HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2014年4月24日
三井住友カード、「TABLE FOR TWO」からプラチナサポーターとして感謝状を受領



三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は2014年4月、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(以下:TFT)より「プラチナサポーター」として感謝状を受領いたしました。


三井住友カードでは、2012年2月より開発途上国の食糧支援と先進国の生活習慣病解消を結びつける活動「TABLE FOR TWO(テーブルフォーツー)」プログラムに参加しています。
TABLE FOR TWOの対象となる「ヘルシーメニュー」を東京・大阪本社を含む5拠点の社員食堂で提供し、1食につき20円(開発途上国の学校給食1食分)を、TFTを通じて開発途上国に寄付します。また、TABLE FOR TWO対象の自動販売機も設置し、対象の「ヘルシードリンク」購入で、1本につき2円(10本で開発途上国の学校給食1食分)を寄付しています。

三井住友カードでは、2012年は約3万4千食分682,944円を寄付し「ゴールドサポーター」としての感謝状を受領しております。
2013年は、社員食堂の無い拠点においても、自主的にヘルシーな食事を摂ることで活動へ参加できる企画を実施し、三井住友カードの全12拠点での参加が実現しました。また社内SNSを活用したキャンペーンを実施するなど、社内の認知度とCSR意識の向上を図るさまざまな施策を実施した結果、約5万食分の1,001,916円を寄付することができました。これを受けて、このたびTFTから「プラチナサポーター」として感謝状を受領いたしました。

三井住友カードは、『良き企業市民』としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指し、社会貢献活動を行ってまいります。

NPO法人TABLE FOR TWO Internationalについて

2007年10月設立。"TABLE FOR TWO"を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできる。これまで企業や官公庁、大学、病院など645団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、約2,576万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、アジアのミャンマーに届けた。


ページの先頭へ