HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2013年7月3日
三井住友カードと九州カード、実店舗での外貨建てカード決済サービスを開始
~NTTデータ及びグローバルブルーと共同し、訪日外国人客の自国通貨によるカード決済を可能に~


三井住友カード株式会社
九州カード株式会社
株式会社NTTデータ
グローバルブルージャパン株式会社
三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)と九州カード株式会社(本社:福岡県福岡市、社長:小石原 冽、以下:九州カード)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)がグローバルブルージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表代行:清水 克俊、以下:グローバルブルー)の「カレンシーチョイス」(※1)をベースに提供する「CAFIS多通貨決済サービス」(※2)を活用し、日本国内における実店舗での外貨建てカード決済サービスを2013年7月3日(水)に開始いたします。本サービスに対応した決済端末を導入した加盟店では、訪日外国人等の海外カード利用者に対して、店頭で「自国通貨建て」か「円建て」か、決済通貨を選択して頂くことが可能となります。


通常、訪日外国人客等が海外発行のクレジットカードを日本の実店舗で利用する場合、店頭でのご利用時点では円建てで決済し、後日、為替レート確定後に、自国通貨で換算された決済額がカード発行会社等からお客様に通知・請求されることとなります(※3)。

今回開始するサービスでは、店頭でのカードご利用時点で為替レートを確定させるため、従来の円建てでの金額に加え、お客様の自国通貨に換算された決済金額を店頭で提示し、お客様ご自身が円建てか自国通貨建てかのどちらで決済するかを選択(※4)できるようになります。これにより、為替レートが不安定な時期等であっても、為替変動のリスクを心配することなく、お客様に安心してお買いものを楽しんで頂けます。

加盟店のオペレーションは、海外発行カードでの取引時には自動的に外貨建て・円建て双方の金額が自動的に提示されるため、決済通貨を選択する操作以外は、通常の円建てのクレジットカード決済と同様の取扱いとなります。カード会社から加盟店への入金も、従来通り円建てのため、手間や負担が少なく導入しやすいサービスとなっています。

また、NTTデータの提供するクラウド型の「CAFIS多通貨決済サービス」の活用により、本サービスに対応した決済端末の導入加盟店では、決済端末を置き換えることなく、ソフトウエア更新だけで対応できるため、導入時の費用負担を抑えることができます。

さらにNTTデータでは、銀聯カード、電子マネー(Suica®等交通系電子マネー、WAON®、楽天Edy、iD™、Visa payWave、MasterCard® PayPass™)等の決済手段に対応したサービスも提供しているため、1台の決済端末でお客様の多様な決済ニーズに幅広く対応することが可能となっております。
なお、1台の決済端末(※5)で外貨建ておよび円建て双方のクレジットカード決済、および、銀聯、電子マネー等に幅広く対応することが可能となるのは、日本国内で初のケースとなります(※6)
また、POS接続用のインターフェースも用意しており、加盟店の決済システム環境にあわせて、選択することが可能です。

本サービスでは、訪日外国人旅行者数や日本でのクレジットカード利用が多い国を対象に、14通貨に対応いたします。
まずは7月より、特にアジアからの旅行者が多く訪れる九州・福岡の「キャナルシティ博多」、「マリノアシティ福岡」などの複合商業施設、「リーガロイヤルホテル」や「シャングリ・ラ ホテル東京」などの宿泊施設等への導入が決定しており、今後も海外からの旅行者が多く利用する地域・業種を中心に本サービスの導入を推進してまいります。
なお、本件は、複合商業施設に外貨建てカード決済サービスを導入する国内で初めてのケースとなります。

三井住友カードとNTTデータでは、2012年4月よりオンラインショップにおいて外貨建てカード決済を行えるサービスを開始し、国内初のLCC(格安航空会社)であるPeachAviation株式会社等にサービス提供を行ってきましたが、このたび、実店舗へも外貨建てカード決済サービスを拡大し、今後の増加が見込まれる訪日外国人客の利便性向上とカード利用拡大を図ります。

グローバルブルーは、取引時のレート情報を提供するだけでなく、今後、三井住友カード、九州カード、および、加盟店に対して「カレンシーチョイス」で得た外国人旅行者のクレジットカード国別売上構成や伸び率など、より詳細なデータを元に販促に関するコンサルティングやトレーニングなどでサポートしていく計画です。

※1 カレンシーチョイスは、クレジットカード利用者の取引時の通貨選択を可能とするグローバルブルーのサービスで、現在、世界16ヵ国で展開されています。

※2 CAFIS多通貨決済サービスは、カード会社が外貨建てカード決済サービスを取り扱うに当たって必要となるシステム開発負荷を、大幅に低減できるクラウド型サービスです。今回、実店舗での外貨建て決済に対応することで、従来から提供しているECサイト上の外貨建て決済と合わせて、加盟店の様々な決済環境に対応することができます。

※3 訪日外国人旅行者の日本円でのショッピング利用代金は、各地のVisaセンターまたはMasterCardセンターから決済センターにデータが到着した時点(通常2~4営業日後)で、Visaインターナショナル・MasterCardインターナショナルが外貨に交換するレートで、会員自国通貨に換算されます。

※4 円建て決済を選択された場合は、従来通り、カード利用時点では為替レートが確定せず、後日カード会社等から自国通貨での精算金額が通知されることになります。

※5 多通貨決済が利用可能な決済端末は、NTTデータが提供するカード決済端末「INFOX」となります。

※6 三井住友カード調べ(2013年6月時点)

*「CAFIS」「INFOX」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。

*「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

*「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。

*「楽天Edy」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。

*「iD」は、株式会社NTTドコモの商標です。

*「Visa payWave」とは、Visaが提供する非接触決済サービスで、アジア、アメリカ、ヨーロッパ等で発行されています。

*「MasterCard® PayPassとは、MasterCardが提供する非接触決済サービスで、アジア、アメリカ、ヨーロッパ等で発行されています。MasterCard®PayPassは、マスターカード・インタナショナル・インクの商標です。

店頭取引イメージ

店頭取引イメージ

7月導入予定の加盟店一覧(6月27日時点)
業種 加盟店名 所在地
複合商業施設 キャナルシティ博多 福岡市博多区
マリノアシティ福岡 福岡市西区
ホテル シャングリ・ラ ホテル 東京 東京都千代田区
名古屋観光ホテル 愛知県名古屋市
リーガロイヤルホテル 5店 大阪市北区 他
レガロホテル 広島県広島市 他
雑貨販売 オルゴール堂 11店 北海道小樽市 他
対応通貨と主なカード発行国一覧

対応通貨と主なカード発行国一覧

(注1)韓国ウォン・人民元建での決済には対応できないため、韓国・中国からのお客様には米ドル建ての決済を選択肢として提供いたします。

(注2) フランス・ドイツ・イタリアに限らず、ユーロ圏の各国で発行されているクレジットカードも本サービスの対象です。


ページの先頭へ