あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレスで便利になればなるほど、
新たに生まれる疑問や不思議。

そんな疑問や不思議の解消を
三井住友カードがお手伝いします。

あなたの毎日に、実りのあるひと時を。

今日はどんな発見があるだろう?
あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

【初心者向け株式投資の始め方】株の選び方や買い方、メリットをわかりやすく解説

    【初心者向け株式投資の始め方】株の選び方や買い方、メリットをわかりやすく解説

    金融商品の代表格といえる株式投資。良い商品やサービスを提供している企業や将来性が期待できる企業を応援することによって利益を得る投資です。大きなリターンを期待できる一方で、その分リスクも大きくなるため、投資初心者には敷居が高いかもしれません。

    株式投資を始めるためには、基本的なしくみ、メリット・デメリット、選び方をきちんと押さえることが大切です。今回、初心者の人でもわかりやすいように、株式投資の始め方を詳しく解説していきます。

    INDEX

      株式投資とは?

      株式投資とは?

      そもそも株式とはどういうものでしょうか。

      株式とは、株式会社が事業を運営するための資金として出資してくれた人に対して発行する証券です。このように株式を購入した人を「株主」といいます。企業が事業を行うには資金が必要です。事業拡大や新規サービスには、新たに資金調達をしなければいけません。調達方法には銀行への借入、社債の発行などもありますが、それらはいわゆる“借金”であり返済が必要です。

      一方株式は、人々が企業の成長や将来性に“期待して”購入するものであり、企業に返済の義務はありません。その代わりに、株主は、出資額に応じた以下の権利(株主権)を持つことができます。

      • 議決権:株主総会での決議に加わることができる権利で、企業の経営に参加できます。
      • 利益配当請求権:企業が出した利益を、「配当金」として受け取ることができる権利です。
      • 残余財産分配請求権:企業が解散した時に残った資産を分配して受け取ることができる権利です。

      また、株式投資においては、企業の業績が好調で株式を購入した時よりも価値が上がった際に、その株式を売却して利益を得ることができます。ただし良いことばかりではありません。企業の業績悪化などを理由に、購入した時よりも保有している株式の価値が下がってしまう可能性もあります。そういった値下がりリスクを踏まえたうえで、慎重に投資先を選ぶようにしましょう。

      株式投資のメリット

      株式投資のメリット

      株式は運用するうえで、配当金(インカムゲイン)、売買差益(キャピタルゲイン)、株主優待の3つの利益を得られる可能性があります。配当金や株主優待の権利を得たい場合には、権利確定日の2営業日前の権利付き最終日までに、応援したい企業の株式を保有している必要があります。
      また、三井住友カードでSBI証券の仲介口座を開設するとよりお得に運用できるので併せてチェックしましょう!

      配当金(インカムゲイン)がもらえる

      「配当金」とは、株式を保有している期間中、企業の事業運営で出た利益の一部を株主に還元するもので、インカムゲインともいいます。一般的に年1~2回、決算後に「1株あたり○○円」という形で支払われ、保有している株数に応じた配当金を受け取ることができます。

      しかし、利益が出ていても配当のない企業があるほか、配当を出す企業でもその額や回数は業績や方針によって異なるため、常に配当金があるとは限りません。

      売買差益(キャピタルゲイン)が期待できる

      株式は自由に売買できる金融商品なので、自分が購入した時よりも、株価が値上がりしたタイミングで売却すれば、差額の「売買差益」を得ることが可能です。売買差益は、値上がり益、譲渡益、キャピタルゲインともいいます。例えば50万円で購入した株式を60万円で売却した場合、差額の10万円(手数料や税金を除く)が売買差益です。

      株価は常に変動しており、株価の上昇により大きなリターンが得られる可能性がある一方で、その分リスクも大きくなるので注意が必要です。

      株主優待がある場合も

      企業が株主に対して、自社サービスの割引券や自社商品などを提供する「株主優待」があります。小売業では優待セールの実施、製造業では自社製品のプレゼントなど各企業で特徴があるので、優待内容で銘柄を選ぶのも手です。

      しかし、すべての企業が実施しているわけではありません。また、実施している企業でも株主の保有株式数によって受けられる優待の内容が異なる場合や、業績次第では株主優待を廃止することもあります。各企業が発表する情報は随時確認しましょう。

      Vポイントが貯まる

      株式で利益を得ようとすると、どの業種のどの銘柄を買うかに注目しがちですが、取引口座によって受けられるサービスも異なるため、取引口座の選び方も重要なポイントです。例えば三井住友カードのホームページからSBI証券の口座を開設し、SBI証券Vポイントサービスに登録すると、各種取引などに応じて、Vポイントが付与されます(※)。

      貯まったVポイントは、景品と交換したり、スマートフォンアプリ「Vポイント」をインストールしてお持ちのVポイントをチャージすることにより、ネットショッピングや店舗などのお買物に1ポイント=1円で利用したりすることができます。ショッピングなどによる毎月のカード利用金額に加えて、株式投資でもVポイントが付与されるようになるので、これまで以上にVポイントが貯まりやすくなるのは大きなメリットです。

      • すでにSBI証券の証券総合口座をお持ちの方でも、三井住友カードのホームページから「Vポイントが貯まるコースに変更する」手続きをすれば、利用できます。

      株式投資のデメリット

      株式投資のデメリット

      株価の値動き次第で大きな利益を手に入れられる可能性のある株式投資ですが、取引を始める前にきちんと投資リスクも理解しておきましょう。株式投資におけるデメリットを解説します。

      元本保証がない

      株式投資は、預貯金などとは違って元本保証がありません。株価は証券取引所で常に売買されていて、値動きしています。取引状況は、企業の業績の良し悪し、金利や為替、景気の動向などによる経済的要因、海外の株式市場の影響も受けるため、常に株価は変動しています。値動き次第で、購入時よりも売却時の株価が安ければ損失が発生することを念頭に置きながら取引しましょう。

      倒産するリスクも

      株式は企業が発行する証券です。発行元である企業の業績が好調であれば配当金や、株式を購入する人が増えて株価が上昇するので売買差益も見込めます。しかし、業績が悪化して売却する人が増えると株価は下がり続け、最悪の場合倒産してしまう可能性もあります。そういった倒産リスクを踏まえ、株式の購入時だけでなく、保有中も企業の経営状況などを把握しておくことが大切です。株式を上場している企業は、必ず決算書を公表することになっています。決算資料は、企業の経営状況を示した通信簿のようなものです。企業の財務状況や収益がどのようになっているかを確認するようにしましょう。

      投資金額が比較的高い

      100円から積立購入できる投資信託と比べて、株式投資は最低売買単位(単元)が100株と決められており、投資金額が比較的高くなるのが特徴です。最低購入金額は【株価(現在値)×1単元(100株)】なので、株価が2,000円の場合は20万円となります(あくまで株式のみの購入金額で、別途株式売買委託手数料が取引毎にかかります)。ある程度のまとまった資金が必要になるため、初心者にとっては投資のハードルが高く感じるかもしれません。

      株式投資の選び方(コツ)

      株式投資の選び方(コツ)

      実際に株式投資を購入する際、どのような銘柄を選べば良いのでしょうか。初めて投資を行うのであれば、身近な企業のもの、少額投資できるもの、もしくは株式保有中に得られる配当金や株主優待から選ぶのがおすすめです。

      身近な企業を選ぶ

      株式を購入したい、と思っても証券取引所に上場している企業はとても多いため、どの銘柄にしたら良いか悩んでしまいますよね。数ある投資対象の中からあえて知らない企業を選ぶよりも、なじみのある企業や業界から始めてみることをおすすめします。

      自分の生活に身近な企業であれば、親近感があるだけでなく、ユーザー視点で企業が提供している商品やサービスの良し悪しがわかり、情報も手に入れやすいでしょう。企業を通じて良い体験を得られたら、銘柄候補としてチェック! ただし、よく知っている企業でも悪いニュースばかり聞こえてくるところは避けたほうが無難です。まずはニュースや新聞など身近なところから情報を得る習慣を身に付け、徐々に銘柄を見る目を育てていきましょう。

      少額投資ができるところから始める

      株式投資に慣れていない段階で、いきなり多額の自己資金を費やすのは危険です。まずは、少ない投資額でリスクを抑えながら、投資知識を身に着けていきましょう。

      通常、日本株は100株からしか買うことができません。そのため、最低購入金額として平均的に数十万円以上のまとまった資金が必要になってきます。しかし、中には1株あたり数百円の銘柄もあり、最低購入金額は数万円程度と少額投資に挑戦できるようなものもあります。ただし少額だからと、まったく知識もない企業に投資するのは禁物です。

      また、1株から購入可能な「単元未満株(ミニ株)」という少額投資ができるサービスもあります。通常であれば、最低購入金額が数十万円だった銘柄も、1株から買える場合は数千円と少額投資が可能で、保有している株式数に応じて、配当金を受け取ることができます。少ない投資額で、株取引の経験を積んでいくことができます。しかし単元未満株は、リアルタイムでの取引ができない、株主総会に参加できる議決権を持つことができない、株主優待を受けられない可能性が高い、購入できる銘柄や証券会社が限られているなどの制約があり、また取引手数料が割高になる傾向があります。利用する際は、サービス内容を事前によく確認しましょう。

      株主優待や配当金から選ぶ

      株式投資のメリットとして挙げられる株主優待と配当金。これらの内容を見て銘柄を選ぶ方法もおすすめです。

      株主優待には食べ物・自社商品・優待券などさまざまな種類があります。自分のライフスタイルに合った株主優待のある企業を選ぶと、保有しているだけで楽しみがあります。

      また、配当金を多く出す企業かどうか判断するには、「配当利回り」と「配当性向」の2つのキーワードを覚えておきましょう。

      • 配当利回り:株価に対して何パーセントの配当が得られるかを示す指標。配当利回りはあくまでも、その時点の株価に対する配当金の“予想”の割合なので、決算内容によっては変動する可能性があるので注意しましょう。
      • 配当性向:企業の当期純利益のうち、何パーセントを配当金の支払いに充てるかを示す指標。株主にどれだけ利益を還元しているかを判断することができます。

      配当が多い企業は株主にとってお得に見えるものです。安定的に配当を出し続けているのか、それとも一時的な高配当なのか、といった確認もしましょう。

      しかし配当を出さずに、成長するための投資資金として貯めている企業もあり、業績次第では株価が値上がりする可能性を秘めています。そのため配当がない企業=投資魅力のない企業ではないので、決算資料などで企業の経営状況などを確認したうえで、銘柄を選択するようにしましょう。

      株式投資の始め方

      株式投資の始め方

      では、実際に株式を購入するには、何から始めたら良いのでしょうか。

      はじめに取引用の口座を金融機関で新しく開設する必要があります。株式を購入したい方は金融機関を選ぶ際に、長期運用に備えて各種手数料が低いところを選ぶと良いでしょう。

      取引をする金融機関を決めたら、次に口座開設を申し込みます。今回は、SBI証券を例に、口座開設方法から順に解説していきます。

      SBI証券会社に口座を開く

      • 口座開設申し込みについて
        1)各種規約などにご同意後、三井住友カードの登録情報を引き継ぎます。
        2)メールアドレスを登録し、送信された認証コードを入力します。
        3)引き継いだ内容以外の、お客さま情報を入力する。
        4)SBI証券のサイトで各種規約などを確認して、同意します。
        5)口座開設方法を「ネットで口座開設」もしくは「郵送で口座開設」のどちらかを選びます。
        6)口座開設申し込みが完了します。
      • ネットで口座開設をする場合
        1)口座開設申込時に発行された、ユーザーネームとログインパスワードでログインします。
        2)マイナンバーカードもしくは、通知カードと本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)をデータで提出します。
      • 郵送で口座開設をする場合
        1)口座開設の手続きに必要な書類が、SBI証券から普通郵便で届きます。
        2)必要事項を記入し、マイナンバーカードなど必要な書類のコピーを添付のうえ、書類を返送します。

