HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2011年11月8日
三井住友カード、タクシーで「銀聯」決済の取扱いを開始!
~日本ポステックのモバイル端末を使用するタクシーで「銀聯」決済が可能になります~


日本ポステック株式会社
三井住友カード株式会社
日本ポステック株式会社(本社:東京都新宿区、社長:森 清一、以下:日本ポステック)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は協力し、日本ポステックが展開するモバイル端末で、中国人観光客向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」の取扱いを開始いたします。
これにより、日本ポステックのモバイル端末を利用する全国各地のタクシーで銀聯決済が可能となり、最大4,500台まで順次拡大してまいります。


日本ポステックは、決済端末の開発・販売、決済データセンターの運営を行っており、タクシー会社にモバイル決済端末を提供しています。
日本ポステックの提供する端末は低価格なため、タクシー会社にとっては低コストで銀聯決済を導入することが可能となり、近年増加傾向にある個人旅行で訪日する中国人観光客に対応できるというメリットがあります。
このたび、第1弾として、2011年12月1日(木)に株式会社平成ハイヤーでサービスを開始し、その後も日本ポステックのモバイル端末を利用する全国のタクシー会社へも順次サービスを拡大してまいります。
Union Pay
今後も両社は協力し、全国各地のタクシーへ銀聯決済を拡大し、銀聯の利用促進と中国人観光客の利便性向上を図ってまいります。

ページの先頭へ