Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

個人で利用

フィンテック(FinTech)とは?金融とテクノロジーがつくる将来の可能性

フィンテック(FinTech)とは?金融とテクノロジーがつくる将来の可能性

生活者のお金にまつわるサービスを情報技術で向上させるFinTech(フィンテック)が、大きなムーブメントとなっています。キャッシュレスもFinTechの一部といわれ、金融にテクノロジーを掛け合わせることで、さまざまなサービスが生まれると期待されています。
我々の生活を変えるFinTechの可能性について解説します。

もくじ

そもそもFinTechとは何か?

FinTech(フィンテック)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、金融サービスとIT技術などを結び付けた、新しいサービスや動きのことを指します。アメリカでは、インターネット、スマートフォン、AI(人工知能)などを駆使した、新しい金融サービスが登場するようになった2000年代前半から使われ始め、世界的な広がりを見せています。

金融×技術という点だけで考えれば、いつでもお金を引き出せるATMや、インターネットを利用して送金を可能にするネットバンキングといったキャッシュレス化もFinTechの先駆けといえます。キャッシュレスであれば、無人レジでの決済など、より効率的かつスピーディーな決済を実現することができます。また、FinTechによって実現するキャッシュレス社会は、省人化につながるため、働き手が不足している小売業界にとっても追い風として期待されています。

キャッシュレス化によって生まれる変化とは?
Fintech協会・丸山弘毅氏に聞く

決済、送金、資産運用 イメージ

注目されているFinTechの領域とは?

これまで金融機関が行うことが当たり前だった領域において、FinTechが大きな注目を集めています。つまり、決済、送金などのサービスに関して、テクノロジーを活用したIT企業が参入して、FinTechを活用することで、新しい形へと進化させる可能性があるのです。

FinTechを活用したサービスで身近なものでは、家計簿アプリがあります。家計簿アプリと連携した銀行口座やクレジットカード、電子マネーで決済すれば、収入や支出が自動的に記録されることになります。現金決済をした場合も、レシートを撮影すれば自動的に決済日、金額、品目を記録してくれます。家計簿をつける煩わしさが軽減されますし、お金の出入りを可視化できるので節約意識も高まるでしょう。

また、資産運用もFinTechによるさまざまなサービスが登場しています。ロボアドバイザーからの質問をユーザーが答えるだけで適した投資配分を提案してくれたり、個人が関心のあるテーマを選ぶだけで投資できたりします。昨今では、複数の参加者が同じ帳簿を共有しての管理を可能とするブロックチェーンも登場し、仮想通貨といった、これまでとは一線を画すお金の形も登場するようになりました。

個人間送金サービスはアプリで対応!
銀行口座を使わない仕組みを解説

FinTechが個人の投資や融資の活性化につながる

金銭の授受や送金などの情報がデジタル化されることで、「まるで監視社会ではないか」という声も上がっています。FinTechによるお金のデジタル化に不安を覚えている人は少なくないと思います。しかし、デジタル化されることで恩恵が生まれるケースがあることは否定できません。

例えば、自営業の人などは、既存の金融機関を利用する場合、低利の融資やローンが受けにくく、高レートの利息を受け入れなければならないという実情があります。お金の動きが自動的にデータ化されれば、その人の信用度の“見える化”につながります。職業や地位といった一次的な情報ではなく、集積した継続的な情報によって、職業の優劣に関係なく融資やローンが受けられるようになれば、新しいお金の運用や投資が生まれます。
こういった審査を基準とする、新しい金融サービスを展開するFinTech関連の企業が世界ではすでに登場しており、今後も個人の投資や融資といった活動が活性化されるでしょう。

海外で広まっているFinTech

FinTechの動きは、急速に世界規模で広まりつつあります。イギリスでは、既存の大銀行に競争意識を与えるために、FinTechを政策に取り組んでいます。銀行新設のハードルを下げた結果、ここ数年間にチャレンジャーバンクと呼ばれるモバイル専業の銀行が次々と誕生しています。さらに、自動引き落とし先の口座変更が面倒であることを憂慮して、「カレント・アカウント・スイッチ」という制度を導入しています。これは、新銀行に口座を開くと、旧銀行から残高を移管するだけでなく、旧銀行口座で振込や自動引き落としが発生しても、自動的に新銀行口座へ手数料無料で転送できるというサービスです。

インドでは、モディ政権が掲げる「デジタル・インディア」の旗の下、さまざまなサービスがテック化されています。2016年には、モディ首相が高額紙幣を廃止すると宣言し、マネーロンダリング、汚職、脱税、通貨偽造といったお金にまつわる問題を、FinTechによって一掃するとうたっています。FinTechには、社会を変える力があると唱えているのです。

銀行を利用しない人たちのために

ファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)という言葉があります。これは、貧困層であれ富裕層であれ、誰もが金融サービスを利用でき、金融サービスの恩恵を受けられるようにするという意味です。日本にいると想像しづらいかもしれませんが、世界には「銀行を利用しない人」がいます。国が未熟ゆえに銀行の機能が不完全であったり、貧困や社会的地位、境遇を理由に口座を持つことができない人はたくさんいるのです。

その一方で、銀行口座は持っていないものの携帯電話を所持している人は非常に多くいます。そういった人たちに金融サービスを提供するために、モバイルを通じて決済、送金、資産運用を行えるサービスを、国家やIT企業が率先して行っている背景もあります。

FinTechによって新たなサービスが生まれる

FinTechとは、単に現金をなくそう、技術を導入しようといった動きではなく、既存の社会ではできない新しいお金のサービスを作り出すことです。
日本にも今後本格的なFinTechの波が押し寄せてくるのは間違いないので、FinTechについて強い関心を持つべきでしょう。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP