あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレスで便利になればなるほど、
新たに生まれる疑問や不思議。

そんな疑問や不思議の解消を
三井住友カードがお手伝いします。

あなたの毎日に、実りのあるひと時を。

今日はどんな発見があるだろう?
あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレス決済とは?種類や活用メリットなどをわかりやすく解説

    キャッシュレス決済とは?種類や活用メリットなどをわかりやすく解説

    近年では、企業によるさまざまなサービス展開によってキャッシュレス決済の普及が進んでいます。CMなどでキャッシュレス関連の広告を目にする機会も、増えています。
    実際にどのくらい普及しているのか、キャッシュレス決済に対する利用者の意識調査を行いました。この調査結果を踏まえながら、「キャッシュレス決済とは何か」について解説していきます。

    INDEX

      キャッシュレス決済とは

      キャッシュレス決済とは、クレジットカード・デビットカード・交通系や流通系の電子マネー、バーコードやQRコードを介したコード決済、そして銀行振込や口座引落など、現金以外で支払う決済手段全般のことです。交通系電子マネーは電車やバスなど、交通機関の乗車券機能がある電子マネーを、流通系電子マネーはコンビニ・スーパーや通信販売などでのお買物時に使える電子マネーを指しています。
      クレジットカードで代金を支払う、交通系電子マネーで電車に乗る、光熱費や税金、保険代などを銀行口座から引き落とすなどがキャッシュレス決済の代表的な例です。現金決済は年を追うごとに減少傾向となっており、キャッシュレス決済は私たちの生活にとって身近な存在になりつつあります。

      キャッシュレス決済は3種類に分けられる

      キャッシュレス決済は、支払いが発生するタイミングによって「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に分けられます。

      前払いは、簡単に言えばプリペイド方式のことです。あらかじめ金額をチャージする電子マネーが代表格です。即時払いは、デビットカードのように支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされるもの。後払いは、クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。

      キャッシュレス支払いの方法 イメージ

      支払いは、基本的にカードやスマートフォンに記録された情報を、専用端末で読み取ることで決済が完了します。
      読み取りに関しては、カードリーダーなどで直接読み込む「接触型」、端末に直接触れなくてもカードやスマートフォンを近づけるだけで、近距離無線によって読み取る「非接触型」、バーコードやQRコードを読み取って支払いをする「コード読み取り型」に分かれます。コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗の専用端末で読み取ったりする方式です。これらの支払いタイミングは、各サービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。

      電子マネーとクレジットカードの詳しい違いを解説

      キャッシュレス決済利用者数は「現金」に迫る勢い

      キャッシュレス決済に対するユーザー意識を「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2021年8月実施)から確認していきましょう。

      ■ふだんの支払い方法

      普段の支払い方法 イメージ

      クレジットカードの利用者数の割合は年を追うごとに増えており、今では現金利用者に迫る勢いです。「ふだん支払いをする際にどうやって支払っていますか(複数回答可)」に対する回答は、「現金」(85.4%)、「クレジットカード」(83.5%)、「QRコード決済」(55.4%)、「交通系ICカード」37.0%、「流通系ICカード」(36.4%)、「銀行振込/引き落とし」(31.6%)という結果になっていました。現金に対して、クレジットカードの利用者数の割合がほぼ同等となっています。

      注目したいのは「QRコード決済」です。キャッシュレス決済の中ではクレジットカードに次ぐ利用となっており、ここ数年で急速に浸透していることがわかります。

      普段の支払い方法 イメージ

      さらに「最もよく利用する支払い方法は何ですか(一つだけ回答)」に対する回答は、「クレジットカード」を使用する人が38.8%と最も多く、「現金」(30.2%)よりも多い結果でした。キャッシュレス決済の利用が定着しつつあるということがうかがえます。

      ■日常的に使っているキャッシュレス決済の種類

      普段の支払い方法 イメージ

      「日常的に使っているキャッシュレス決済は、何種類ですか」への回答は、「2種類」が最も多く36.2%。「1種類」(29.3%)、「3種類」25.1%、「4種類」5.5%と続いています。日常的には使っていない人を除くと、複数のキャッシュレス決済(2種類以上)を使っている人は合計70.7%となり、キャッシュレス決済の複数利用率も高くなっています

      キャッシュレス決済の利用頻度は?

