Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

店舗で活用

決済端末導入前に確認!レジのキャッシュレス化で比較すべきポイント

決済端末導入前に確認!レジのキャッシュレス化で比較すべきポイント

普及が進むキャッシュレス決済は、これからさらに利用者の増加が見込まれます。お客さまのニーズに応えるためにも導入する端末にはこだわりたいものです。
そこで、あなたの店舗におすすめのキャッシュレス端末についてご紹介します。

もくじ

キャッシュレス決済は、店舗にとって必需品

キャッシュレス決済は、近年利用者が増え続けています。2008年の時点では民間消費の11.9%でしたが、約10年後の2017年には21.3%にまで上昇しました(一般社団法人キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ 2019」)。つまり、民間消費の2割以上が、キャッシュレス決済されているのです
特に、近年登場したQRコード決済やバーコード決済は、大々的なキャンペーンなどで話題を集めました。すでに複数のペイメントサービスが乱立していて、利用者の獲得にしのぎを削っています。
このような状況では、事業者・店舗ものんびり構えてはいられません。商機を逃がさず、販売機会を増やすためにも、コード決済に限らずさまざまなキャッシュレス対応は必須です。これからも利用者の増加が見込まれるため、準備を整えましょう。

キャッシュレス決済を導入する前に!
知っておきたい種類や端末は?

キャッシュレス決済導入に使える補助金制度

日本のキャッシュレス決済は、諸外国と比較してまだまだ遅れているといわれています。しかし、年々増え続けている訪日外国人や、2020年の世界的スポーツの祭典をはじめとするビッグイベントでのインバウンド消費などから、キャッシュレス決済の導入は必須といわれています
政府もキャッシュレス決済の普及に本腰を入れており、「キャッシュレス・消費者還元事業」を2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)までと期間限定で行います。これは、キャッシュレス決済の導入にあたり、端末機器の購入費や設置費などを国が負担するというものです。さらに、実施期間中は決済手数料の3分の1を補助してくれるという制度も用意されています。この機会にキャッシュレス決済の導入を、ぜひ検討してみてください。

決済端末の導入費用が無料に!?
国が補助する「キャッシュレス・消費者還元事業」

キャッシュレス・消費者還元事業

  • 別ウインドウでキャッシュレス・消費者還元事業制度ホームページにリンクします。

キャッシュレスにはどんな決済方法があるの?

キャッシュレス決済といっても、その方法にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。決済方法によって、用意すべき端末やハードウェアも違ってくるため、あなたの店舗に最適な方法を検討する必要があるでしょう。
現在、日本で使われるキャッシュレス決済の方法は、おもに次のとおりです。

キャッシュレス決済の種類

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済(おサイフケータイなども含む)
  • QRコード/バーコード決済

これは、用意するべき決済端末の種類に沿った分類です。「おサイフケータイ」や「iD」「Apple Pay」などは「モバイル決済」としてくくられることもありますが、これらはユーザーのクレジットカードや電子マネー、銀行口座と連携するもので、なかなかひとつにくくりにくいものではあります。しかし、電子マネーに使われている「FeliCa」という非接触型ICカード技術を用いた決済方法なので、この記事では電子マネーと同じくくりにまとめています。
次に、これらのキャッシュレス決済のそれぞれの特徴や必要な機器類などについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

用途に応じて選べるクレジットカード決済端末

キャッシュレス決済で、歴史と実績があるクレジットカード決済。社会人であれば、クレジットカードは1枚や2枚持っていて当然といえるアイテムです。それだけに、クレジットカード決済への対応は、事業者や店舗にとって必要といえるでしょう。
クレジットカード決済端末の種類は豊富で、用途に合わせて最適な物を選ぶことができます。また、クレジットカード以外の決済方法である、電子マネー決済やコード決済も扱える端末もあります。

・据置型端末

据置型端末は、レジと一体になったリーダーにカードを通す、スーパーなどに置いてあるタイプの決済端末です。多機能・高機能ではあるものの、レジそのものが大きく、場所をとるところが難点です。また、レジ端末自体の価格も高めなので、店舗の売上規模を考えながら導入を検討する必要があります。

・ポータブル型端末

持ち運びができるポータブルタイプのカード決済端末は、レジ本体とは無線通信でデータをやりとりします。小型ながらレシートプリンターを内蔵したものもあり、イベント会場での利用やレストランのテーブル席で精算を済ませたい場合に最適です。
ただし、使用する場所により、電波の送受信に不具合が発生する場合があるという、不安要素はあります。

