HOME > 会社情報 > ニュースリリース
会社情報

2015年10月22日
三井住友カード、「日本フットサルリーグ(Fリーグ)」にセントラルスポンサーとして協賛



三井住友カード株式会社
一般財団法人日本フットサル連盟
三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、CSR活動の一環として、一般財団法人日本フットサル連盟(所在地:東京都文京区、会長:小倉 純二)が主催する「日本フットサルリーグ」(以下:Fリーグ)に、2015/2016セントラルスポンサーとして協賛します。


フットサルは、日本での愛好者が350万人と言われ、いつでも、どこでも、だれでもが楽しむことができるスポーツとして人気を博しています。Fリーグは、全国12のフットサルクラブが参加する国内トップリーグであり、2007年の初開催から過去8シーズンにわたって国内のフットサル人気を牽引してきました。また現在は、2020年のFIFAフットサルワールドカップの日本開催に向けた招致活動も本格化しており、さらなる盛り上がりを見せています。

Fリーグでは『5Goals of F』という理念を掲げ、フットサルの普及促進のみならず、フットサルを通じた「新たな価値の創造」や「社会貢献」に取り組んでおり、参加12クラブを中心に、"スポーツのチカラ"をまちづくりに活かした「ホームタウン活動」を実施し、地域振興および支援活動も積極的に行っています。

三井住友カードは、こうした理念に基づいた活動姿勢に共感し、その活動を支援しさらなる発展の一助を担うべく、Fリーグに協賛することといたしました。

三井住友カードはFリーグセントラルスポンサーとして、Fリーグセントラル開催(※)およびプレーオフにおいて地域貢献活動を実施します。その第1弾として10月24日(土)開催の名古屋セントラルにて、近隣の養護施設に通う児童39名を特別観戦席にご招待します。

三井住友カードは今後も「良き企業市民」としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指して社会貢献活動を継続して行ってまいります。

※Fリーグセントラル開催とは、Fリーグ全12クラブが一堂に会して公式戦を行う特別な開催方式のこと

名古屋開催のイベント概要
開催日 10月24日(土)
SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 第25節、第26節 名古屋セントラル
第3試合 名古屋オーシャンズ vs. バサジィ大分 戦
開催地 テバオーシャンアリーナ(愛知県名古屋市)
内容 特別支援学級および養護施設の学童・ご家族の観戦招待並びに選手との記念撮影
セントラル開催およびプレーオフのスケジュール

セントラル開催

10月23日(金)、24日(土)、25日(日)愛知・テバオーシャンアリーナ
11月21日(土)、22日(日)神奈川・小田原アリーナ
12月19日(土)、20日(日)東京・町田市立総合体育館

プレーオフ

1st Roundおよび2nd Round 1月5日(火)、6日(水) 東京・町田市立総合体育館
Final Round1月9日(土)、10日(日) リーグ戦1位クラブホームアリーナ
Fリーグ概要
主催: 公益財団法人日本サッカー協会、一般財団法人日本フットサル連盟
大会方式: 全国12クラブ参加のリーグ戦。今シーズンは、3回戦総当たり(ホーム&アウェイ方式、セントラル方式)で198試合+プレーオフを実施。中でも「セントラル開催」は12クラブが1つの会場に集まり試合を行うため高い注目度を誇る。

Fリーグ概要


ページの先頭へ