Powered by 三井住友カード


UPDATED

like_u

「Like U」は、お金・暮らし・働くことに関する
さまざまなヒントをご提案するメディアです。
三井住友カードは 女性の“あなたらしい”毎日を応援します。

保活っていつから何を始めればいいの?失敗しないために知っておきたいポイント

保活っていつから何を始めればいいの?失敗しないために知っておきたいポイント

田宮由美

家庭教育専門家

監修:田宮由美

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士。日本子育て学会所属。Allabout子育てガイド。
幼児教育指導、公立幼稚園や小学校での勤務、小児病棟慰問などを通し、多方面から多くの親子に関わる。
現在は、家庭教育協会「子育ち親育ち」代表。
執筆を中心に、講演、個別指導など幅広く活動をしている。
実生活に落とし込んだ親の心に寄り添う記事に定評がある。
著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」株式会社KADOKAWA出版。

育休明け、会社に復職する際に、日中子どもを預ける保育園。その保育園に入るためには「保活」が必要になります。しかし、保活とは一体どのようなものなのでしょうか、またどうやって始めれば良いのでしょうか。保活で知っておくべきポイントを詳しく解説していきます。

INDEX

保活とは?

保活とは?

保活とは、「子どもを保育園に入れるために、保護者が行う活動」を指します。保活が必要となる保育園には認可、認可外(一部、認証)があり、特に認可保育園の入園に向けた保活が複雑です。そのため、この記事では認可保育園への入園準備としての保活をメインに取り上げます。

保育に関係する施設・事業を表にまとめてみました。

保育に関係する施設・事業の種類

表内の認可保育施設に書かれた「認定こども園」を保育園のように利用する場合は、認可保育園と同じように保活が必要になります。また認可外保育施設の枠外に書かれた「一時預かり事業」などは一時的な保育サービスで、後ほど認可保育園への入園申し込みの際にある審査基準に関係するものなので、覚えておいてください。

認可保育園を希望する場合、入園するまでには情報集めから始まり、園見学や「保育の必要性の認定」の申し込みなどの手続きを進めなければいけません。各活動については後ほど詳しく解説しますが、保育の認定が下りない、もしくは認可保育園の入園選考に落ちた場合は、認可外・認証保育園への入園の検討が必要になります。

なぜ保活が必要?

厚生労働省が公表した「保育所等関連状況取りまとめ(2020年4月1日(水)時点)」によると、保育園などを利用する人数は274万人と、前年の令和元年よりも5万8,000人増加しています。その分、保育園等施設・サービスも増え、利用可能な定員数は全国総計で297万人(前年比7万9,000人増加)と、数字上は定員数に余裕があるように見えます。

しかし、実際には施設が多くて利用者が少ない地域、利用希望者が多いのに施設が少ない地域といったように地域差があるため、待機児童数は全国で1万2,439人にのぼります。また、この数字には、希望する保育園の内定が得られず、別の園に通いながら保活を継続する「潜在的待機児童」は含まれていません。実際の待機児童数はもっと増えると考えてよいでしょう。

厚生労働省は待機児童解消をするべく「子育て安心プラン」で保育の受け皿を増やしてはいますが、利用者も同じように増え続けているため、地域によっては、職場復帰へのハードルが高く感じるかもしれません。そのため、出産後も仕事を続けたいと考える保護者は、いち早く保活を始めたほうが安心といえます。

保活で押さえておくべきポイント

保活を進めていくうえで、押さえておくべきポイントが3つあります。まずは各ポイントの概要を理解しましょう。

  • 保育園の種類と保育認定
    保育園には認可と認可外がありますが、一般的にまずは認可保育園から入園する施設を探します。しかし、認可保育園を利用するには「保育の必要性の認定」を受けなければいけません。
  • スケジュール確認
    住んでいる地域によって認可保育園の申し込み時期が異なるのでスケジュールを確認しましょう。また出産前は身重で、出産後は赤ちゃんを抱いての活動になるので、園の見学などはスケジュールに余裕をもって、計画的に進めることが大切です。
  • 自治体の選考基準と点数
    認可保育園には定員数があるため、入園希望者が多いと利用調整をしなければいけません。そのため入園を申し込むと、各自治体が独自に定める審査基準(選考基準)に基づいて、選考審査が行われます。審査では、保護者の状況などに応じて点数をつけ、その合計値を算出します。この点数の高い家庭ほど、より保育が必要と判断され、優先的に希望する保育園が割り当てられるしくみとなっています。