・スマホ/タブレット型端末

スマホやタブレットにカードリーダーを接続して、決済端末として使う方法です。安い導入コストでPOSレジシステムを組むことができるので、小規模な店舗に最適です。クラウドで提供されているPOSレジアプリにも、便利な機能が備わっています。

スマホやタブレットをレジ代わりに!
スマホやiPad、タブレットをレジ代わりにできるキャッシュレス決済

少額決済向きの電子マネー決済(おサイフケータイ)

電子マネー決済は、決済端末にカードやスマートフォンをかざすだけで素早く決済ができるのが特徴です。SuicaやWAONなどのチャージ式(前払い方式)のものやiDやVisaタッチなどのポストペイ式(後払い方式)などさまざまな電子マネーがあり、専用端末のほか、複数の決済方法を併用できる端末もあります。
前払い方式の電子マネーはあらかじめチャージしておける金額が2万円から5万円までと、あまり多くはありません。そのため、電子マネーは高額な買物には使いにくいのが特徴です。
駅の売店や自販機に採用されていることからも、「忙しい合間に素早く少額決済を済ませる」というのが、電子マネーのおもな使われ方だといえるでしょう。そのため、電子マネーの決済端末を導入すべきかどうか、迷うことがあるかもしれません。その場合は、お客さまをお待たせしていないか、あなたの店の客単価はどうかといった観点で検討してください。

サービスの乱立で迷うQRコード/バーコード決済

QRコードやバーコードで決済するコード決済では、「◯◯ペイ」などの名称で、ここ数年のうちに多くのペイメントサービスが登場しました。この決済方法には2つのタイプがありますので、簡単にご説明します。

・ストアスキャン型

お客さまがスマホで事前にダウンロードした支払いアプリを起動しコードを提示、店員が利用金額を設定したあとお客さまの提示したコードをスキャナーで読み取り、決済します。この場合、店舗側ではコードスキャナーなどの設備を、新たに導入しなくてはなりません。

・ユーザースキャン型

店舗側で送金先などの情報を埋め込んだコードを明示して、ユーザーが支払いアプリ上のカメラでコードをスキャンし支払い金額を入力する方法です。店舗側では、コードを印刷したものを用意するだけの場合もあれば、タブレットなどに表示させる場合もあります。いずれにせよ、店舗側の設備の負担が軽いのが特徴です。

コード決済は、導入の手軽さという点ではとても便利です。しかし、現在はさまざまなペイメントサービスが乱立して、シェア争いでしのぎを削っています。QRコードの規格統一化は普及の鍵と言っても過言ではなく、業界の重要課題です。

無理なくスタートできる決済システムは?

さまざまなキャッシュレス決済の方法が登場してきていますが、主力となるのはやはりクレジットカード決済です。クレジットカード決済の金額は、キャッシュレス決済全体の9割を超えています。
こう考えると、まずはクレジットカード決済に対応しておくのが最優先といえます。しかし、「決済端末やレジをそろえるとなると、結構なコストがかかるのでは?」と悩まれるのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが、スマホ/タブレット型の決済端末です。

低コストでPOSレジシステムが組める

スマホやタブレットを利用するタイプの決済サービスはいくつかありますが、ここでは「Square(スクエア)」をご紹介しましょう。これは、Twitter社の創業者であるジャック・ドーシーが創業し、アメリカを席巻したスマホ向けカード決済サービスです。

「Square(スクエア)」を利用しているイメージ

Squareは、専用のカードリーダーと無料のアプリで構成されています。カードリーダーはスマホに接続すればポータブル型のカードリーダーとして使え、クラウドで提供されるPOSレジアプリによって、タブレットがそのまま使いやすいPOSレジへと変身します。クレジットカードに加え、海外でメジャーなNFCのタッチ決済にも対応しており、インバウンド対策にも適している決済端末です。
スーパーなどで使われている据え置き型のPOSレジと比べて、導入コストは比較にならないほど低く抑えられ、小規模な店舗やこれから開業する店舗におすすめのシステムです
さまざまな種類の決済端末がありますので、ご自身のお店に合ったものをぜひ見つけてください。

初期費用が安く、最短当日から利用可能
カード決済サービス・Square(スクエア)のメリットって何?

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP