×

お役立ち情報2021.03.18

「Square(スクエア)」が新たなマルチ決済端末「Square Terminal(スクエア ターミナル)をリリース!」

「Square(スクエア)」が新たなマルチ決済端末「Square Terminal(スクエア ターミナル)をリリース!」

目次

「square(スクエア)」が据置型のマルチ決済端末を新たにリリース!

政府による積極的な後押しに加え、感染症対策としてもお会計時にキャッシュレス決済を選ぶ消費者が増えています。業種や規模を問わず、キャッシュレス決済への対応はビジネスにとっては必須になってきています。

Square(スクエア)では、店舗や移動販売での対面決済からオンライン決済まで、さまざまな決済方法を提供しておりますので、あなたのビジネスに合わせた決済サービスを導入いただけます。

スマートフォンやタブレットと接続して利用する初めての方にもおすすめの「Square Reader」に加え、1台で決済に関わるさまざまなことが可能になる据置型のマルチ決済端末「SquareTerminal」が新たにリリースされましたので、紹介します。

クレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレス決済を受け付けるには、キャッシュレス決済端末が欠かせません。また、POSレジ(タブレット型やパソコン型など)と合わせて利用することで売上情報が正確に記録されます。

キャッシュレス決済を導入するにあたり、キャッシュレス決済端末、POSレジ(パソコンやタブレット、ソフトウェア)、レシートプリンターを別々で購入すると、初期費用が高額になってしまいますが、それだけでなく、「多種多様な決済端末の中からどれを選んでいいか分からない」「機械が苦手なので、なるべく簡単に一台で済ませたい」というお悩みを抱えている事業者も多いかもしれません。Square Terminalなら、これらの懸念点を一気に解決できます

「Square Terminal」は、キャッシュレス決済端末・POSレジ・レシートプリンターが一台にまとまったマルチ決済端末です。費用も46,980円(税込)と、別々に買い揃えた場合と比べて安価にキャッシュレス決済を導入することができます。

Square Terminalでできること

  • ・POSレジ:Square Terminal本体に搭載されているタッチスクリーンから直接POSレジを操作できます。
    アプリやソフトウェアのダウンロードは必要ありません。(※1)
  • ・キャッシュレス決済:クレジットカード、主要電子マネー、タッチ決済を受け付けることができます。(※2)
  • ・レシートプリンター:レシート用紙をセットしておけば、レシート・領収書を印刷することができます。
  • 1:POSレジのご利用にはSquareのアカウントが必要です。
  • 2:Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover、iD、QUICPay™、交通系電子マネーをご利用いただけます。

さらに、Square Terminalは持ち運びができるコンパクトな決済端末なので、以下のような使い方におすすめです。

  • ・レストランや居酒屋など、テーブルや個室で会計をする
  • ・美容院やネイルサロンなど、席に座ったまま会計をする
  • ・フードトラックやイベントブースなど、狭い空間で会計をする
  • ・セール時など、忙しい時期だけ臨時レジを増設する
Square Terminalでできること

短期間かつ低コストで導入できるマルチ決済端末、Square Terminal。初めてキャッシュレス決済を導入するお店にも、乗り換えを検討中の事業者にもおすすめの端末です。

スクエアの詳細はこちら

三井住友カードがオススメする新しいカード決済方法のカタチ

  • iDは株式会社NTTドコモの商標です。
  • QUICPay™はJCBの登録商標です。

店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」