Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

個人で利用

QRコード決済とバーコード決済のしくみとメリットについて

QRコード決済とバーコード決済のしくみとメリットについて

近年、急速に広がりつつあるキャッシュレス決済の中でも、QRコードやバーコードを使用したコード決済は大きな注目を集めています。
これらのコード決済の方法について、そのしくみや支払いの方法、メリットなどについて解説していきます。

もくじ

QRコード決済・バーコード決済とは?

QRコードやバーコードを使用したキャッシュレス決済は、一括りにコード決済と呼ばれています。そこで使用されるコードは、サービスを提供する店舗側の情報や利用者側の支払い情報などに紐付けられていて、コードを通して利用金額とともに読み込むことで、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされるしくみです。

コード決済に関しては、中国が世界でもトップクラスの普及率となっています。代表的なコード決済サービスである「Alipay(アリペイ)」の場合、日々の買物や公共料金、保険料の支払いのほか、投資や資産運用の金融商品などもQRコードに対応していて、これさえあれば財布はいらないというほど生活に密着しています。「自分の子供や親戚の子供へのお年玉もアリペイで」というくらい、とても高い普及率を誇っています。
日本で人気のコード決済サービスとしては、2016年に「Origami」がQRコード決済サービスを開始しました。その後はLINE Pay、楽天ペイ、PayPayなどの大手が次々に参入し、ほんの2年ほどのあいだに、QRコード決済は高い認知度を得るようになりました。

QRコード決済の仕組みとは?
QRコード決済の種類や仕組み、支払い方法からメリットまでご紹介!

決済の手順は2とおり

では、コード決済は実際にどのような手順で行うのでしょうか。これには2種類の方法があります。
ひとつは、店側が掲示したコードを利用者が自分のスマホなどで読み込む「ユーザースキャン方式」。もうひとつは、利用者側が自分のスマホ画面にコードを表示させ、それを店側がスキャナーで読み込む「ストアスキャン方式」です。
それぞれ手順が異なりますから、別々に解説しましょう。なお、どちらも使用する前に、決済アプリをダウンロードしておくことが必須となります。

■ユーザースキャン方式

店舗側がレジ横などに掲示しているコードを、利用者が自分のスマホの決済アプリを起動させて読み取ります。このコードには、店舗の情報が埋め込まれており、読み取ることで支払先を指定することができます。次に、支払金額を入力して店側に確認してもらい、「支払う」「OK」などをタップすれば決済完了となります。
店側が表示するコードには金額情報を埋め込むこともできますから、料金一律の場合であれば、コードを読み込んでOKするだけで決済ができます。また、値札のように商品ごとに価格を埋め込んだコードを印字しておき、それを読み取って決済することもできます。

■ストアスキャン方式

利用者が、自分の支払い情報が埋め込まれたコードをスマホやタブレットに表示させ、店側がそれをコードリーダーで読み込み、利用金額を入力して決済します。店側としては、読み取り用に専用のスキャナーやリーダー、スマホ、タブレットを用意する必要がありますが、利用者側はスマホにコードを表示するだけなので手間がかかりません。感覚的には、クレジットカード決済と同じように利用できます。

最終的な支払いは、アプリまたはカードで

では、店頭での支払いの後、最終的な決済はどのように行われるのでしょうか。ここでも、決済アプリのチャージ分から支払われる場合と、クレジットカードやデビットカードと紐付ける場合の2とおりがあります。

■決済アプリにチャージした残額を使う場合

あらかじめ銀行口座やクレジットカード、ATMなどから決済アプリの自分の口座にお金をチャージしておき、そこから決済の度に支払うことができます。これは、電子マネーと同様のしくみと考えればいいでしょう。もちろん、残額が不足していると決済はできません。常に、チャージしてある残高に気を付けておく必要があるでしょう。
チャージできる限度額は25万円や100万円など、電子マネーよりも遥かに高く設定されている決済アプリもあります。なお、1日あたりのチャージ額や過去1ヵ月間のチャージ額など、細かな制限がかけられていることが多いため、決済アプリそれぞれのルールをきちんと理解した上で利用することが大切です。

■クレジットカードやデビットカードと紐付ける場合

決済アプリにクレジットカードやデビットカードの情報を入力しておき、これらのカードを経由して銀行口座から引き落として支払いを行うことができます。QRコードやバーコードを使ってはいるものの、本質的にはカード決済と同じと考えていいでしょう。

■QRコード決済“ペイ”比較表(2019年8月時点)

QRコード決済“ペイ”比較表(2019年8月時点)

QRコード決済・バーコード決済の始め方

コード決済を理解するには、実際に使ってみるのが1番の早道です。決済アプリによって細かな違いはあるものの、全体の流れは共通しています。慣れるまでは戸惑うこともあるでしょうが、何度か使っていくうちに、その便利さが実感できるはずです。
ここでは、決済アプリの一般的なダウンロード方法と、使用までの流れを見ていきましょう。

