Have a good Cashless.いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

Powered by 三井住友カード

個人で利用

スマホ決済がキャッシュレス化を加速させる

スマホ決済がキャッシュレス化を加速させる

スマホ決済とは、スマートフォンを通して決済をすること。お手軽で安全性にも優れているため、スマホ決済を利用している方も増えています。
スマホ決済がキャッシュレス化を加速している現状について確認していきましょう。

目次
スマホ決済でスマートフォンが財布代わりになる
スマホをかざすだけでOK!「非接触IC決済」
普及が進んでいる「QRコード決済」
キャッシュレス化のカギを握るスマホ決済

スマホ決済でスマートフォンが財布代わりになる

スマホ決済は、持ち歩くスマートフォンがお財布代わりになるため使い勝手が良く、キャッシュレス化を促進することにもつながっています。また、現金やクレジットカードを持たなくても決済できるという点は、大きな魅力です。
スマホ決済にはさまざまな種類がありますが、大きく分けると「非接触IC決済」「QRコード決済」があります。それぞれの特徴について確認しておきましょう。

スマホをかざすだけでOK!「非接触IC決済」

非接触IC決済

非接触IC決済 イメージ

非接触IC決済は、クレジットカード情報や電子マネーの情報を、スマートフォンに内蔵されたICに記録しておき、それを専用のリーダーで読み込んで決済します。
使うときは、端末にスマートフォンをかざすだけ。クレジットカードのようにカードを読み込ませて暗証番号を入力して…という手間がございませんから、使い勝手の良さは抜群です。

非接触型IC決済サービスで知名度があるのは、「おサイフケータイ」や、「Apple Pay」「Google Pay」が挙げられるでしょう。それぞれの特徴について見ていきましょう。

・おサイフケータイ

おサイフケータイは、電子マネーや各種クーポン、ポイントカード、会員証などを収めておき、ICリーダーにスマートフォンをかざすことで支払いを済ませられるシステムです。
使える電子マネーの種類が多く、航空機の搭乗手続きがスムーズにできるなど、交通系にも強いサービスです。

  • 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

・Apple Pay

Apple Pay(アップル ペイ)は、Appleが提供するiPhone7以降で利用できる決済サービスです。対応する電子マネーはSuica、iD、QUIC Payと数は少ないものの、クレジットカードは日本国内で発行されているものの80%以上に対応しています(2018年12月現在)。
通常の買物でも十分にその利便性を感じることができますが、交通機関をよく利用する人ならば、いっそうメリットは大きいでしょう。

・Google Pay

Google Pay(グーグル ペイ)は、Android OS 5.0以上を搭載したスマートフォンで利用できる決済サービスです。
SuicaやWAONなど、複数の電子マネーをGoogle Pay上で一元管理できるのが大きな特徴で、残高やポイントの確認などの際も、それぞれのアプリを立ち上げる必要がござません。
また、電子マネーへのチャージ用としてクレジットカードを設定しておくと、Google payでSuicaなどの電子マネーにチャージができます。(一部対応していない電子マネーもございます)

普及が進んでいる「QRコード決済」

QRコード決済

QRコード決済 イメージ

QRコード決済は、店頭に置かれたQRコード(※)をスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方式です。
QRコード決済では、カード情報をスマートフォンに記録するわけではございません。また、決済の際には、本人名義のデバイスと暗証番号の両方が必要ですから、セキュリティ上の安心感は高いといえます。アプリをダウンロードできれば、ほとんどの機種で使用可能という点もメリットです。また、支払いには、クレジットカードだけでなくキャリア決済を利用することもできます。

QRコード決済は、事業者側にとっても多くのメリットがあります。専用のリーダーがいらず、それに伴う電源や通信回線も必要ないため、QRコード決済は導入のハードルが低い方法です。

なお、QRコード決済は「楽天ペイ」や「LINE Pay」などが知られています。それぞれどのような特徴があるのか確認していきましょう。

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

・キャリア決済

キャリア決済とは、スマートフォンの通話料とのまとめ払いのこと。毎月の通話料と支払いが合算されます。主要3キャリアの決済は、「ドコモ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」といった名称になります。

・楽天ペイ

楽天ペイを使うと、決済に使ったクレジットカードのポイントに加え、楽天スーパーポイントも加算されます。貯まったポイントは楽天ペイで使うこともできますから、ユーザーにとっては大きなメリットになるでしょう。

・LINE Pay

LINE Pay(ライン ペイ)は、アカウントで設定した銀行口座やクレジットカードからチャージして、プリペイドカードのように使うことができます。アカウントを持っている会員同士間で送金したり、会計時に割り勘ができたりするなど、ユニークな機能も備えています。

・Origami Pay

Origami Pay(オリガミ ペイ)は、日本のITベンチャー企業 株式会社Origamiが展開する決済サービス。利用する場合は、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンに専用アプリ「Origami」をインストールします。アプリにクレジットカードなどの支払い情報を登録すればQRコードでの決済が可能になります。決済を行ったユーザーに、アプリを通してクーポンやセールを告知できる機能を備えています。

・PayPay

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が出資したPayPay株式会社が提供する決済サービス。iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンに専用アプリ「PayPay」をインストールして、クレジットカードなどと連携することで決済ができるようになります。大々的なキャンペーンを行うなど、露出が増えています。

キャッシュレス化のカギを握るスマホ決済

外出するときには、たとえ近所であってもスマートフォンは持って出る。それが当たり前になった現在、スマホ決済にはまだまだ伸びしろがあります。
スマホ決済は、キャッシュレス化促進のカギを握るといわれています。そう考えると、スマートフォンが財布に取って代わる時代は、もう目の前にまで来ているのかもしれません。

まとめ

スマホ決済とは

スマートフォンを通して決済をすること

  • 「非接触IC決済」
  • 「QRコード決済」

「非接触IC決済」とは

  • クレジットカード情報や電子マネーの情報を、スマートフォンに内蔵されたICに記録しておき、それを専用のリーダーで読み込んで決済する方法
  • 代表的な非接触型IC決済には「おサイフケータイ」「Apple Pay」「Google Pay」がある
  • 端末にスマートフォンをかざすだけなので、使い勝手がいい

「QRコード決済」とは

  • 店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方法
  • 代表的なQRコード決済には「楽天ペイ」や「LINE Pay」がある
  • 決済には、本人名義のデバイスと暗証番号の両方が必要のため、セキュリティ上の安心感が高い

関連記事

Have a good Cashless.
タダチャン 発生中!
タダチャン 発生中!
PAGETOP