HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年7月12日
通天閣で複数決済サービスの取扱いを開始
~クレジットカード、「iD」「PiTaPa」「WAON」および「銀聯」決済が可能に!~


通天閣観光株式会社
三井住友カード株式会社
通天閣を運営する通天閣観光株式会社(本社:大阪市浪速区、社長:西上 雅章)と、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男)は、クレジットカード(Visa、MasterCard)、電子マネー「iD™(アイディ)」「PiTaPa(ピタパ)」「WAON(ワオン)」、および中国人向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」を通天閣のチケットブースや物販店等に導入し、2012年7月13日(金)にサービスを開始いたします。


なお、サービス開始に合わせて通天閣にて7月13日(金)に式典を開催いたします。本式典は、電子マネー「iD」「PiTaPa」「WAON」および「銀聯」決済が可能になることを、通天閣の守り神・幸福の神様であるビリケン像に奉納するものです。

本年7月3日に開業100年を迎えた通天閣は、大阪を代表する観光名所で、観光客を始めとして地元・大阪の方々にも親しまれています。

このたび多様化するお客様の決済ニーズに対応するため、通天閣のチケットブース・お土産販売店・カフェにて、クレジットカード・電子マネー「iD」「PiTaPa」「WAON」および「銀聯」の決済に対応いたします。
これによりお客様にとってはスムーズな決済が可能となるうえ、通天閣観光にとっても現金管理リスクが抑えられるほか、レジの混雑緩和に繋がるため、双方の利便性が高まります。

また、大阪のシンボルとして存在する通天閣で「銀聯」に対応することで、より一層多くの中国人観光客の来場が期待されます。

今後も両社は協力し、お客様の更なる利便性向上と、各決済サービスの利用促進を図ってまいります。

※「Visa」「MasterCard」の国際ブランドが付与された全てのクレジットカードがご利用いただけます。

※「iD」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの商標です。

※「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。

※「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。


ページの先頭へ