HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2015年6月1日
大阪府高石市、F-REGI 公金支払い を導入し、「 高石市ふるさと寄附金(ふるさと納税)」のインターネット収納を開始



高石市
株式会社池田泉州JCB
三井住友カード株式会社
株式会社エフレジ
高石市( 市長:阪口 伸六 )は、株式会社池田泉州JCB( 所在地:大阪府池田市、代表取締役社長:髙橋 一弘、以下:池田泉州JCB )、および三井住友カード株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下:三井住友カード )と、「高石市ふるさと寄附金」のクレジットカード決済について契約を締結し、株式会社エフレジ( 本社:京都市下京区、代表取締役:杉本 和彦、以下:エフレジ )が提供するインターネット収納サービス「 F-REGI 公金支払い 」を導入し、「 ふるさと納税 」のインターネット収納を開始いたしました。

( URL )http://www.city.takaishi.lg.jp/kifu/furusato.html



高石市はこれまで口座振込、納付書・現金書留による寄附を受付けておりましたが、寄附希望者の更なる利便性向上のため、クレジットカードをはじめ、コンビニエンスストア、インターネットバンキングを利用した銀行決済のPay-easy ( ペイジー )による収納方法を追加いたしました。
これにより、同市サイトからリンクしている受付画面( F-REGI公金支払い )にパソコン、スマートフォンなどからアクセスし、時間・場所を問わず寄附することが可能となります。

高石市は、6月1日より謝礼品の贈呈とクレジットカード決済等の支払い方法の拡充を実施し、制度の定着や謝礼品の充実に取り組んでまいります。就職等により高石市を離れた方や高石市を応援していただける皆様には、ふるさと納税制度を活用し、高石市にご寄附くださいますようお願い申し上げます。

池田泉州JCBは、公共部門におけるクレジットカード決済の推進とともに、さらなる利用機会の拡大を図り、お客様の利便性の向上に努めてまいります。

三井住友カードは、2006年に全国初となる税金のクレジットカード納付を実現して以来、全国の各種公金・公共料金の取り扱いに積極的に取り組んでいます。今後も、Visa・MasterCardブランドのカード決済サービスを、同分野をはじめとするあらゆる決済シーンに拡大し、お客さまの利便性向上を図ります。

エフレジは、今後拡大が見込まれる公金分野でのクレジットカードによるインターネット収納サービスにおいて、利用者の安全性と利便性の向上および地方自治体の収納業務の効率化を図り、決済環境の整備に努めてまいります。

F-REGI 公金支払い

全国の地方自治体、行政機関の税金・水道料金等の各種料金・ふるさと納税をオンライン決済にて納付できる、当社の提供するサービスの総称であり、インターネットを介して申請受付から情報管理までを可能にし、さらには多様な決済手段を搭載した、決済代行会社が唯一提供するSaaS型公金収納サービスです。

F-REGI 公金支払い は、決済代行会社が提供するセキュアな環境下で全ての手続きを行いますので、利用者には一切の違和感なくシームレスにご利用いただけます。また、取得した情報は、事前に届出いただいた庁舎内PCからのみWeb閲覧可能とするアクセス制限機能を標準実装しておりますので、担当者様にも安心してご運用いただけます。

北海道から沖縄まで日本全国75以上の地方自治体で採用され、導入検討時から運用中の全てを当社一社でサポートしておりますので、担当者様には負担を感じさせることなく導入・運用・管理を実現いただいております。

【 F-REGI 公金支払いURL 】 http://koukin.f-regi.com/


ページの先頭へ