HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年3月29日
ラオックスでモバイル端末を使った「銀聯」決済サービスを開始
~富裕層者向けサービスとして、店舗外での販売もモバイル端末で対応可能に!~


ラオックス株式会社
三井住友カード株式会社
ラオックス株式会社(本社:東京都港区、社長:羅 怡文、以下:ラオックス)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)と協力し、2012年4月10日(火)に、中国人向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」の、モバイル端末を使用した取扱いを開始いたします。
これによりラオックスは、店舗以外でも銀聯カードに対応して商品を販売することが可能となります。


ラオックスは秋葉原の本店を中心として家電製品のみならず、時計・民芸品・化粧品・ホビー・楽器等も取扱い、中国人観光客が立ち寄りやすい店舗展開や中国語に対応出来るスタッフの常駐、2006年1月に「銀聯」決済サービスを導入する等、中国人観光客向けのサービスの強化に取り組んでいます。
特に富裕層向けには、宿泊ホテルや帰国の際に空港に赴いて店舗にはない商品等を取り寄せてお届けする外販サービスも行っており、好評をいただいておりますが、今までは店舗外での決済に関しては現金のみの取扱いでした。
このたびラオックスでは富裕層向けサービスの拡充を図る施策の一環として、日本ポステック株式会社が展開するモバイル端末でも「銀聯」決済に対応いたします。
外販サービスを利用するお客様にとっては店舗外でも手持ちの現金残金を気にすることなくお買い物いただけるようになり、利便性が格段に向上いたします。
まずは秋葉原本店・銀座店で運用を開始し、今後はクルーズ船での来日者が多い福岡店(2012年4月オープン予定)での運用も予定しております。
今後も両社は協力し、ラオックスを訪れる中国人観光客の利便性向上、快適にお買い物を楽しんでいただける環境整備、および「銀聯」の利用促進を図ってまいります。

ページの先頭へ