HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年4月11日
三井住友カード、加盟店向け多通貨決済サービスを開始
~外貨建てのクレジットカード決済が可能となります~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、社長:山下 徹、以下:NTTデータ)と連携し、国内のインターネット通信販売加盟店において、海外のカードホルダーが外貨建てでカード決済を行えるようにする多通貨決済サービスを開始いたしました。
第一弾として、2012年4月6日(金)に、日本初の本格的格安航空会社であるPeachAviation株式会社(本社:大阪府泉佐野市、社長:井上 慎一、以下:Peach)に導入いたします。尚、日本のカード会社による航空会社への多通貨決済サービスの提供は、初めての取り組みとなります。


これまでは、日本企業がインターネットを通じて商品を販売する場合、海外のお客様に対しても、原則円建てでしかクレジットカード決済を行うことができませんでした。そのため、海外のお客様は、購入時点で正確な支払額を知ることが出来ず、購入を見合わせる要因の一つとなっておりました。
今回開始する多通貨決済サービスでは、日本企業が外貨建てでクレジットカード決済を行うことが可能となるため、海外のお客様は購入時点で自国通貨での支払額を確認した上で、安心して買い物ができ、海外に商圏拡大を図る企業にとっても、本サービス導入により新たな顧客獲得が期待できます。
また、本サービスを利用して決済を行ったクレジットカード売上代金は、三井住友カードが外貨を円に転換した上で加盟店に支払いますので、加盟店は外貨取り扱いに関する業務負担を大幅に軽減することができます。
最近では、特に中国等を始めとしたとしたアジア諸国を中心に、インターネット環境の拡大とともにEC市場が大幅な成長を続けていることを受けて、海外に販路を拡大する日本企業が増加しています。また、経済産業省が海外向けインターネット通販事業の支援に乗り出すなど、海外市場の取り込みに向けた動きが官民双方で活発化しています。
本サービスでは、米ドルやユーロ、人民元や韓国ウォン、台湾ドル等の主要通貨を始めとした多様な通貨をサポートしており、海外向けにインターネット通信販売を行う企業にとって、高い売上効果が期待できます。
なお、本サービスを最初に導入するPeachでは、2012年5月8日(火)に初の国際線となる関空-ソウル(仁川)線を開設しますが、同路線の航空券販売を開始するにあたり、2012年4月6日(金)に韓国のお客様向けに韓国ウォン建てのクレジットカード決済を開始いたしました。また、今後の就航路線の拡大に合わせて、取り扱い通貨も順次拡大していく予定です。
三井住友カードは、海外展開を図るインターネット通販事業者に本サービスの導入を幅広く進めていくとともに、今後は実店舗における多通貨決済サービスの実現についても積極的に検討してまいります。また、三井住友カードでは、日本で初めて銀聯カード取扱い加盟店の開拓を行うなど、これまでも外国人市場をターゲットとしたサービスを積極的に展開してまいりましたが、今後もこれらで培ったノウハウを活用し、加盟店のニーズに合致した商品・サービスを展開してまいります。

ページの先頭へ