        提出書類の審査が完了したら、ユーザーネーム、ログインパスワード、取引パスワードが記載された郵送物が登録住所に送られます。「メールで受け取る」を選択した方は、取引パスワード設定ページへのURLが登録したメールアドレスあてに届きます。アクセス後初期設定すると、取引を開始できます。
      • 口座の種類について
        口座の種類には「特定口座(源泉徴収あり)・(源泉徴収なし)」と「一般口座」があります。「特定口座(源泉徴収あり)」は、金融機関が税金を計算・徴収してくれるため、自分で確定申告をする必要がありません。

        「特定口座(源泉徴収なし)」や「一般口座」の場合は、原則、確定申告が必要です。源泉徴収ありの特定口座を開設しておけば、確定申告をする手間が省けるので、初心者にはおすすめです。
      • すでにSBI証券の口座をお持ちの方は
        三井住友カードのクレジットカードで貯められるVポイントを株式投資でも貯めたい方で、すでにSBI証券の口座をお持ちの方は、Vポイントが貯まるコースへの変更が必要になります。ただしすでに「SBI証券Tポイントサービス」に登録されている方は、「SBI証券Vポイントサービス」との併用はできませんのであらかじめご了承ください。

      手続き方法はこちら

      入金する

      口座開設ができたら、取引用の資金を口座に入金しましょう。
      投資の鉄則は、余剰資金で行うことです。まずは、万一のケガや病気などで収入が途絶えてしまう緊急時に備えて、生活費の3~6ヵ月分の「生活防衛資金」を確保しましょう。次に、日々の生活費や使い道が決まっている資金を貯蓄として別に分けておきます。それ以外の余剰資金の一部が投資に回せる資金です。
      株式投資は元本保証がないので、自分がどれだけの値下がりリスクに耐えられるかなども考慮し、計画的に少額から投資しましょう。

      株を選ぶ

      株式は証券取引所で取引されているので、証券会社を通じて売買をします。日本の証券取引所は、東京・名古屋・札幌・福岡にあり、日本最大の株式市場である東京証券取引所には、現在、4つの市場区分があります。

      • 東証1部:国内外を代表する大企業が上場している日本の中心的な株式市場。
      • 東証2部:国内外を代表する大企業のほか中堅企業が上場する株式市場。
      • マザーズ:成長を期待できるベンチャー企業が多く上場する株式市場。
      • JASDAQ(ジャスダック):ベンチャー企業が多く上場し、信頼性、革新性、地域・国際性という3つのコンセプトを掲げる株式市場。一定の実績のある成長企業向けのスタンダード市場と、将来成長する可能性が期待される企業が多いグロース市場の2つに分かれている。

      2022年4月4日(月)以降は、次の3つの市場区分に再編されます。

      • プライム市場:流通株式時価総額が100億円以上で、グローバルな投資家との建設的な対話を中心に据えて、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場。
      • スタンダード市場:流通株式時価総額が10億円以上で、公開された市場における投資対象として、十分な流動性と基本的なガバナンス水準を備えた企業向けの市場。
      • グロース市場:高い成長可能性を実現するための事業計画を有し、その進捗状況が継続的に開示され一定の市場評価を得られる反面、事業実績の観点から相対的にリスクが高い企業向けの市場。

      このように、それぞれの市場への上場基準は異なり、取り扱う銘柄に特色があります。それを踏まえたうえで、商品やサービスになじみのある企業の株価や、少額から投資できそうか、などの視点で銘柄を選んでみてください。

