あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレスで便利になればなるほど、
新たに生まれる疑問や不思議。

そんな疑問や不思議の解消を
三井住友カードがお手伝いします。

あなたの毎日に、実りのあるひと時を。

今日はどんな発見があるだろう?
あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

QRコード決済・バーコード決済のしくみと各サービスの特徴を徹底比較

    QRコード決済・バーコード決済のしくみと各サービスの特徴を徹底比較

    近年、急速に広がりつつあるキャッシュレス決済の中でも、QRコードやバーコードを使用したコード決済は大きな注目を集めています。
    これらのコード決済の方法について、そのしくみや支払いの方法、メリットなどを、各社のサービス内容を比較しながら解説します。

    INDEX

      QRコード決済・バーコード決済とは?

      QRコードやバーコードを使用したキャッシュレス決済は、ひとくくりにコード決済と呼ばれています。そこで使用されるコードは、サービスを提供する店舗側の情報や利用者側の支払い情報などに紐付けられていて、コードを通して利用金額とともに読み込むことで、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされるしくみです。

      海外では存在感のあるQRコード決済・バーコード決済

      コード決済に関しては、中国が世界でもトップクラスの普及率です。代表的なコード決済サービスである「Alipay(アリペイ)」の場合、日々の買物や公共料金、保険料の支払いのほか、投資や資産運用の金融商品などもQRコードに対応していて、これさえあれば財布はいらないというほど生活に密着しています。「自分の子供や親戚の子供へのお年玉もアリペイで」というくらい、高い普及率を誇っています。

      日本でのQRコード決済・バーコード決済の動向

      日本では、2016年頃から各社によるコード決済サービスの運用が始まり、LINE Pay、楽天ペイ、PayPayなどが次々に参入。2019年秋から実施された「キャッシュレス・ポイント還元事業」とあいまって、着実に普及が進んでいるでしょう。

      JPQRやマイナポイントなどのコード決済をめぐる新たな動き

      2020年に入り、コード決済に新たな動きが見られています。ひとつは、共通規格「JPQR」の導入です。
      JPQRとは、これまで決済会社ごとに異なっていたQRコードの統一規格のこと。JPQRを使えばひとつのQRコードで複数の決済サービスを使うことができ、利用者にも店舗にも、より便利なものとなりました。
      もうひとつは、2020年9月から実施されている「マイナポイント事業」です。マイナンバー(マイキーID)とキャッシュレス決済を紐付けて利用することで、最大25%(2万円分のチャージや決済利用で、1人あたり最大5,000円分まで)のマイナポイントが還元される制度です。この制度によって、コード決済を含むキャッシュレス決済の普及がさらに進むことが予想されます。

      JPQRのメリット

      QRコード決済・バーコード決済の方法

      コード決済の方法には、大きく2つの方法があります。ひとつは、店側が掲示したコードを利用者が自分のスマートフォンで読み込む「ユーザースキャン方式」。もうひとつは、利用者が自分のスマホ画面にコードを表示させ、それを店側がスキャナーで読み込む「ストアスキャン方式」です。
      どちらも使用する前に、決済アプリをダウンロードしておくことが必須です。

      利用者が読み込むユーザースキャン方式

      ユーザースキャン方式では、店舗側が掲示しているコードを、利用者が自分のスマートフォンの決済アプリで読み取ります。このコードには店舗の情報が埋め込まれており、読み取ることで支払先が指定されます。
      次に、支払金額を入力して店側に確認してもらい、「支払う」「OK」などをタップすれば決済完了となります。

      ■ユーザースキャン方式

      ユーザースキャン方式

      店舗が読み込むストアスキャン方式

      ストアスキャン方式では、利用者がスマートフォンの決済アプリでコードを表示させ、店舗側がそれを読み込み、利用金額を入力して決済します。店側としては、読み取り用に専用のスキャナーやリーダー、スマートフォン、タブレットといった機器を用意する必要がありますが、利用者側はスマートフォンにコードを表示するだけなので手間がかかりません。

