• コンプライアンス
  • コンプライアンス
  • 個人情報保護への取り組み

コンプライアンス

三井住友カードでは、コンプライアンス体制の強化を経営の最重要課題の一つとして位置付けており、三井住友カードの役員・社員に求められるコンプライアンスに関する基本方針を定め、その実践に全社一丸となって取り組んでいます。

1. お客様本位の徹底

私たちは、お客様に支持される会社を目指します。そのために、常にお客様のニーズに真に合致するサービスが何かを考え、最良のサービスを提供することにより、お客様の満足と信頼を獲得します。

第一原則

常にお客様に十分な説明を行います。

第二原則

お客様のニーズを迅速かつ的確に把握します。

第三原則

お客様の利益の保護を第一に考えます。

第四原則

商品・サービスの品質管理を徹底します。

第五原則

常にお客様に対し誠実な姿勢を堅持します。

2. 健全経営の堅持

私たちは、自己責任原則に基づき、公正、透明かつ健全な経営を堅持する会社を目指します。そのために、株主、お客様、地域社会等の利害関係者との健全な関係を維持しつつ、効率性と長期的視点に立った業務運営、適時かつ正確な情報開示を通じ持続的な成長と健全な財務体質を堅持します。

第一原則

健全な経営を行います。

第二原則

財務の健全性を確保します。

第三原則

企業情報を適正に開示します。

第四原則

透明で適正な意思決定を行います。

第五原則

会社財産・信用の保護を図ります。

3. 社会発展への貢献

私たちは、社会の健全な発展に貢献する会社を目指します。そのために、企業の公共的使命と社会的責任を自覚し、広く内外経済・産業の安定的な発展に資する業務運営に努めると共に、「良き企業市民」として社会貢献に努めます。

第一原則

当社の公共的使命を着実に果たします。

第二原則

良き企業市民に相応しい行動を選択します。

第三原則

反社会的勢力に対しては毅然とした態度を貫きます。

第四原則

市場での競争は公正に行います。

第五原則

社会貢献活動を推進します。

4. 自由闊達な企業風土

私たちは、役員・社員が誇りを持ちいきいきと働ける会社を目指します。そのために、人間性を尊重するとともに、高い専門性を持つ人材を育成し、以て、自由闊達な企業風土を醸成します。

第一原則

お客様、役員・社員の人間性を尊重します。

第二原則

安全で清潔な執務環境を確保します。

第三原則

厳正な内部規律を維持します。

第四原則

組織内の意思疎通を効率化します。

第五原則

高い専門性を持つ人材を育成します。


ページの先頭へ