保育園の「認可」と「認可外(無認可)」の違い

保育園の「認可」と「認可外(無認可)」の違い

いわゆる保育園は通称で、法令上の正式名称は「保育所」です。大きく分けると「認可」と「認可外(無認可)」の2種類があり、特徴と入園申し込み方法が異なります。

  • 認可保育園
    施設の広さ、職員数、給食設備、衛生管理など、国が定めた認可基準を満たし、都道府県知事に認可された施設を指します。地方自治体が運営している公立と、民間が運営している私立とがあります。いずれも国や各自治体から補助金が出ているため、保育料が比較的安いことが多く、住んでいる地域の自治体に入園申し込みを行います。
  • 認可外(無認可)保育園
    自治体が定める基準を満たしていない民間の保育園ですが、児童福祉法などに基づき、適切な運営・保育内容であるか、地方自治体が市区町村と協力し、施設へ立ち入って調査をしています。また一部の施設では、国が定めた認可基準を満たしていても、保育理念などから認可外にしている保育園もあります。園によっては英語教育などや保育時間の延長などの保護者のニーズに応じた取り組みを行っているため、保育料も認可保育園より比較的高額です。しかし認可外保育園に通う児童に対する補助金がある地域もあるため、自治体の公式サイトで確認しましょう。各園が独自に園児募集を行っているため、入園申し込みは保育園に対して直接行います。
  • 認証保育所(認証保育園)
    東京都では「認証保育所」制度を独自に設けています。国の定める認可保育園の設置基準は、大都市では定員数や敷地面積など実現が容易ではない要件が含まれていますが、大都市こそ待機児童の問題が深刻化しています。そのため東京都は基準を緩和したうえで、共働きやひとり親世帯などの利便性を考慮して、認証保育所制度を独自に設けました。区分としては認可外保育施設に入りますが、料金設定に一部上限額を設け、提供するサービス内容を示す「認証書」や基準に適合していることを示す「適合証」の掲示を義務付けるなど、認証保育所ならではの決まりごとがあります。入園申し込み方法は、認可外と同じく保育所への直接申し込みとなります。

保育の必要性の認定について

認可保育園以外にも、認定こども園の保育部分、小規模保育、家庭的保育、認可の事業所内保育などの認可施設に入りたい場合は、「保育の必要性の認定」を受けて、認定区分の2号・3号を取得しなければいけません。「保育の必要性の認定」は、自治体が必要に応じた保育・教育サービスを提供していくために、保育の必要性や必要量を判定するための制度です。

保護者の就労形態、妊娠・出産、疾病、親族の介護状況や、保育の必要な時間などから判定して、1号、2号、3号のいずれかに区分し、利用できる施設と利用時間を決定します。満3歳以上で幼児期の教育を希望する児童は1号認定を支給され、幼稚園と認定こども園に通うことができます。保育の必要性が認められた3歳以上は2号認定、3歳未満児は3号認定が支給され、認可保育園を利用できます。

また、認可外保育園を利用する際は認定を受ける必要はありませんが、「幼児教育・保育の無償化」制度を利用する際は認定を受けなければいけません。

「幼児教育・保育の無償化」についてはこちらをご参照ください。

入園できる保育園の地域について

中には住んでいる地域よりも勤務先付近など他地域の保育園に預けるほうが都合の良い人もいるのではないでしょうか。他地域の希望する保育園に定員に空きがあれば申し込みもできますが、原則としてその地域に住んでいる家庭が優先されます。

