HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2013年11月5日
「東京駅一番街」に、電子マネー「nanaco」「楽天Edy」「WAON」を導入
~東京駅直結の商業施設で、複数電子マネーが利用可能に!~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、東京駅直結の商業施設「東京駅一番街」の約100店舗に、NECのマルチサービスターミナル(MST)(※1)を活用した電子マネー「nanaco(ナナコ)(※2)」「楽天Edy(ラクテンエディ)(※3)」「WAON(ワオン)(※4)」による決済サービスを導入し、2013年11月6日(水)に取扱いを開始いたします(※5)。


東京駅一番街は、東京駅八重洲口に直結する商業施設です。和洋菓子やキャラクターグッズなどの東京みやげから、飲食・ファッション・雑貨まで、バラエティに富んだ店舗が集結しており、日本各地から東京駅を訪れる多くのお客さまに利用されています。

今回三井住友カードでは、東京駅一番街に対し、以前より利用可能であった交通系電子マネーに加え、新たに3種類の電子マネーの取り扱いが可能なマルチ決済端末を導入し、お客様のさらなる利便性向上を図ってまいります。

※1 NECのマルチサービスターミナル(MST)は、1台で複数の電子マネーに対応可能な加盟店端末です。

※2 「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。

※3 「楽天Edy」は、楽天グループのプリペイド型(前払い式)電子マネーサービスです。

※4 「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。

※5 一部店舗では、11月中に順次サービスを開始いたします。


ページの先頭へ