      普段の支払い方法 イメージ

      キャッシュレス決済の利用頻度を見ると、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、QRコード決済、Apple Pay / Google Pay™ は、半数以上の人が「週に1回以上」利用していることがわかります。
      利用頻度から1ヵ月の利用回数の平均値を算出すると、「QRコード決済」が最も多く8.1回/月、次いで「クレジットカード」(7.5回/月)、「流通系ICカード」(6.6回/月)、「交通系ICカード」(6.1回/月)などとなっていました。

      新型コロナウイルス影響後、QRコード決済の利用開始率が高い結果に

      普段の支払い方法 イメージ

      キャッシュレス決済を利用している人が増えている背景には、2020年1月から猛威をふるい始めた新型コロナウイルスの影響もあるかもしれません。QRコード決済とApple Pay / Google Pay は、この時期を境としてニーズを伸ばしていき、2020年1月以降に利用を開始した人の割合は30%を超えています

      これらのデータからも読み取れるように、キャッシュレス決済は近年になってさらに勢いを増しています

      セキュリティや利用場所制限で足踏みをする人も

      「キャッシュレス決済を使用するときに、不便・不安に感じることはなんですか」への回答は、「特にない」が半数以上を占めました。この結果からも、キャッシュレス決済がより人々の生活に浸透し、スタンダードな決済手段になりつつある様子がうかがえます。ただし、不安要素がある人の回答としては、「セキュリティに不安を感じる」「いろいろな場所で利用できない」といった回答が上位にきており、セキュリティや利用場所制限などの側面に不安を感じている人もいるようです。

      ■クレジットカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■交通系ICカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■流通系ICカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■QRコード決済

      普段の支払い方法 イメージ

      クレジットカード利用者では「セキュリティに不安を感じる」が最も多く24.2%となっています。クレジットカード情報の流出やアプリへの不正ログイン、不正利用など、キャッシュレスが広まるにつれて多様な犯罪やトラブルなども出てきています。ニュースなどで事例を目にすることでより不安に感じる人も多くいます。

      三井住友カードではセキュリティについて万全の体制を整えており、お客さまが安心・安全に利用できるよう尽力しています。もし利用者に万が一のことがあっても、会員保障制度が備えられています。特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前からその損害が補償されます。

      また、さまざまな方式での支払いが可能になった反面、店舗における導入が十分でないこともあり、各キャッシュレス決済が利用できる場所が限定されているのも、不便に感じている事柄の一因のようです。

      キャッシュレス決済によって得られる3つのメリット

      キャッシュレス決済を利用することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。「キャッシュレス決済を使用するときに重視することはどれですか」というアンケートでは、下記の3点が大きな回答ウェイトを占めていました。

      • ポイントが貯まる・使えるから
      • 支払いがスピーディーだから
      • 支払いが楽だから

      この3点は、キャッシュレス決済によって得られるメリットの代表例と言えるでしょう。

      ■クレジットカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■交通系ICカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■流通系ICカード

      普段の支払い方法 イメージ

      ■QRコード決済

      普段の支払い方法 イメージ

      「ポイントが貯まる・使えるから」の回答割合は、「クレジットカード」62.5%、「流通系ICカード」62.1%、「QRコード決済」57.9%となっており、いずれも高い数値です。
      キャッシュレス決済を利用することで得られるポイントは、新たなお買物やサービス利用などに使えるためお得感があり、積極的に利用してポイントを貯めていこうという傾向が見られます。

