HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2013年1月21日
真宗大谷学園 大谷中学・高等学校で入学手続料および授業料の支払いにクレジットカードの取扱いを開始



学校法人真宗大谷学園 大谷中学・高等学校
三井住友カード株式会社
株式会社フューチャーコマース
学校法人真宗大谷学園 大谷中学・高等学校(所在地:京都市東山区、校長:太田 清史、以下:大谷中学・高等学校)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)と提携し、株式会社フューチャーコマース(本社:京都市下京区、代表取締役:杉本 和彦、以下:フューチャーコマース)の提供する仕組みを採用し、2013年1月21日(月)より、インターネット上で、入学時に納める入学手続料および授業料等(※1)をクレジットカード(Visa、MasterCard)で決済できる仕組みを導入いたします。
クレジットカードで入学手続料・授業料等の支払いを受付可能な中高は全国でも希少であり、いち早く導入した先進的な取り組みとなります。


大谷中学・高等学校では2012年11月からフューチャーコマースの仕組みを用いて受験料のクレジットカード決済をインターネット上で受け付けており、その利用状況などから、このたび入学手続料・授業料等の支払いにも拡大することで、入学時においても保護者の皆様の利便性を高めることができると判断しました。

このたびのサービス開始により、中高の入学手続きにおいては、同校公式ホームページからリンクする専用の払込画面より、クレジットカード(※2)を利用して、期間内であれば時間・場所を問わず、入学時に納める入学手続料および授業料等の支払手続きを完結させることができます(※3)。なお、授業料等については、一学期(4~8月)分が今回のクレジットカード決済の対象となります。
また、授業料等は分割払いを選択できますので、入学時に集中する関連費用の支出を分散させることも可能になります。

さらに同校にとっても、フューチャーコマースの提供するシステムを活用することで、事務負担を抑えながら安全な環境下でのクレジットカード決済の追加を実現するとともに、多様な支払方法を提供することにより保護者の皆様のニーズへの対応・先進性の訴求を期待できます。

三井住友カードは、教育分野におけるクレジットカード決済の導入拡大に注力するとともに、今後もあらゆる決済分野の拡大を図り、お客様の利便性向上に努めてまいります。

フューチャーコマースは、今後更に拡大すると見込まれるインターネット決済市場において、利用者の安全性と利便性の向上および収納業務の効率化を図り、決済環境の整備に努めてまいります。

※1 一学期(4~8月分)の授業料、教育費、施設整備資金、保護者会・後援会・生徒会費、および雑費

※2 Visa、MasterCardブランドを付したクレジットカードであれば、いずれも利用可能です。

※3 クレジットカード決済にあたっては別途所定のシステム利用料が発生します。


ページの先頭へ