      ■ストアスキャン方式

      ストアスキャン方式

      QRコード決済・バーコード決済のしくみ

      店頭で支払いをした後の最終的な決済は、決済アプリのチャージ分から支払われる場合と、紐付けたクレジットカードやデビットカードで決済する場合の2とおりがあります。

      決済アプリにチャージした残額から支払う場合

      あらかじめ銀行口座やクレジットカード、ATMなどから決済アプリの自分の口座にお金をチャージしておけば、そこから決済の度に支払うことができます。これは、電子マネーと同様のしくみと考えればいいでしょう。もちろん、残額が不足していると決済はできません。常に、チャージしてある残高に気を付けておく必要があるでしょう。

      クレジットカードやデビットカードで支払う場合

      決済アプリにクレジットカードやデビットカードの情報を入力しておけば、これらのカードを経由して、銀行口座から引き落として支払うことができます。QRコードやバーコードを使ってはいるものの、本質的にはカード決済と同じと考えていいでしょう。

      数ある決済サービス、どうやって選ぶ?

      市場には多くのQRコード決済・バーコード決済サービスが登場しています。決済の方法やしくみはほぼ共通していますが、それぞれ少しずつサービス内容が異なるため、どれがいいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。
      続いては、QRコード決済・バーコード決済サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。

      支払い方法で選ぶ

      使いすぎを防ぐには、事前チャージができる前払い型がおすすめです。しかし、チャージする手間を避けたいなら、デビットカードを紐付けられる即時払い型や、クレジットカードを紐付けられる後払い型がいいでしょう。

      機能で選ぶ

      仲間との飲み会や食事会、個人同士のお金のやりとりが頻繁にあるなら、割り勘機能や個人間送金機能のあるサービスが便利です。

      ポイント還元率で選ぶ

      コード決済サービスは、利用条件によってポイント還元を受けられることがあります。また、サービスによっては、独自発行のクレジットカードと紐付けることで、コード決済利用時のポイントと、クレジットカードのポイントのいずれも獲得できる場合もあります。

      サービスやキャンペーンで選ぶ

      コード決済は、利用者の拡大やポイント還元のため、各社が独自のサービスやキャンペーンを実施しています。上手に利用すれば、よりおトクにコード決済を使うことができるでしょう。

      おもなコード決済サービスの特徴

      2020年8月時点での、おもなコード決済サービスの特徴についてまとめてみました。なお、決済サービスの中には、ポイントプログラムのあるクレジットカードと紐付けることで、カードのポイントも獲得できる二重取りが可能なものもあります。ポイント還元率がアップするといった、期間限定のキャンペーンなどについては、各種サイトで日頃からチェックしましょう。

      ■おもなコード決済サービスの特徴

      おもなコード決済サービスの特徴

      楽天ペイ

      楽天会員であれば、IDとパスワードの登録のみで楽天ペイを使い始めることができます。また、クレジットカードを紐付けておけば、楽天ペイ利用分のほかにクレジットカード利用分のポイントも獲得できますので、いわゆる二重取りができます。

      • 楽天会員には使い勝手の良いサービス
      • 楽天カードから楽天キャッシュへのチャージ、楽天キャッシュでの支払いで最大1.5%還元

      LINE Pay

      LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」が提供するモバイル送金・決済サービスです。残高を銀行口座振替やコンビニなどで事前チャージし、コード決済、プリペイドカードでの支払いが可能。「Visa LINE Payクレジットカード」を発行し、LINE Payに登録すると事前チャージ不要で利用でき、高還元率のポイントやお得なクーポンが付与されます。

      • 割り勘や個人間送金など、コミュニケーションアプリとしてのつながりを活かした機能を搭載
      • オンラインショッピングや、LINE Pay カード(プリペイド)での支払いもできる

      LINE Payアカウントに登録できるクレジットカードも!
      Visa LINE Payクレジットカード

      PayPay

      PayPayは、ソフトバンクとヤフーの共同出資による決済サービスです。最近、取扱店舗と利用者数を急速に拡大しています。利用額と支払い方法に応じて、ポイント還元率が3段階に変化します。ポイントプログラムのあるクレジットカードと紐付けることで、カードのポイントとの二重取りもできます。

      • 大手チェーン店だけでなく、個人商店でも利用できるところが多い
      • 電気やガス、水道といった公共料金の支払いも可能

      メルペイ

      メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」のコード決済サービスです。決済方法はQRコードだけでなく、ドコモの「iD」にも対応しています。メルカリでの売上でポイントを購入し、買物に使うことができます。

      • iDが使えるため、幅広い店舗で利用可能
      • メルカリでの売上金がない場合でも、銀行口座からのチャージで利用できる

      d払い

      d払いは、NTTドコモによるスマホ決済サービスです。ドコモユーザーであれば、利用額は電話料金と合算して後払いできるため、クレジットカードを持っていない人でも使えるのが大きなメリットです。ポイントプログラムのあるクレジットカードと紐付けることで、カードのポイントとの二重取りもできます。

      • クレジットカードを持っていない人でも、キャッシュレス決済ができる
      • アプリのウォレット機能を使って、支払いだけでなくチャージや送金、クーポン利用ができる

      au PAY

      au PAYは、KDDIが提供するスマホ決済サービスですが、auのユーザーでなくても利用することができます。現金、クレジットカードのほか、Pontaポイントや通信料金との合算請求など、複数のチャージ手段が用意されています。ポイントプログラムのあるクレジットカードと紐付けたうえでチャージし、決済に利用すればカードのポイントとの二重取りができます。

      • Ponta加盟店でのポイント還元率が高い
      • チャージ手段が豊富なので、状況に合わせて選べる

      QRコード決済・バーコード決済のメリット

      QRコード決済やバーコード決済は、簡単に利用登録できます。アプリによっては細かな機能に差があり、できることとできないことはありますが、現金払いにはない多くの利便性を備えています。
      ここでは改めて、コード決済のメリットについて確認してみましょう。

      現金がいらない

      キャッシュレス決済の全体にもいえることですが、コード決済の最大の利点は現金がいらないという点です。チャージしたり、クレジットカードやデビットカードを登録したりすることで、手持ちの現金を気にすることなく、買物や飲食を楽しめます。会計の際に財布の小銭を探る必要もありませんし、釣り銭の小銭で財布が膨れることもありません。

      個人間送金ができる

      複数人での食事会などで支払いをする場合、現金の場合はお釣りを用意したり、お金を回収したりする手間がかかります。しかし、「割り勘」機能が搭載されたアプリなら、1人あたりの金額をすぐに弾き出すことができ、支払いもスマートなので便利です。

      高いポイント還元率

      コード決済の業界では、各社が高いポイント還元をウリに、ユーザーの獲得に励んでいます。たとえ0.5%程度の違いであっても、長く使えばその違いは歴然。どの決済サービスが良いのか決めかねているなら、ポイント還元率の高さで選ぶというのも賢い選択でしょう。

      各種のキャンペーンが頻繁に行われる

      コード決済の場合、各種のポイントアップキャンペーンが盛んに行われ、時には15%や20%、さらにそれ以上の還元率が設定されることもあります。
      また、チャージについても期間限定の高還元サービスが行われていますから、いつどこで、どんなキャンペーンが開催されるのか、チェックしておくといいでしょう。

      見た目以上に高度なセキュリティ要件

      コード決済は、その手軽さとは裏腹に、高度な暗号化技術や国際的なカード情報保護基準である「PCI DSS」への準拠など、見た目の手軽さ以上に、高度なセキュリティの要件が課せられています。
      ただし、どんなに安全性が高くても、不正利用の可能性はゼロではないのも事実です。ID・パスワードの使い回しをしない、設定するID・パスワードの桁数を増やすなど、十分な対策を忘れないようにしましょう。

      店舗側にもメリットが多い

      コード決済は、店舗側にもメリットがあります。ユーザースキャン方式であれば店側の手間が少なく、レジやスキャナーなども必要ありません。また、現金を扱わなくて済みますから、店主が1人で切り盛りする、小規模な飲食店や屋台などにはぴったりの決済方法です。
      実際に福岡市で行われた実証試験では、現金管理の手間や費用がかからないことなどが、店舗側から高く評価されています。

      QRコード決済とバーコード決済はますます普及

      QRコード決済やバーコード決済は、キャッシュレス決済の中でも、まだまだ普及が見込まれています。
      主要な決済会社が参加する規格統一・JPQRは、地域限定の試験導入を経て、2020年7月から全国展開が始まりました。利用者側にとっても店舗側にとっても利便性が上がり、さらに拡大していくことでしょう。

      • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
      • 本記事は2020年8月現在の情報です。

        この記事が気に入ったら

        いいね!

        Share

        おすすめの記事

        TOP