CSR 三井住友カード株式会社のCSRへの取り組みについてのご案内

  • 社会貢献活動
  • 基本方針等
  • 安心なカードライフ
  • インターネット募金
  • 環境活動
  • 地域・国際社会への貢献
  • 文化・芸術・教育
  • 従業員とともに
  • CSR環境活動報告
  • 社会貢献型カード

地域・国際社会への貢献

地域・国際社会関連活動

地域・国際社会の発展に貢献する活動を行っています。

1. 寄付に関して

ワールドプレゼントの景品を通じて、「ユニセフ」「ユネスコ」「WWFジャパン」などに弊社会員の皆さまからの寄付を受付ています。会員の皆さまからの寄付に併せて、2016年11月に弊社から日本ユニセフ協会へ1.2百万円の寄付を実施しました。

また、2011年3月に発生した東日本大震災に向けた取り組みとして、被災者専用の相談受付デスクを設置し、災害復旧資金のお借り入れおよび、毎月のご返済額の減額の申し出の受付を行いました。合わせて罹災された方々への支援を行うための募金(カード決済およびワールドプレゼントポイント交換)を受付、日本赤十字社を通じて170,542,000円寄贈しました。(VJA合計額、2012年1月31日現在)

各種支援団体への寄付

ご参考:弊社からの寄贈実績

会員の皆さまからの寄付金とは別に、東日本大震災の被害に対する義援金として弊社から日本赤十字社へ3千万円寄贈しました。

2. 東日本大震災復興支援 国立劇場チャリティー公演に協賛

弊社は、国立劇場主催の「東日本大震災復興支援 国立劇場チャリティー歌舞伎公演」に協賛しました。東日本大震災で被災された方々に、復興への新たな決意と人々の絆を深める機会として、無料で歌舞伎公演を鑑賞いただくとともに、歌舞伎に親しんでいただくため小中学生対象の「歌舞伎入門」も開催されました。

国立劇場チャリティー公演の詳細はこちら

※別ウィンドウで独立行政法人 日本芸術文化振興会のウェブサイトへリンクします。

東日本大震災復興支援 国立劇場チャリティー公演への協賛

※左:国立劇場オリジナルマスコット くろごちゃん
※右:宮城県観光PRマスコット むすび丸

3. 東日本大震災復興支援 ジュニアジャズオーケストラに楽器を寄贈

弊社は、宮城県気仙沼市で活動する小中学生で結成されるジュニアジャズオーケストラ「スウィングドルフィンズ」に対し、以前社内クラブで使用していた楽器15台を寄贈しました。

「スウィングドルフィンズ」の活動によって、被災地に活気が取り戻せるよう今後も応援していきます。

東日本大震災復興支援 ジュニアジャズオーケストラに楽器を寄贈

新規ウィンドウで開きます THE SWING DOLPHINS ウェブサイト

※別ウィンドウでSWING DOLPHINSのウェブサイトへリンクします。

4. インターネット募金の推進

社会貢献団体各社が行うインターネット募金について、弊社ホームページに集約して各団体の活動を紹介するとともにスムーズにご寄付いただける環境を提供しています。弊社は、クレジットカードを活用した募金の推進により、地域国際社会の発展に貢献している社会貢献団体の活動を応援しています。

5. 中古本などリサイクル運動への参加

弊社は、カード加盟店であるブックオフグループが実施する中古本などのリサイクル運動に参加しました。

社員から、中古本などを募集し、ブックオフでの買取金額を東日本大震災の義援金として寄付しました。

中古本などリサイクル運動への参加

6.骨髄バンク事業の支援

公益財団法人日本骨髄バンクの骨髄バンク事業の支援を目的に、ぐるなびが開催するチャリティイベントを支援しています。

7. ふるさと納税の推進

「ふるさと納税」のクレジットカード決済推進により、地域社会の利便性向上と収納事務の効率化を実現しています。また、カードご利用金額に応じた収益の一部を「ふるさと納税」として寄付するクレジットカード(「くまモンのカード(VISA)」、「バリィさんVISAカード」など)も発行しています。

ご参考:ふるさと納税とは

2008年4月の地方税法改正成立を受けてスタートし、生まれ育った場所をはじめ、一人ひとりが選ぶ場所を「ふるさと」として応援する制度です。従来の寄付金税制を拡充したもので、居住地域や出身地などの地方自治体へ寄付した金額のうちの一定額が、所得税と翌年度の住民税から控除されます。

8. 日本YMCA障害児支援プログラム

日本YMCA主催のチャリティイベントの参加費やオークションでの支払いについて、クレジットカード決済を導入しました。今後、YMCAの他のプログラムにおけるカード決済を推進することで、YMCAの社会貢献活動をより一層支援していく予定です。

9. TABLE FOR TWOへの参加

「TABLE FOR TWO」は直訳すると「2人の食卓」という意味で、飢餓や栄養不良に苦しむ発展途上国の子どもたちと生活習慣病に悩む先進国の私たち双方が同時に健康になることを目指す取り組みです。
弊社は「TABLE FOR TWO」の活動趣旨に賛同し、社員食堂でヘルシーメニューを購入すると、1食あたり20円が開発途上国の学校給食1食分として、NPO法人「TABLE FOR TWO International」を通じて寄付される取り組みを、本社をはじめ5拠点で実施しています。

また、併せてヘルシー飲料を購入すると「TABLE FOR TWO」に寄付されるしくみの自動販売機も設置しています。

新規ウィンドウで開きます TABLE FOR TWO 公式サイト

※別ウィンドウでTABLE FOR TWO のウェブサイトへリンクします。

TableForTwo

10. 社員の国際社会関連活動の実施

弊社では、書き損じハガキ、使用済み切手の回収を積極的に行っております。書き損じハガキは、切手に交換したのち、聴導犬の育成および聴覚障害者の自立歩行促進を行う団体や東日本大震災復興支援をはじめとした緊急支援などを行う団体へ寄贈しました。

また、使用済み切手は、発展途上国の衛生や、健康などの生活改善運動資金として活用されています。


ページの先頭へ