HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2014年9月10日
「東急プラザ」に、マルチ決済端末を導入
~外貨建てクレジットカード決済、銀聯、および電子マネーに対応~


三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、「東急プラザ」の首都圏3施設に、従来より導入しているクレジットカードおよび、主に中国人向けの決済サービス「銀聯(ぎんれん)」に加えて、電子マネー「iD™」(※1)、「楽天Edy」(※2)、「WAON」(※3)ならびに「PASMO」(※4)等の交通系電子マネー(※5)に対応したマルチ決済端末を導入し、2014年10月1日(水)にサービスを開始いたします。
また、クレジットカードについては訪日外国人が自国通貨で決済できる外貨建て決済サービス(※6)を導入いたします。


このたびマルチ決済端末を導入するのは首都圏の「東急プラザ」表参道原宿・蒲田・戸塚の3施設(※7)です。中でも蒲田は10月にリニューアルオープンを控えており注目を集めています。

東急プラザでは従来よりクレジットカード決済および銀聯の決済には対応していました。中国人に限らず増加する外国人観光客に対応するため、米ドル・ユーロをはじめとした14通貨の外貨建てでも決済可能となる「Visa」、「MasterCard」でのクレジットカード決済と、国内の電子マネー普及に伴い、「iD」「楽天Edy」「WAON」ならびに「PASMO」をはじめとする交通系電子マネーにも対応し、国内外のお客様にスムーズな決済を提供します。

対応決済一覧
クレジットカード
電子マネー

(14通貨の外貨建て決済に対応)

<PASMOとの相互利用可能電子マネー>
Suica / Kitaca / TOICA/ manaca/ICOCA/SUGOCA/ nimoca/
はやかけん
銀聯

※1 「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※2 「楽天Edy」は、楽天グループのプリペイド型(前払い式)電子マネーサービスです。

※3 「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。

※4 「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。

※5 相互利用が可能な「Suica」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」もご利用可能です。
(「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標、「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社の登録商標、「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社の登録商標、「manaca」は株式会社エムアイシー及び株式会社名古屋交通開発機構の登録商標、「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標、「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標、「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標、「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。)

※6 訪日外国人等の海外カード利用者に対して、店頭で「自国通貨建て」か「円建て」か、決済通貨を選択して頂くことが可能なサービス。東急プラザでは14通貨に対応しており、為替レートが不安定な時期等であっても為替変動のリスクを心配することなく、お客様に安心してお買いものを楽しんで頂けます。

※7 一部、対象外の店舗がございます。


ページの先頭へ