住んでいる地域外の認可保育園を希望する場合でも、住んでいる地域に入園申し込みをします。入園が決まった場合は同じく住んでいる地域の自治体の基準で保育料が計算されます。認可外保育園の場合は施設に直接申し込みをしますが、入園の条件は各施設によって異なるため都度確認しましょう。

保活のスケジュール・流れ

保活のスケジュールと流れは以下のようになります。大事なのは、認可保育園だけでなく、地域の認可外保育園を調べ、見学・申し込みも同時進行で行うことです。認可保育園に限って保活を進めていくと、審査から漏れた場合、復職時に子どもの預け先がないという可能性もあります。そのため、認可外保育園も視野に入れておくと安心でしょう。

保活のスケジュールと流れ(2021年6月生まれの場合)
  • 産前~出産まで
    まずは自治体の入園申し込み時期や、地域の保育園に関する情報集めを出産前に済ませておきましょう。入園申し込みに必要な書類の中には、勤務先に依頼して記入してもらう就労証明書があるので、早めの準備がおすすめです。地域の認可保育園は自治体の公式サイトに一覧で掲載されているので、復職後の生活をイメージしながら、自宅から通園可能な範囲の保育園を選びます。各保育園の公式サイトからも園の様子や情報を手に入れることができるので参考にして、見学リストに加えましょう。
  • 出産後~9月まで
    リストアップした認可保育園、認可外保育園へ見学に向かいます。認可外保育園で気になるところがあったら、募集期日までに応募しても良いでしょう。
  • 10月~12月
    ほとんどの自治体では、認可保育園の翌年度4月入園の申し込みが毎年10月から11月に本格的に始まります。各自治体で申し込み開始時期になったら、入園を希望する認可保育園を所定の申込書に記入し、申し込みましょう。保育の必要性の認定や、利用調整のための就労証明書など必要な書類の準備もぬかりなく。
  • 2月以降
    一般的に次の年の2月頃に選考結果の通知が届きます。ここで選考に落ちた場合でも、3月頃に2次募集があるのでめげずに頑張りましょう。また、4月以外の途中入園を希望する場合は、入園希望月の前月頃まで申し込みを受け付けていますが、4月の時点でほぼ満員の状態なので、狭き門といえます。1歳児クラスへの編入も、ほとんど0歳児クラスから進級する子どもで埋まっているため、新たな入園募集枠はほんの数名ということが多いです。なるべく0歳児クラスから入園したほうが入りやすいでしょう。
    しかし、この保活スケジュールは4~6月生まれの子どもの理想です。7月から12月生まれの場合は出産前に情報収集・園見学を終えておかなければ入園申し込みに間に合いません。また1月~3月生まれの場合は、出産前に入園申し込みも完了しなければいけませんが、自治体によっては出産後でないと申し込みができないところもあります。原則認可保育園は生後57日以降であれば預かりはできますが、月齢を制限しているところもあります。そうなると、早生まれの子を0歳から預けたい場合は、最初に認可外保育施設などに預けて、1歳児クラスから認可保育園の入園を申し込む案も検討しなければいけません。
保活のスケジュール・流れ

保育園入園の審査基準は?

保育園入園の審査基準は?

認可保育園への入園申し込み後、自治体では認可保育園の利用調整をするために、自治体独自で定めた基準をもとに選考審査を行います。審査方法は、保護者の就労状況などの基本的な状況を「基準指数」に、家庭の事情などを「調整指数」として点数化し、その合計値を出すのが一般的です。

選考審査

この合計値は「選考指数」、「利用指数」など自治体によって呼び方がバラバラです。いずれにせよ、合計値が高い家庭ほど、より保育を必要としていると判断され、優先的に希望する保育園が割り当てられます。同じ点数の家庭が並んだ場合は、自治体の居住年数や、過去の入園辞退など、各自治体が独自に設けた「優先順位」の基準で判断されることが多く、優先度の高い家庭から入園できます。

