HOME > 会社案内 > ニュースリリース
会社情報

2014年5月15日
全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」と、三井住友カードのビジネスカードが連携し、中小企業の会計・経理業務をサポート



freee株式会社
三井住友カード株式会社
全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を提供するfreee株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木 大輔)、と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、両社顧客の相互送客を目的とした優待サービスを、2014年5月15日(木)からそれぞれ開始いたします。三井住友カードの「ビジネスカード」「マーチャントメンバーズクラブ(MMC)」会員の企業、および「freee」導入企業を相互に紹介することで、各サービスの拡大を図り、今後ますます拡大が期待されるスモールビジネス分野において、会計・経理事務の合理化のサポート事業を強化いたします。


「freee」は、クレジットカード決済情報や銀行口座情報と連携し、自動で会計書類を作成することができるクラウド型の会計ソフトです。会計知識が無い方でも、クレジットカードや銀行口座情報を登録するだけで簡単に会計帳簿を作成することができます。またクラウド型のためインストール等の面倒な手続きが不要で、無料で(*)利用開始できる点が全国の中小企業・個人事業主の方のニーズに合致し、現在70,000を超える事業所に利用されているサービスです。

三井住友カードでは、主に中小企業の方の経理事務合理化ニーズに対応するため、出張費・接待費等の諸経費の精算を法人口座で一括管理できる「ビジネスカード」と、個人事業主の方向けにファイナンス機能と「ビジネスカード」のサービスを兼ね備えた「MMC」をご提供し、ビジネスにおける経費管理の効率化をサポートしています。

中小企業・個人事業主の方は、「freee」と三井住友カードの「ビジネスカード」「MMC」を合わせて導入いただくことにより、会計・経理業務でトータルに合理化・最適化することが可能になります。

(*)利用料金が無料のプランは、データの保存期間が3ヶ月です。

優待サービス

期間:2014年5月15日~9月30日

内容:

(1)三井住友カードビジネスカード会員・MMC会員の方で、対象期間内にfreeeの標準プラン(有料プラン)を申し込んだ方はもれなく、freeeの月額利用料(個人事業主プラン:980円、法人プラン:1,980円)が2カ月分無料になります。

(2)freee導入企業の方が、対象期間内に三井住友カードのビジネスカード、MMCにご入会いただくと、もれなく三井住友カードVJAギフトカード2,000円分をプレゼント致します。
さらに、入会月の翌月までに30,000円以上カードを利用すると三井住友カードVJAギフトカード3,000円分(入会・利用で最大5,000円分)プレゼント致します。

※期間終了後も、両社は協力し、優待サービスを継続提供する予定です。

三井住友カードと freee は、今後も中小企業や個人事業主のお客さまのニーズに沿ったサービスを提供できるよう、今後も両社で協力してまいります。

三井住友ビジネスカードについて

三井住友カードでは、主に中小企業の経理事務合理化のニーズに対応するため、出張費・接待費等の諸経費の精算を法人口座で一括管理できる「ビジネスカード」を、中小企業オーナー・個人事業主を対象に提供しています。

freee(フリー)について

全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)は、簿記の知識がなくても簡単に使える、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフトで、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。freeeを使用して頂きますと、日々の経理作業がおよそ50倍(当社実測値)の速さで行え、また特別な簿記の知識がなくても、確定申告・青色申告や法人の決算に必要な決算書等の作成までを簡単に行うことができます。


ページの先頭へ