      「支払いがスピーディーだから」という点も、キャッシュレス決済の大きな魅力でしょう。お買物の際も短時間で支払いを済ませることが可能となり、待ち時間のストレスが軽減されます。それだけではなく、現金を使わないことによって、小銭の計算やお釣りの受け渡しに時間がかかるといったことも解消されます。この点の回答割合は、「交通系ICカード」48.9%、「流通系ICカード」47.8%、「QRコード決済」42.6%となっています。

      「支払いが楽だから」との回答も多数を占めています。端末にかざすだけで決済できる、暗証番号を入力するだけで決済できるなど、現金よりも利便性が大幅に向上しています。
      この点を挙げた回答割合も、「交通系ICカード」42.7%、「流通系ICカード」45.3%、「QRコード決済利用者」が40.4%でした。

      この3大メリットの+αとして、クレジットカードでは「いろいろな場所で利用できる」「セキュリティがしっかりしている」、交通系ICカードでは「セルフレジで決済できる」、流通系ICとQRコード決済では「キャンペーンや割引などの特典が受けられる」といった利点がそれぞれ挙げられています。

      キャッシュレス決済の利用頻度は今後も上昇が見込まれる

      普及が進み、ますます勢いを増しているキャッシュレス決済ですが、今後も利用頻度は増えていくことが予想されています。「今後、あなたが利用する頻度や決済をする金額は変わると思いますか」というアンケートの結果を見てみましょう。

      普段の支払い方法 イメージ
      普段の支払い方法 イメージ

      各キャッシュレス決済手段で「利用頻度があがる」「利用金額があがる」という声が多数を占めています。これまでに見てきた、利用者数拡大中のクレジットカード、QRコードなどはもちろん、利用者率が未だ高くはないApple Pay / Google Pay やプリペイドカード、デビットカードも「利用頻度や利用金額があがる」という回答が多く見られました。キャッシュレス決済は全般的に今後も利用が伸びていくことが予想されます。

      また、技術革新によって利便性がさらに向上することがあれば、利用者はより現金ではなくキャッシュレスを選択するようになっていくでしょう。すでにキャッシュレス社会に向けて情勢は大きく動いています。すでにキャッシュレス社会に向けて情勢は大きく動いています

      キャッシュレス決済の活用は広がっている

      調査結果からも読み取れるように、現代社会においてキャッシュレスの利用が広がり続けており、日常生活に浸透しつつあります。ポイントやキャンペーンの恩恵を受けられるメリットだけでなく、手間や時間を節約するという利便性にも注目が集まってきていることから、キャッシュレスへの切替えを選択する利用者が増えているのです。

      これらのメリットを考えると、今後もキャッシュレスの普及は拡大していくことが予想されます。国の動きとしては、経済産業省がキャッシュレス推進政策を掲げており、東京都中野区や静岡県浜松市などの自治体をモニターとして取り組みを始めました。このように、官民一体となってキャッシュレスへの動きが加速しているのです。

      キャッシュレス推進協議会 福田好郎氏コメント

      産官学と連携し、消費者や事業者向けにキャッシュレス決済を紹介、啓発する活動を行っている一般社団法人キャッシュレス推進協議会。「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2021年8月、三井住友カード株式会社調べ)を踏まえ、同協議会事務局長である福田好郎氏に、キャッシュレスを導入するメリットや、これからの展望について伺いました。

      キャッシュレス化によって生まれる新しいライフスタイル

      キャッシュレス決済は、ポイントが貯まるといった「利得性」と、支払いを素早く終えることができる、財布を持ち歩かずに済むといった「利便性」の、双方を備えています。
      アンケート結果からも、消費者からの関心がうかがえます。キャッシュレスと聞くと、「現金の代わり」というイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。現金ではできないことが、キャッシュレス決済で可能となります。言うなれば、「キャッシュレスによって、新しいライフスタイルを手に入れる」ということです。

