HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2011年4月8日
国立科学博物館で複数の決済サービスを開始!
~「Visa」「MasterCard」のクレジットカード決済と、「iD」「WAON」「Edy」「Suica」「銀聯」を導入します~


独立行政法人国立科学博物館(所在地:東京都台東区、館長:近藤 信司、以下:国立科学博物館)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:月原 紘一、以下:三井住友カード)と協力し、国立科学博物館に、クレジットカード決済(Visa、MasterCard)、電子マネー「iD™(アイディ)」「WAON(ワオン)」「Edy(エディ)」「Suica(スイカ)」、および中国人観光客向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」を新たに導入し、2011年4月12日(火)からサービスを開始いたします。


国立科学博物館は、1877年(明治10年)に設立された、日本で最も歴史のある博物館のひとつであり、地球環境の変動、生物の進化と人類の誕生、多様な動植物の世界、科学と技術の進化など自然と科学の面白さ満載の国立唯一の総合科学博物館です。
子どもから大人まで楽しめ、昨年度は186万人を超える皆様に入館いただいております。
このたび国立科学博物館では、常設展チケット販売窓口にて、クレジットカード決済(Visa、MasterCard)、電子マネー「iD」「WAON」「Edy」「Suica」と多彩な決済サービスを導入することで、混雑時の決済のスピード化を図り、多様化するお客様の決済ニーズに対応いたします。
また、増加する中国人観光客に対応するため、中国で最もポピュラーな決済手段である「銀聯」も合わせて導入し、上野に訪れる中国人観光客へのサービス向上を図ります。
今後も両者は協力し、お客様のさらなる利便性向上と、各決済サービスの利用促進を図ってまいります。

※ 三井住友カードを始めとする「Visa」「MasterCard」の国際ブランドがついた全てのクレジットカードがご利用いただけます。

※ 「iD」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの商標です。

※ 「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。

※ 「Edy」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

※ 「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。


ページの先頭へ