HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年4月2日
宅都グループが運営する賃貸仲介「minimini」の関西31店舗で、賃貸契約時の初期費用や入居後に発生する各種費用の クレジットカード決済を開始



株式会社 宅都
三井住友カード株式会社
株式会社宅都( 本社:大阪府豊中市、社長:太田 卓利 )および他3社( 株式会社宅都プロパティ、株式会社宅都リーシング、株式会社宅都プラス )から成る宅都グループと、三井住友カード株式会社( 本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード )は、クレジットカード決済について契約を締結し、宅都グループが関西で展開する「minimini」31店舗において、2012年4月以降の賃貸契約時の初期費用(以下:初期費用)や入居後に発生する各種費用(以下:各種費用)のクレジットカード決済を開始いたします。
「 株式会社宅都 」http://www.takuto-corp.com/


従来、宅都グループが運営する賃貸仲介「minimini」では、初期費用や各種費用の支払方法は、銀行振込か店頭での現金支払いのいずれかでした。今回、クレジットカードでの支払いを可能とすることで、利用者は、銀行での振込手続きの負担や、現金持参による紛失・盗難リスクを回避でき、高い利便性を享受することが可能となります。
また宅都グループにとっても、決済手段の多様化により賃貸物件の入居率向上が期待できるだけでなく、入金管理業務の一部を三井住友カードに委ねることで事務の効率化が図れます。
宅都グループは、今後も「minimini」をご利用いただくお客さまのニーズに的確にお応えするサービスを展開し、顧客満足度の向上を図ります。
三井住友カードは、今後も不動産分野におけるクレジットカード決済の導入拡大に注力するとともに、あらゆる決済分野の拡大を図り、お客さまの利便性向上に努めてまいります。

ページの先頭へ