HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2012年9月28日
湯布院厚生年金病院で、クレジットカードの取扱いを開始します



財団法人厚生年金事業振興団 湯布院厚生年金病院
株式会社ジェーシービー
三井住友カード株式会社
財団法人厚生年金事業振興団 湯布院厚生年金病院(所在地:大分県由布市、病院長:森 照明、以下:湯布院厚生年金病院)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:川西 孝雄、以下:JCB)および三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)と提携し、2012年10月1日(月)に湯布院厚生年金病院での医療費をクレジットカード(JCB、AMEX、Diners、Visa、MasterCard)で決済できるサービスを開始いたします。


湯布院厚生年金病院は豊富な湧出量を誇る湯布院温泉を治療に利用し、生活習慣病の治療を行う高度なリハビリテーション病院として他府県にわたる広い範囲の方々に利用いただいています。

このたびクレジットカード決済サービスを開始することにより、受診時に現金を事前に準備しておく必要がなくなり、緊急時や手持ちの現金が少ない場合でも支払いが可能となるため、ご利用者の利便性が格段に向上します。また、長期入院時でも現金を準備・管理する手間がなくなるとともに、リボ払い・分割払いも可能となることで、高額となりがちな入院費の支払い負担が軽減されます。
さらに病院側にとっても、ご利用者のニーズに応じた多様な支払い方法を提供できるほか、会計窓口での収納事務効率化が図れ、現金管理リスクを軽減できるというメリットがあります。

なお、「JCB」「AMEX」「Diners」のクレジットカード決済はJCBが、「Visa」「MasterCard」のクレジットカード決済は三井住友カードが、湯布院厚生年金病院との提携によりサービスを提供いたします。

湯布院厚生年金病院は、地域医療に寄与できるようご利用者のニーズにお応えする取り組みを今後も展開してまいります。
JCBおよび三井住友カードは、今後も地方自治体と協力し、医療費や公共料金決済等、生活に密着したシーンでのカード決済導入を推進してまいります。


ページの先頭へ