そこで気になるのが審査基準ですが、自治体によって配点ルールは異なります。家庭の持ち点がいくつになるのかは、自治体の公式サイトで調べてください。また、「調整指数」は、社会情勢の影響を受けやすく、保護者の声を受けて内容を見直すことが多いため、基準が少しずつ変化しています。都度確認しておくと良いでしょう。

保活の「点数」の計算方法と加点ポイント

一般的に、認可保育園の選考における指数の計算方法は、「選考指数=父親の基本指数+母親の基本指数+調整指数」です。しかしどのように計算するべきなのか、何点がボーダーラインなのか、また点数が足りない場合はどのような点で加点になるのか、初見だとわかりません。

自治体によって配点ルールが異なるため、今回は参考として東京都中央区の利用調整基準を例に、計算方法などを解説していきます。

中央区では「中央区利用調整基準表」に基づき、世帯ごとの「基本指数」に、家庭の事情がある場合は「調整指数」を加算します。そして年齢別クラスごとに、その合計値が高い順番に並べられていき、同一指数の場合は、「優先順位」に基づいて順位が決定されていきます。

基本指数の最高点数は1人あたり20点で、これは「居宅内外の労働で、月20日以上、1日あたり8時間以上の就労を常態」、もしくは「ひとり親家庭」のどちらかの状態であれば取得できます。つまり夫婦でフルタイム勤務であれば40点取得できますが、母親は育休明けすぐは短時間勤務制度などを利用することが多いと思われます。すると、「1日4時間以上6時間未満の就労を常態」は18点のため、基本指数が2点下がり、選考の順位もその分下がってしまいます。

保活の「点数」の計算方法と加点ポイント

加点のポイント

職場復帰する年に認可保育園に入園できなかったとしても、認可外保育施設などに預けて入園待機をすると、「調整指数」が加算される自治体があります。中央区では、居宅訪問型保育事業(待機児童向け)、期間限定型保育事業、地域型保育事業所の保育施設、認証保育所、企業主導型保育事業所、無認可保育施設などに預けている場合は、1点から3点加算されます。また、兄弟姉妹がすでに通っている認可保育園への入園を希望する場合は3点、兄弟姉妹ともに入園を希望する場合は1点加算されます。

同一点数で並んだ場合に考慮される「優先順位」について中央区では、保護者が認可保育施設で保育に従事する場合、認可保育園の利用希望月から6ヵ月以上待機している場合、小学生以下の子どもの人数が多い世帯、中央区に継続在住期間が長い世帯などの項目が挙げられています。

ひとつ注意したいのが、点数は自己申告ではなく、入園申込書類をもとに自治体側で算出されます。そのため自分で算出した点数が、実際の選考で用いられる点数とは限りません。資料をもとに算出したら、自治体の役所の担当者に確認して答え合わせをするのもよいでしょう。もし想定よりも低い点数だった場合も、その場で本来加点できるのに漏れているポイントがないか確認もできます。

まとめ

まとめ

妊娠中や出産後の状況次第で保活のスタートダッシュが遅れてしまっても、焦らずに子どもの状況を確認しながら保活を進めましょう。一番大切なのは、子どもを安心して預けられる施設を見つけることです。もしかしたら認可ではなく、認可外保育園で理想な環境を見つけることができるかもしれません。

どんな風に育ってほしいか、どんなところなら安心して預けられるかなど、家族と話し合いながら保育園選考ポイントを考えて、優先順位をつけて見学時にチェックしましょう。また、認可外に先に申し込み、認可保育園の入園申し込みが通った際は速やかに判断して先方にお断りを入れるのがマナーです。

保活は大変ですが、愛する子どものためにもうひと頑張りです!

  • 本記事は、公開日時点での情報です。

ランキング

話題のキーワード

FOLLOW US !

三井住友カード 公式アカウント

Instagram@smcc_likeu

OFFICIAL OTHERS

キャッシュレスの?が!に変わる場所

キャッシュレスの?が!に変わる場所