      株を購入する

      気になる株を見つけたら、株式を購入してみましょう。株式の購入方法は2種類あります。

      • 指値(さしね)注文:自分の希望する売買価格を指定して注文する方法。買い注文の場合は株価が指値以下になれば成立し、売り注文は指値以上の株価になった時に成立します。希望価格にならないと売買ができず、わずかな値段の差で売買のチャンスを失う可能性があります。
      • 成行(なりゆき)注文:自分の希望する売買価格を指定せずに注文する方法。早く取引を成立させることができる可能性が高い注文方法です。しかし、株価の激しい変動などがあると想定外の価格で売買が成立することもあるので注意が必要です。

      売買が成立すると、証券会社から「取引(売買)報告書」が電子書面交付または郵送されるので、自分の注文内容と違いがないか確認しましょう。売買代金は、売買が成立(約定)した日から起算して3営業日目に精算(受渡し)が行われます。

      精算の際に、株式売買委託手数料が代金に加わります。これは証券会社に支払われるもので、証券会社によって金額や設定方法が異なるので、取引開始前に確認しましょう。また購入した株式は証券会社の取引口座で管理されますが、その口座管理料を証券会社に支払う場合もあるので、こちらも併せて確認してください。

      まとめ

      まとめ

      どんな投資でもリスクをできるだけ抑えるには、「長期・積立・分散投資」がおすすめです。特に株式投資の場合は、長期的な視点で、今後の成長や将来性に期待し、応援したい企業について、日ごろの活動や経営状況に関心を持つことが大切です。また、投資先を一社に集中するのではなく、複数の会社や業界などに分散させたり、一度に多額の資金を投資せず、購入タイミングを分けたり、少額から投資していきましょう。

      また、三井住友カードのホームページからSBI証券口座を開設すれば、資産運用しながら毎月の取引額に応じたVポイントが付与されます。

      付与ポイント

      別ウィンドウで「SBI証券」のサイトへ遷移します。

      それ以外にも、三井住友カードで投資信託を積み立てると、毎月の積立額に応じて最大2%のVポイントが貯まる「三井住友カードつみたて投資」もあります(※)。
      投資に慣れてきたらさまざまな取引にチャレンジしてお得に資産形成をしましょう!

      • カードによって、ポイント付与率が異なります。詳しくは以下をご確認ください。

      ----------------------------------------

      【投資信託に関するご注意事項】

      • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
      • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
      • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

      三井住友カード株式会社は、株式会社SBI証券を所属金融商品取引業者とする金融商品仲介業者です。金融商品取引業者とは異なり、直接、顧客の金銭や有価証券の受け入れ等は行わず、顧客口座の保有・管理は全て金融商品取引業者が行います。また、金融商品仲介業者は金融商品取引業者の代理権は有しておりません。

      【金融商品仲介業者】商号等:三井住友カード株式会社  登録番号:関東財務局長(金仲)第941号 【所属金融商品取引業者】商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会

      ----------------------------------------

        この記事が気に入ったら

        いいね!

        Share

        原田 幸子 イメージ

        監修:ファイナンシャルプランナー 原田 幸子

        原田幸子(ファイナンシャルプランナー)
        ユアライフFP事務所代表
        【子どもの笑顔と未来のために】ライフイベントや夢を実現するためには、お金の知識とそれをうまく活用する力が必要です。こんな時代だからこそ、私たち現役世代だけではなく、次世代を生きる子どもたちには、思いどおりの人生を歩んでほしい。そのために、子ども向けの「お金の教育」や教材開発に力を入れています。プライベートでは、幼稚園児の娘と一緒に、お小遣い教育や楽しく学べるオリジナルゲームを開発・実践しています。
        保有資格:ファイナンシャルプランナー(CFP®)、1級FP技能士

        おすすめの記事

        TOP