Have a good Cashless. いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。

個人で利用

話題のサブスク。メリットとデメリット、注意点を押さえて活用しよう

話題のサブスク。メリットとデメリット、注意点を押さえて活用しよう

私たちの生活の中で耳にすることが増えた「サブスク」ですが、その意味やメリット・デメリットを知らない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「サブスク」の意味からメリット・デメリットを中心に解説し、「サブスク」を利用する際の注意点にも触れます。ぜひ目を通して自分に合ったサブスクを見つけましょう。

もくじ

サブスクとは?

「サブスク」とは、サブスクリプションサービスの略語です。サブスクリプションとは、サービスや製品を一定期間利用することに対して、お金を支払う方式のことを指します。定額制や月額課金制などと大枠は一緒です。しかしながら、従来の定額制・月額課金制が企業目線でサービス内容や価格を決めているのに対し、サブスクの場合はユーザーのニーズからサービス内容や価格を決定している点で異なります。

近年、動画配信サービスのサブスクが日本でリリースされて以降、多くの分野においてサブスクが登場しています。

動画や音楽などのサブスクが多いですが、ネットサービス以外のサービスも増えてきており、日常生活の中で身近なものになるなど多様化が進んでいます。

サブスクのメリット・デメリット

サブスクのメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。すでに利用されている方も多いと思いますが、新しいサブスクを利用する前に確認しておくべきポイントを押さえておきましょう。

メリット

1.気軽に始めることができる

サブスクの最大のメリットは、気軽に始めることができる点です。ほとんどのサービスがネットで完結でき、お試し期間を設けているサービスも多く見受けられます。

「本当に月額料金に見合ったサービスなのか?」
「一度、試してみて満足のいくものか確認したい」

このような要望を叶えることができるのもサブスクの魅力の1つです。例えば、サブスクがある音楽サービスを利用するとしましょう。特定の曲だけでなく色々な曲を頻繁に聴きたいという場合であれば、購入するよりもサブスクを利用した方がお得です。また、お試し期間があるものであれば実際に利用して、自分が本当に必要なサービスなのか確認し、必要でないと思えばいつでもやめることができます。

この点は、サブスクのメリットの1つです。もちろん、お試し期間の場合、料金は発生しません。ただ、注意しなければならないのは自動更新で有料になってしまうことがある点です。

お試し期間内に解約すれば問題ないですが、忘れてしまった場合は料金が発生するケースもあるため注意しましょう。

2.「モノ」を自分で管理する必要がない

サブスクは、「買い切り型」の購入とは異なり、あくまでもサービスの「提供」を受けるものです。例えば、好きなアーティストのアルバムを購入したり、お気に入りの映画のDVDを購入した場合、それらを置くためのスペースが必要になります。一方、動画配信サービスや音楽配信サービスを利用した場合、スマホかパソコンが一台あれば好きなだけコンテンツを楽しむことができます。サービスの内容にもよりますが、サブスクは家でのスペースや「モノ」の返却などの必要がありません。

1人暮らしやお子さんのいる家庭では、モノのスペースなど限られている場合が多いと思います。サブスクの場合、家のスペースを取らない点もメリットといえるでしょう。

ただし、近年のサブスクは多様化を極めており、食品や衣類、家具の分野でも数多く存在しています。

これらのサブスクは返却を必要とするサービスであるため、利用する前に注意が必要です。

また、玄関まで食品を届けてくれたり、クリーニングしたい衣類をわざわざ店舗まで足を運ばずに対応してくれるサービスもあります。日々忙しい生活を送っている方にとって、手間が省ける便利なサービスといえるでしょう。

デメリット

サブスクには多くのメリットが存在しますが、反対にデメリットとなる点もあります。

1.興味がないものも含まれている可能性がある

動画系や音楽系のサブスクに多いのが、興味がない分野も含まれているケースです。動画系のサブスクを契約したいと思っている方の中には、「特定の分野のみ視聴したい!」と思い契約している方も多いのではないでしょうか。

「洋画の視聴のみ利用したいから月額かかるお金も洋画のみの料金で契約したい」などの個別契約はできません。興味がない分野を含めた月額料金となっているため、まったく利用しない分野がサービスの中に存在することもあります。

「サービスの中で利用しない分野があるから月額料金を安くしてほしい」といった要望を叶えることはできませんが、サービスの中で新しい分野に興味が出てくる可能性もゼロではありません。そのため、見方によってはデメリットと感じる方は少ないかもしれません。