      我が国のキャッシュレス決済比率は、2020年に約3割に到達しました。また、今回のアンケートを見ても日常生活の中でキャッシュレスが利用されていることがうかがえます。かつては、高額な商品を購入するためにクレジットカードを利用するといったケースが多かったものの、今では少額での利用が進み、いわゆる少額多頻度での利用が太宗を占めるようになってきています。また、アンケート結果は、複数のキャッシュレス決済手段を所有し、利用シーンに応じて使い分けていることを示唆しています。この傾向は、多くの方にキャッシュレス決済が受け入れられ、そして、これらを使いこなしているということの現れであると感じています。

      セキュリティに対する不安やお金の管理のしにくさから、キャッシュレスを避けるといった声もありました。セキュリティに対しては、個別の決済事業者だけでなく、業界をあげて取り組んでいます。また、補償制度も整備されつつあり、万一不正利用があったとしても、お金を失ってしまうということは避けられます。もし、現金を盗まれて使われてしまったら、おそらく取り戻すことは難しいでしょう。むしろ、キャッシュレスの方が安全・安心にご利用いただけるのです。お金の管理も、利用の履歴がデータとして残り、アプリやインターネットを通じて確認することができます。利用状況を実際に目で見て確認することで、将来の無駄遣いが抑制できるといった効果も期待できます。

      また、現金で不便を感じないから、わざわざキャッシュレスにする必要はないと考える方もいらっしゃると思います。しかし、現金には、引き出すためにATMへ行ったり、不特定多数の方がさわる現金に触れたりといった側面もあります。特に、最近はできるだけ人との接触を避けたいと考える方も多いでしょう。キャッシュレスにすることで、不要な接触を避けられ、楽にスピーディーにお買物を済ますことができます。

      コロナ禍で変化した私たちの生活様式

      コロナ禍の影響で、私たちの生活は大きく変わりました。これまで実際に足を運んで行っていたことが、オンラインでの実施に変わりました。実際には、コロナ禍以前でも実現できたことですが、多くの方が体験することで、その便利さに触れ、理解することで、さらなる普及が進んだと感じます。このように、キャッシュレスもまずは使っていただくことが重要です。実際に使っていただければ、その便利さに気づいていただけることでしょう。
      また、最近は、商品やサービスを一定期間利用することに対価を支払うサブスクリプションと呼ばれる新たなビジネスや、オンラインで注文して実際の店舗に取りに行くモバイルオーダーといったサービスが増えてきました。このような、みなさんの生活をより便利に、より豊かにする動きは、キャッシュレスだからこそ実現できたとも言えます。

      社会のためにキャッシュレス

      キャッシュレスは、消費者にメリットをもたらすだけではありません。キャッシュレスを導入する店舗においても、支払いの時間を短縮できたり、銀行でお金を出し入れする必要がなくなったり、お金を数えなくてもよくなったりとメリットがたくさんあります。少子高齢化が進む我が国において、店舗運営の効率化、省人化は喫緊の課題です。みなさんがキャッシュレスをご利用いただくことで、店舗における現金管理の煩わしさを解決できるようになるかもしれません。

      私どもキャッシュレス推進協議会では、今後も、消費者や店舗の方々が安全・安心にキャッシュレスをご利用いただけるような環境整備に努めてまいります。みなさんも、ぜひ、普段遣いからキャッシュレスを始めてみてください。

      《調査概要》
      調査名:「キャッシュレス決済に関する調査」
      調査対象:全国の20歳~69歳の男女1,000名
      調査期間:2021年8月31日(火)~2021年9月1日(水)
      調査方法:インターネット調査

      • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
      • Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
      • Google Pay は Google LLC の商標です。
      fukuda イメージ

      福田 好郎 一般社団法人キャッシュレス推進協議会・事務局長

      慶應義塾大学卒業後、国家公務員、コンサルティング会社等を経て、2018年7月、キャッシュレス推進協議会設立時より現職。
      統一コード決済の規格であるJPQRや、各種ガイドラインの策定等、キャッシュレスに関する様々なプロジェクトを協議会会員や関係省庁とともに進める。協議会では、主に年間プロジェクトの運営管理と各検討におけるファシリテーションを担う。

        この記事が気に入ったら

        いいね!

        Share

        おすすめの記事

        TOP