HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2014年7月1日
三井住友カード、カードご利用代金WEB明細書の照会・ダウンロード可能期間を15ヶ月に延長
~確定申告の際に、より一層便利になります~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、2014年4月から、カード会員向けインターネットサービス「Vpass(ブイパス)」において、カードご利用代金WEB明細書の照会・ダウンロード可能期間を、6ヶ月から15ヶ月に延長いたしました。


「カードご利用代金WEB明細書」は、三井住友カード会員向けインターネットサービスVpass上で簡単にカードの利用日、利用店舗、利用金額を照会することができるサービスですが、従来、明細書の照会可能期間が6ヶ月に制限されておりました。そのため、確定申告の時期には、多くのカード会員の方々から、前年1年間分のカードご利用代金明細書の再発行のご依頼をいただいておりました。

このたび、このようなカード会員の方々のご要望にお応えし、カードご利用代金WEB明細書の照会、およびCSV形式でのダウンロード可能期間を、6ヶ月から15ヶ月に延長したことで、確定申告のために紙の明細書を取り寄せたり、長期間保管することなく、Vpass上で充分な期間の利用明細書を照会いただけるようになりました。
また、前年同時期のカードご利用状況を確認することもできるため、計画的な家計管理にも役立ちます。

照会方法は、Vpass内の「ご利用明細を見る」のページの支払月選択画面で、過去15ヶ月分から閲覧したい月をご自由に選択いただけます。

三井住友カードでは今後も、お客さまの声にお応えし、インターネットサービスVpassの利用環境のさらなる向上を図ってまいります。


ページの先頭へ