1.まずはアプリをダウンロードする

使いたい決済アプリのオフィシャルサイトには、App StoreやGoogle Playのリンクボタンがあるはずです。そこから、自分が使っているスマホのOSに合ったアプリストアにアクセスします。そこでスマホにアプリをダウンロードしましょう。

2.電話番号とパスワードを入力

電話番号と任意のパスワードを入力すると、入力した電話番号あてに4桁の認証コードが送信されます。その認証コードを入力すれば、登録完了です。

3.支払い方法を選択

現金をチャージする場合は、銀行口座やクレジットカードからチャージができます。銀行口座からチャージする場合は、指定の金融機関を選択してネットバンキングのID・パスワードやキャッシュカードの暗証番号を入力し登録します。カード払いを登録するには、「カード追加」からクレジットカードをカメラで読み込み、カード番号などを入力します。

4.店舗で支払い

ユーザースキャン方式の場合は、「スキャン」をタップします。カメラが起動しますから、店舗に置いてあるコードを読み込み、金額を入力して支払います。
ストアスキャン方式の場合は、「支払う」をタップします。あなたの支払い情報が埋め込まれたバーコードとQRコードが表示されますから、店側がスキャンして支払い完了です。

QRコード決済・バーコード決済のメリットは?

QRコード決済やバーコード決済は、簡単に登録できます。アプリによっては細かな機能に差があり、できることとできないことはありますが、現金払いにはない多くの利便性を備えています。
ここで改めて、コード決済のメリットについて確認してみましょう。

スマートに決済ができる

コード決済の最大の利点は、キャッシュレス決済の全体にもいえることですが、現金がいらないという点です。チャージしたり、クレジットカードやデビットカードを登録したりすることで、手持ちの現金を気にすることなく買物や飲食を楽しめます。会計の際に財布の小銭を探る必要もありませんし、釣り銭の小銭で財布が膨れることもありません。
コードを読み込む、あるいはスキャンしてもらうだけで精算できますから、スピーディーでスマートに決済できるでしょう。「割り勘」機能が搭載されたアプリなら、何人かで飲食したときには、実に便利です。

個人間送金サービスはアプリで対応!
銀行口座を使わない仕組みを解説

高いポイント還元率

キャッシュレス決済では、サービスを提供する各社がしのぎを削っています。コード決済の業界でも、高いポイント還元をウリに、ユーザーの獲得に励んでいます。
中でも何億円ものキャッシュバックを行ったキャンペーンは世間の注目を集め、大きな話題になりました。さすがにこのキャンペーンは別格としても、コード決済の場合は通常利用で0.5%から3%、キャンペーン時には15%や20%、さらにそれ以上の還元が行われることもあります。
また、利用だけでなく、チャージについても期間限定でポイント還元率を高めるなどのサービスが行われています。ポイント還元を考えるなら、いつどこでどんなキャンペーンが開催されるか、チェックしておく必要がありますが、多くのお得な機会が期待できるでしょう。

見た目以上に高度なセキュリティ要件

コード決済はその手軽さのため、「セキュリティは大丈夫?」と不安になる人もいるかもしれません。支払いの際にスマホ画面に表示されるQRコードとバーコードは、決済のために必要な情報をコードに変換して生成されたものです。しかも、一定時間が過ぎると無効になり、使うことができません。
また、店側がスキャンした情報は暗号化によって処理され、クレジットカードと連携した処理システムであれば、国際的なカード情報保護基準「PCI DSS」に準拠しています。経済産業省および総務省と民間事業者らで構成されたキャッシュレス推進協議会も、コード決済に対するガイドラインの徹底をサービス提供各社に求めています。見た目の手軽さ以上に、高度なセキュリティの要件が課せられています。
ただし、決済時に使用されるQRコードやバーコードの安全性が高くても、認証システムやアプリそのもののスキをついた不正利用の確率はゼロではないのも事実です。ID・パスワードの使い回しをしない、設定するID・パスワードの桁数を増やすなど、利用側の対策も忘れないようにしましょう。

店舗側にもメリットが多い

コード決済は店舗側にもメリットがあります。ユーザースキャン方式であれば、店側の手間が少なく、レジやコードスキャナーも必要ありません。現金を扱わなくて済みますから、店主が1人で切り盛りする小規模な飲食店や屋台などにはピッタリの決済方法です。
実際に福岡市では、2018年から市内の屋台を対象に実証試験を行い、現金管理の手間や費用がかからないことなどが、店側から評価される結果が出ています。

決済端末の導入費用が無料に!?
国が補助する「キャッシュレス・消費者還元事業」

QRコード決済とバーコード決済はますます普及

QRコード決済やバーコード決済は、キャッシュレス決済の中でもまだまだ普及が見込まれています。
QRコードの規格統一も進み、利用者側にとっても店舗側にとっても利便性が上がり、より利用者が増えていくことでしょう。

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP