサービス

モバイルオーダーとは、スマートフォンやタブレットから、店の商品の注文・決済を行えるサービスです。顧客はスマートフォンなどの専用アプリを使って、飲食店への注文と支払いができます。事前に注文を入れ、店舗に出向いてテイクアウトしたり、その場で飲食したりするという注文スタイルです。

事前に電話で注文を入れておき、約束の時間になったら店に出向いて商品を受け取り、精算をする――こうしたサービスは決して目新しいものではありません。
大手の外食チェーンはもちろん、個人商店レベルでも昔から行われてきたことです。しかし、モバイルオーダーの場合、専用のスマートフォンアプリを使うことと、注文時に支払いまで済ませられるという点が、従来の方法と大きく異なっています。

モバイルオーダーが注目される背景

近年、モバイルオーダー導入店舗が増えている背景としては、モバイルオーダーが店舗運営の効率化や密集の回避に役立つこと、新型コロナウイルス感染拡大の影響で急激に高まったテイクアウト需要への対応にマッチしていることなどがあります。

また、「レジ待ちなどの時間がなくスムーズに買物ができる」「あせらずじっくり商品を選べる」といった点を評価し、モバイルオーダーを便利だと感じる顧客が増えていることも、モバイルオーダーが徐々に広まっている要因のひとつといえるでしょう。

店舗側のモバイルオーダーのメリットは?

モバイルオーダーのメリットは多数ありますが、まずは店舗側のメリットから見ていきましょう。

手を止めることなく注文を受けられる

モバイルオーダーでは、店舗の電話が鳴りません。注文が入ると、店内のPCやタブレットに次々に注文内容が表示されます。つまり、スタッフは電話応対をする必要がなく、店内の接客や調理をこなしながら注文を受けることができるのです。
ランチタイムなどの多忙な時間帯や少人数で店を切り盛りする個人店では、大きなメリットとなります。

レジ業務が不要で作業負荷が軽減

注文から支払いまでをスマートフォンアプリで処理できれば、あとは商品を用意してお客さまに渡すだけです。レジ業務がいらず、その分の作業負荷を軽くすることができます。
これは、スタッフの作業効率化という点で見ると、かなり有効です。特に、小さな店舗では厨房と接客、レジ業務までを少人数でカバーしていることが多いので、効果は高いでしょう。
キャッシュレス決済であればまだしも、レジでの現金の受け渡しは意外と手間がかかりますし、お金をさわった手でそのまま厨房作業はできません。そうしたことを考えても、作業負荷の軽減に役立ちます。

ピークタイムでも回転率を維持できる

人気店では、行列ができるほど混雑するランチタイム。たくさんのお客さまが来店するのはうれしい限りですが、席に案内できないお客さまには待ってもらうしかありません。その行列を見て待ちきれず、「ほかの店に行こうか…」というお客さまも出てきます。
しかし、来店のお客さまがモバイルオーダーを利用するようになれば、より多くの人数を呼び込むことができます。ピーク時でも回転率を上げて対応することができますし、待ち時間が少なくなればお客さまを逃がしてしまうことも避けられます。

人手不足をカバーできる

これまでに挙げたメリットとも関連しますが、モバイルオーダーを導入することで人手不足をカバーすることができます。モバイルオーダーは注文と支払いがアプリ上でできますから、そこに必要な店舗側の作業は最小限です。浮いたマンパワーは、接客や厨房作業に振り分けることができ、少ない人数でより多くの仕事をこなせるようになるでしょう。
少子化による人件費の高騰で、飲食業のみならず、どの業界でも雇用が経営を圧迫しやすい状況です。そんな中、少人数で最大の結果を生むには、モバイルオーダーは有益な手段となります。

利用者側のモバイルオーダーのメリットは?

では、利用者側にとってのモバイルオーダーのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。こちらは、大きな2つのメリットが挙げられます。

待ち時間が減る

飲食店が少ないオフィス街は、昼時になるとあちこちでランチをする場所を探す人たちの姿を見ることができます。特に、名の知られたお店となれば行列ができることもありますから、ある程度の待ち時間を覚悟しなくてはなりません。とはいえ、昼の休憩時間は限られています。

そこで、モバイルオーダーを利用したらどうでしょう。混雑状況によりますが、基本的には来店時間を指定できるので、利用者が来店後すぐに席に案内されたり、商品を受け取れたりすることができます。待ち時間が軽減されることで、利用者のストレスも減るでしょう。
お目当ての店に事前注文を入れ、同時に支払いを済ませてしまえば、あとは店に出向いて商品を受け取るだけ。お店が混雑していても、待つ必要がありません。少しでも時間を有効に使いたい人に役立つのが、モバイルオーダーなのです。

事前に支払いを済ませることができる

モバイルオーダーで注文すれば、事前に支払いを済ませることができます。そのため、注文した商品を受け取るとき、店舗側と現金のやりとりをする必要がありません。支払いの手間が省けるのは時間の短縮にもなり、利用者にとって大きなメリットです。