2.まったく利用しなくても料金が発生する

サブスクは、毎月一定金額を支払うことで決まった期間、サービスの提供を受け続けることができるサービスです。

利用する度に料金が発生するわけではないため、月に一度も利用しない場合であっても決まった金額が発生します。この点には注意が必要です。まったく利用していないのに月額料金を支払っていることも十分あるため、その都度自分が本当に利用したいサービスを契約しているのかを確認する必要があるでしょう。

また、サブスクは「買い切りサービス」ではありません。動画系や音楽系のサブスクでは、自分のスマホにダウンロードをする方も多いと思いますが、サービスを解約した後は、一切利用することができないため、注意が必要です。

サブスクを利用する際の注意点

ここまで、サブスクのメリット・デメリットを解説してきました。これからサブスクを利用したいと考えている場合は、「固定費」についても意識しておくことが大切です。

サブスクの落とし穴

サブスクは便利で、使用頻度も多いサービスだと比較的安価なものが多い傾向にあります。また、お試し期間を設けているサービスも複数あるため、契約数が自然と増えてしまうケースも十分考えられます。

サブスクの場合は月額いくらといった料金体系のため、いわゆる「固定費」が増えていきます。

固定費とは、毎月必ず支出するお金のことを指します。家賃や携帯代、光熱費なども一般的に固定費に該当します。食費などは月によって変動する支出のため、変動費にあたります。

自分の毎月の支出を把握することは、どのくらいお金に余裕があるのかを把握する上で大切なことです。その中で固定費は、変動費に比べて毎月どのくらいの支出があるのか把握がしやすいものです。

そのため、サブスクを増やしすぎると安価だと思っていたにも関わらず、固定費が膨らんでしまうことも十分考えられます。また、まったく利用していないサービスに毎月お金を支払うのはもったいないです。

どうやって対策する?

この問題への対策として、利用頻度と金額を毎月見直すことが大事です。もし、まったく利用していないサブスクがあるのであれば解約も検討しましょう。

解約後、やっぱり必要だと思えば再度契約すればよいのです。契約後に料金と利用頻度が合っているのかを判断することが重要です。面倒に思うかもしれませんが、サブスクをお得に利用したいのであれば管理は必須です。

また、お支払い方法はクレジットカードなどのキャッシュレス決済に対応しているサービスが多いです。そのため、キャッシュレス決済を利用したことがない方や、クレジットカードなどを持っていない方は、気になるサブスクを利用する前に準備しておくことをおすすめします。

サブスクの未来

世界に目を向けてみると、サブスクは拡大の一途をたどっていることがわかります。

総務省が発表している「令和2年版 情報通信白書」では、サブスクに代表される動画配信サービスや音楽配信サービスに言及しています。

どんなサブスクが市場の中心になる?

特に動画配信サービスについては、2015年時点ですでに世界の動画配信売上高の60%を占めていることが明らかとなっており、2016年以降も契約数および売上高の増加ペースは上がり続けています。2022年には、924.4億ドルという市場規模に成長すると予想されており、定額制以外の動画配信売上高が80億ドルであることを考えると、その差は歴然です。

世界的に見ても、サブスクの拡大が市場の成長を引っ張っていくことは間違いないでしょう。

その一方で、「サブスク」という言葉が本格的に日本に入ってきたのはここ数年のことであり、「誰もが知っているサービス」とはまだいえません。

総務省の「令和元年通信利用動向調査」では、日本のインターネット利用者の割合が全体の約9割を占める結果が出ています。1980年代~2000年代に生まれたミレニアル世代(デジタルネイティブ世代)は、幼い頃からインターネットが身近にあり、ネットショッピングやSNSを気軽に利用できる環境の中で育ってきました。そのため、モノを所有する満足よりも利用・体験して満足を得ることを重視している傾向にあります。

「モノよりコト」へと消費ニーズが変化している日本でも、今後サブスクは広がりを見せていくと考えられます。

サブスクの市場規模は今後も拡大していく

「モノからコト」へ時代が変わり、人々は所有から共有へと必要なモノは必要な時だけ使用する考えが広がってきています。サブスクはそうしたニーズにマッチする、便利なサービスとして今後ますます市場規模を拡大させていくことが予想されます。

その一方で、利用するサービスが多くなることで本当に自分に必要なサービスかどうか見極める必要が出てきます。その点に注意した上で利用することが大切です。

もし、まだサブスクを使ったことがないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。また、もうすでに利用しているという方はサービスの内容を見直してみてはいかがでしょうか。

  • 本記事は、2020年10月現在の情報です。

関連記事

    人気ランキング

    三井住友カードの読み物サイト

    PAGETOP