HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2013年8月5日
econtext ASIA、子会社のベリトランスを通じて電子マネー「iD」を使うネット決済サービスの提供を加速



econtext ASIA Ltd.
三井住友カード株式会社
デジタルガレージグループでオンライン決済事業を担うecontext ASIA Ltd.(本社:香港、Chairman林 郁/CEO沖田 貴史、以下:econtext ASIA)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)の協力を得て、子会社のベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沖田 貴史、以下:ベリトランス)が提供・販売するマルチ決済システム「VeriTrans3G」に後払い式電子マネー「iD™(アイディ)」(※1)を追加し、三井住友カードと共同で国内のEC事業者向けに提供していくことを発表いたします。


iDは、株式会社エヌ・ティ・ティドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 薰)の提供する「おサイフケータイ®」(※2)または、iD搭載のクレジットカードや専用カードで利用できる電子マネーで、すでに発行枚数1,817万枚、月間決済件数2,051万件、iD対応決済端末数48万台(いずれも2013年3月末時点)と広く普及しています。店頭だけでなく、iDに対応した携帯電話やスマートフォンでECサイトにアクセスした際に、内蔵する非接触ICチップにあらかじめ登録したクレジットカード情報を自動的に読み出すことで、オンラインショッピングにも利用できます。クレジットカード番号をサイト上で入力することなく、簡単かつ安全なネットショッピングが可能となります。

ベリトランスはグループ会社の株式会社イーコンテクスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 郁、以下:イーコンテクスト)と共にiDネット決済サービスを共同でEC事業者向けに提供していきます。VeriTrans3Gは、ベリトランスの提供する全てのネット決済サービス機能(クレジット決済・コンビニ決済・電子マネー決済・銀行決済・国際決済)を利用可能なマルチ決済システムで、電子マネー決済では「楽天Edy」、「モバイルSuica」、「Suicaインターネットサービス」、「WAON」に対応しています。この度、ベリトランスが電子マネー決済に新たにiDネット決済を追加することで、すでにVeriTrans3Gを利用しているECサイト事業者は、スムーズなiDネット決済の導入・運用が可能となります。また、以前からiDネット決済を提供しているイーコンテクストでも、EC事業者がより気軽にiDを利用する決済サービスを導入できるよう今後キャンペーンなどを実施する予定です。

一方、三井住友カードは、iD一体型のクレジットカードの発行をはじめ、消費者がiDを手軽に利用できる環境づくりを支援してきました。2013年2月に発表したecontext ASIAとの資本業務提携に基づく施策の第1弾として、ベリトランス、イーコンテクストとともに、国内においてさらなるiDの推進に力を注いでまいります。

※1, ※2 「iD」「おサイフケータイ」は、株式会社エヌ・ティ・ティドコモの商標または登録商標です。


ページの先頭へ