モバイルオーダーのメリット
モバイルオーダーのメリット

モバイルオーダーの導入事例

外食大手では、それぞれ独自のスマートフォンアプリを開発し、モバイルオーダーを導入しています。店舗にとって、注文と精算の作業負荷がないため、今後ますます広がっていくものと思われます。
2021年1月の時点でモバイルオーダーを導入している、外食大手の導入事例をご紹介します。

マクドナルド

マクドナルドでは、2019年からモバイルオーダーをスタートさせています。一部店舗を除いて、全国の店舗で利用でき、レジに並ぶことなく商品を受け取れるのが特長です。
注文方法は、まずマクドナルド公式アプリをインストールし、利用店舗や注文内容、受け取り方法(持ち帰りか店内での食事か)、支払い方法を確定させます。店舗に着いたら「受け取りに進む」ボタンをタップし、できたての商品を受け取ることができます。マクドナルド公式アプリによる支払いには、Visa・Mastercard・JCB・Diners Clubのほか、PayPayやLINE Payも利用できます。このアプリは店内でも使えますので、座席からオーダーすることもできます。また、店舗の駐車場に車を停めて、車内で注文や商品の受け取りができる「パーク&ゴー」も全国約800店舗で実施中です(2021年1月現在)。
2020年9月からは、スマートフォンを使って、マクドナルド公式サイトからもモバイルオーダーが可能に。公式サイトからの注文の場合は、アプリのダウンロードや会員登録は不要で使えます。

すき家

すき家でのモバイルオーダーサービスは、一部を除き、ほぼ全国の店舗で利用できます。
まず、すき家公式アプリをダウンロードし、支払い方法を登録しておきます。注文する際には、利用する店舗と注文したいメニューを選んで「QRコードを読み取る」ボタンを押します。そして、店舗にあるQRコードを読み込むことで決済が完了するしくみです。
おトクなクーポンが自動的に適用されて最安値になるといった機能や、お気に入りメニューを登録できる機能も備えています。支払いには、各種クレジットカードとPayPayが利用できます。

ドミノ・ピザ

宅配ピザ業界では、早くからテイクアウトを扱っており、おトク感の高いサービスを提供してきました。
ドミノ・ピザでは現在、PCまたはスマートフォンアプリからのネット注文を受け付けていますが、「お持ち帰り予約」を選ぶとお持ち帰り特典として「2枚目0円」や「1枚割」など、さまざまな割引や特典が得られます。

中小規模の店舗でも使えるモバイルオーダーシステム

これまでに紹介した大手外食企業は、それぞれ自社にフィットしたモバイルオーダーシステムを開発・使用しています。それとは別に、中小規模の店舗でも利用できるモバイルオーダーシステムを提供している会社もあります。代表的なモバイルオーダーシステムをご紹介します。

O:der(オーダー)

株式会社Showcase Gigが提供するモバイルオーダーアプリ「O:der(オーダー)」は、注文から決済・受け取りまでをスマートフォンアプリで完結できるサービスで、大手飲食チェーン店でも導入が進んでいます。
商品の受け取りが完了すると、アプリ内の「デジタルスタンプカード」にスタンプが自動付与され、貯まるとおトクなクーポンがもらえます。また、アプリだけの割引があるほか、アプリを通してお店からおトクなキャンペーン情報なども受け取れます。

Okage Go

Okage株式会社が提供するモバイルオーダーシステム「Okage Go」は、店内・店外両方のモバイルオーダーに対応。来店されたお客さまが店内で、ご自身のスマートフォンを使って注文することができます。専用アプリをダウンロードしてもらう必要がなく、お店でQRコードを読み込む方式なので、利用してもらいやすくなっています。
ご来店前のお客さまも、ご自身のスマートフォンからブラウザを使って注文、決済まで行うことができる利便性の高さが特長です。クレジットカード決済、キャリア決済など、多彩な決済手段に対応しています。
また、モバイルオーダーシステム「Okage Go」に加えて、セルフレジ、タブレットオーダー、キッチンディスプレイ、モバイルPOS、ハンディなどがクラウドで統合管理されるフードサービスDXプラットフォーム「Okageシリーズ」は、店舗とオンラインチャネルの一体運用ができます。

CRISP PLATFORM

株式会社CRISPが提供する、CRISP PLATFORMは、アプリのインストールが不要のウェブアプリタイプのモバイルオーダーシステムです。店舗がアプリ開発をする必要はなく、自社のイメージに合わせたデザインを簡単に作ることができます。
さらに、お客さまに合わせたオリジナルのプロモーションを、直接、お客さまのスマートフォンに展開することもできます。クレジットカードやデビットカードのほか、Apple Pay、Google Pay™ での支払いにも対応しています。

モバイルオーダーの導入は、コストとのバランスを見極めて

ここで紹介したほかにも、飲食業界ではいくつかのオーダーシステムが利用されています。これらのオーダーシステムを導入すれば、小規模店舗でもモバイルオーダーを実現することができます。
ただしその場合、システム利用料や機材のレンタル費などのコストと利益のバランスをしっかりと見極める必要があります。そのうえで活用すれば、作業効率の向上やリピーターの育成など、数字に直接表れない効果も生まれてくることでしょう。

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • Apple、Apple Pay、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。
  • Android™ 、Google Pay はGoogle LLCの商標です。
  • 本記事は2021年2月現在の情報です。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP