HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2014年1月29日
熊本県最大手の不動産会社である明和グループが、家賃のクレジットカード決済を開始



株式会社明和不動産管理
三井住友カード株式会社
ベリトランス株式会社
明和グループ傘下の株式会社明和不動産管理(本社:熊本市中央区、代表取締役:川口 雄一郎、以下:明和不動産管理)と、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)およびベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沖田 貴史、以下:ベリトランス)は提携し、明和不動産管理が管理する賃貸物件(※1)を対象に、月額家賃のクレジットカード決済を2014年2月3日(月)に開始いたします。月額家賃のクレジットカード決済は、全国的にも希少な事例です。


明和グループは熊本県を中心に賃貸21店舗を運営している熊本県最大手の不動産会社です。
明和グループではお客様の利便性向上のため、2012年12月に退去後費用(修繕費、原状回復費等)、2013年6月に初期費用(礼金、仲介手数料、前家賃等)の支払いにおいてクレジットカード決済に対応していました。(※2)
そしてこのたび、かねてから入居者様からのニーズが高かった月額家賃のクレジットカード決済にも対応し、お手持ちのVisa、MasterCardブランドのクレジットカードで月額家賃をお支払いいただけるようになります。(※3)

お客様にとっては、一度クレジットカード決済の手続きをすれば毎月の振込手続き等の必要がなくなるうえ、クレジットカードのポイントも貯まるため、大変お得で便利です。
明和グループにとっても他社との差別化が図れ、クレジットカード決済を希望されるお客様を取り込むことが出来ます。

なお、今回のクレジットカード決済ではベリトランスが提供する不動産向け決済パッケージ『住まペイ』を活用し、店頭の電話を使ってクレジットカードの登録(※4)を行います。

明和グループはお客様のニーズに的確に応え、顧客満足度向上に努めてまいります。
三井住友カードおよびベリトランスは、今後も不動産市場におけるクレジットカード決済の拡大を図ってまいります。

※1 クレジットカード決済の対象となる物件はサブリース物件、またはオーナー様の了解を得られた物件となります。クレジットカード決済は熊本県内店舗のみのサービスとなります(2014年1月29日現在)

※2 退去後費用、初期費用のクレジットカード決済は熊本県内店舗のみのサービスとなります。(2014年1月29日現在)

※3 対象は新規契約の入居者様のみとなります。(2014年1月29日現在)

※4 『住まペイ』はベリトランスのIVR決済ソリューションを活用した決済パッケージです。明和不動産グループではこのサービスを使用することで、特別な機器・インフラを整備することなく、既存の電話とネット端末のみで、導入店店頭でのクレジットカードの有効性確認、登録、受付が可能となります。また、IVR決済ソリューションとは、お客様から電話注文を受けた際、オペレーターがお客様のクレジットカード番号に直接触れない、業界初の音声自動応答によるASP 決済サービスです。電話受注時にオペレーターのクレジットカード情報の誤入力によるトラブルや、オペレーターによる不正利用リスクを軽減するサービスで、1.お客様が電話口でクレジットカード決済を希望すると、オペレーターから自動音声に切り替わり、お客様自身がカード番号を入力し決済を完了させることが可能、2.お客様のカード番号のベリトランスのセキュリティ環境の整ったサーバで保管されるため、事業者はお客様のカード情報に一切触れる必要がない、という特徴を持っています。※概要:http://www.veritrans.co.jp/payment/ivr/


ページの先頭へ