HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2015年8月28日
三井住友カード、広島県廿日市市の『ちゅーピープール』に児童養護施設および障がいのある子どもたちをご招待



三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、CSR活動の一環として、屋外レジャープール『ちゅーピープール』(所在地:広島県廿日市市)へ児童養護施設および障がいのある子どもたちなど100名を8月上旬から下旬にかけて無料招待しました。


『ちゅーピープール』は、広島県廿日市市にある「ちゅーピーパーク」内にある夏季限定オープンのレジャープールで、冷たいシャワーが降り注ぐ「スマイルシャワー」や大量の水が一気に降り注ぐ「びっくりバケツ」など、子どもたちに大人気のアトラクションも設置されています。

このたび、三井住友カードでは、子どもたちにとって夏休みの楽しい思い出になることを願い、広島県社会福祉協議会および廿日市市社会福祉協議会と連携し、広島県内にある児童養護施設および障がいのある子どもたちに『ちゅーピープール』の招待券100枚を無料配布いたしました。

三井住友カードでは、全国7拠点にある地域営業部にて、地域独自のCSR活動を推進しております。今後も「良き企業市民」としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指して社会貢献活動を継続して行ってまいります。


ページの先頭へ