Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

個人で利用

クレジットカード決済のオーソリについて分かりやすく解説!

クレジットカード決済のオーソリについて分かりやすく解説!

「オーソリ」とは、クレジットカードが正規のものか確認し、申請のあった額の利用枠を確保することを意味します。一般的にはほとんど意識されることはありませんが、クレジットカード決済ではオーソリがとても重要な役割を担っています。
ここでは、オーソリについてできるだけ分かりやすく解説しましょう。

もくじ

オーソリとは?

オーソリとは、英語のオーソリゼーション(Authorization)の略語です。「認可」「承認」「権限の付与」などの意味を持ちますが、クレジットカードにおいては「信用承認」「与信確保」などの日本語があてられます。

オーソリのしくみをシンプルに解説

例えば、ある商店でクレジットカードを出して「このカードで、1万円の商品を買いたい」と言います。しかし、店主はそのクレジットカードが不正に利用されるものか、問題なく使えるカードかどうか判断できません。そこで、クレジットカード用の決済端末を使ってカードの情報をカード会社に送信し、問題がないかチェックしてもらいます。

カード会社は、送られてきたカード情報と販売情報、◯◯商店で1万円の商品を買おうとしているという情報を突き合わせ、問題がなければOKを返します。その確認をもって店主はお客さまに商品を引き渡し、クレジットカードによる取引が成立します。同時にカード会社はカードの利用枠のうち、商品代金分の1万円分を確保します。すると、カードの利用限度額は、確保された1万円分少なくなります。

実際にはもっと複雑ですが、オーソリの手順と内容を分かりやすく説明するとこういうことになります。私たちがカードで買物をするとき、決済端末にカードを通す度に、このようなやりとりが店とカード会社との間で行われているのです。

りやすく説明するとこういう

オーソリはなぜ必要なのか?

オーソリのおもな目的は第三者によるカードの使用を防ぐことと、ご利用可能額を確認することにあります。

カードの第三者による使用を水際で食い止める

クレジットカードの偽造や第三者による使用の問題は、国内外で起こっています。クレジットカード各社は自社の加盟店とカード会員を守り、自社の損害を事前に防ぐため、強固なセキュリティを施し、頻繁に行われるカード取引を常に監視しています。

その監視の目のひとつがオーソリです。カード決済の度に行われるオーソリは、第三者による使用への重要な防御策になっています。

ご利用可能額を確認し、確保する

クレジットカードには、例外もありますが基本的には利用限度額が設定されており、その限度を超えて利用することはできません。しかし、自分のクレジットカードの利用枠がいくら残っているのか、カードを使う本人は、意外と把握していないケースがあります。それはクレジットカードを見ただけでは分かりませんから、利用する度にカード会社にオーソリをかけて照会をしています。

現時点でいくらまでなら利用できるかは、カード会社が用意している会員専用ページやアプリから確認することができます。計画的な利用のためにも、時々チェックして、ご利用可能額を確認しておくといいでしょう。

オーソリで承認されないとどうなる?

オーソリの結果が問題なければ通常どおりカードが使えますが、承認されなかった場合は、決済が行えなくなり、「お客さま、このカードはお使いになれません」と店側から回答されることになります。では、承認がされなかった場合(オーソリエラー)はどのようなケースなのか、確認しておきましょう。

会員番号や暗証番号の間違い

ネットショッピングではありがちなのが会員番号の入力ミスです。入力時にはよく確認してタイプする癖をつけましょう。また、実店舗での利用では、暗証番号の入力ミスも考えられます。暗証番号の入力は、一定回数間違えてしまうと、カードがロックされて使えなくなってしまいますのでご注意ください。「どうしても暗証番号が思い出せない…」という場合は、店側にサインに変更を依頼するか、とりあえず現金で支払うかのいずれかを選ぶのが無難です。

有効期限切れカードの利用

有効期限切れのクレジットカードの利用も起こりがちです。一般的に、クレジットカードの有効期限は5年です。期限が近づくと通常は自動更新なので、カード会社から新たなクレジットカードが送られてきます。ついうっかり期限切れのクレジットカードを使おうとすると、オーソリの承認がされなくなってしまいます。新しいクレジットカードが届いたら、なるべく早く古いカードは破棄して、新しいカードを使いましょう。
そのほか、支払い日に引き落としができなかった場合にも、支払い完了までクレジットカードが一時的に使えなくなり、オーソリの承認がされず利用できなくなります。

不自然な取引の疑い

不正利用が疑われるような不自然な取引に対しては、カード会社がオーソリを保留することがあります。持ち運びやすく換金性の高いノートPCやタブレットを立て続けに購入していたり、不正利用が発見されたネットショップで高額な買物をしていたりした場合には、「不正利用の疑いがある」という判断からオーソリを一時的に停止し確認を行うのです。
カード会社から確認の電話が来ることもありますが、状況が確認でき、問題がなければ、通常どおりオーソリの処理がなされ、カードが利用できます。

クレジットカードが使えないときの理由を把握しておこう

オーソリのしくみは複雑ですし、一般の利用者がそのすべてを知る必要はありません。それは、オーソリを意識してもしなくても、クレジットカードを使ううえでは不便はないからです。
しかし、オーソリのしくみを知っておくことで、クレジットカードが利用できない場合の手助けになるかもしれませんので、把握しておくといいでしょう。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP