HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年5月16日
九州初!株式会社三好不動産で賃貸契約時の初期費用の支払いに銀聯カード決済の取扱いをスタート!



株式会社三好不動産
三井住友カード株式会社
福岡市内で賃貸仲介「スマイルプラザ唐人店」等、12店舗を展開する株式会社三好不動産( 所在地:福岡市中央区、社長:三好 修、以下:三好不動産)は、三井住友カード株式会社( 所在地:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード )と提携し、「スマイルプラザ」各店にて、2012年5月以降の賃貸契約時に発生する初期費用(以下:初期費用)の支払いを、中国人向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」で決済できるサービスを開始いたします。
初期費用を銀聯カードで支払えるサービスは、九州地区では初の取組みとなります。(※)
( URL )「株式会社三好不動産」http://www.miyoshi.co.jp/index.html


拡大する中国マーケットへの対応として、三好不動産ではかねてから一部のスマイルプラザ店舗にて中国人スタッフを雇用し、中国人留学生を中心に住宅斡旋業務に力を入れてきました。また2011年6月には上海事務所を開設しました。この度、中国のお客さまへのさらなるサービス向上を図るべく、三井住友カードと提携し、初期費用の支払いにおいて新たに銀聯カードでの決済の取扱いを開始いたしました。これにより入居希望者は、従来の銀行振込みや海外送金による手続き負担を軽減できるほか、現金持参による紛失・盗難リスクも回避できます。

本件の実施により三好不動産は、決済手段の多様化による賃貸物件の入居率向上を図るだけでなく、入金管理業務の一部を三井住友カードに委ねることで事務の効率化も実現します。

三好不動産は、今後もご利用いただくお客さまのニーズに的確にお応えするサービスを展開し、顧客満足度の向上を図ります。

三井住友カードは、今後も不動産分野において銀聯カードをはじめ、様々な決済サービスの導入拡大に注力するとともに、あらゆる決済分野の拡大を図り、お客さまの利便性向上に努めてまいります。

※ 三井住友カード調べ(2012年4月末時点)


ページの先頭へ