あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレスで便利になればなるほど、
新たに生まれる疑問や不思議。

そんな疑問や不思議の解消を
三井住友カードがお手伝いします。

あなたの毎日に、実りのあるひと時を。

今日はどんな発見があるだろう?
あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

スマホ決済の支払方法やメリットとは?種類別の特徴を比較

    スマホ決済の支払方法やメリットとは?種類別の特徴を比較

    スマホ決済とは、スマートフォンを通して決済をすること。お手軽で安全性にも優れているため、スマホ決済を利用している人も増えています。
    ここでは、スマホ決済のしくみと種類のほか、メリット・デメリットについて解説します。スマホ決済がキャッシュレス化を加速している現状について確認していきましょう。

    INDEX

      スマートフォンが財布になる「スマホ決済」とは?

      財布を持ち歩かなくても、スマートフォンだけでできる決済方法が「スマホ決済」です。現金やクレジットカードを使わず、レジでスマートフォンをかざしたり、QRコードを読み取ったりするだけで支払いが完了します。手軽に使えるため、キャッシュレス決済の普及にもひと役買っており、「近所のコンビニに行くときは、自宅の鍵とスマホだけ」という人も多いのではないでしょうか。

      スマホ決済にはさまざまな種類がありますが、「非接触型IC決済」「QRコード決済」の2つに大きく分けることができます。まずは、それぞれの特徴について確認しておきましょう。

      スマートフォンをかざすだけでOK!「非接触型IC決済」

      非接触型IC決済

      非接触IC決済 イメージ

      非接触型IC決済とは、手持ちのクレジットカードや電子マネーをスマートフォンの決済アプリに登録しておき、その情報をICリーダーで読み込んで決済する方法です。
      非接触型IC決済で決済するときは、お店のレジにあるICリーダーにスマートフォンをかざすだけ。クレジットカードのようにカードを読み込ませて暗証番号を入力して…といった手間がなく、スピーディーに支払いができるため、使い勝手の良さは抜群です。

      あわせて読みたい
      クレジットカードや電子マネーで利用できるスマホ決済のメリット

      非接触型IC決済サービスで広く知られているものとしては、Apple Payや、 Google Pay™ が挙げられます。

      ・Apple Pay

      Apple Pay(アップル ペイ)はAppleが提供する決済サービスで、iPhoneなどのApple製端末で利用できます。国内で発行されている各社の主要クレジットカードやデビットカード、プリペイドカード、SuicaやPASMO定期券にも対応しています。

      あわせて読みたい
      Apple Pay(アップルペイ)とは?クレジットカードやSuica、PASMOなど対応カードの設定方法や利用するメリットを解説

      あわせて読みたい
      iPhoneにクレジットカードを登録して、支払いをスピーディーに!登録方法と注意点

      ・Google Pay

      Google Pay (グーグル ペイ)は、Googleが提供する決済サービスです。 Android™ 端末のうち、 Android 5.0以降、NFC搭載のスマートフォンで利用できます。iD・QUICPayのほか、Visaのタッチ決済も利用できます。
      SuicaやWAON、nanaco、楽天Edyといった複数の電子マネーを登録でき、 Google Pay 上で一元管理できるのが大きな特徴です。残高やポイント確認の際も、それぞれのアプリを立ち上げる必要がありません。
      また、クレジットカードを設定しておくことで、Suicaなどの電子マネーにチャージをすることができます。ただし、一部対応していない電子マネーもありますから注意が必要です。

      Apple Pay、 Google Pay の特徴は、決済アプリにカード情報を登録するのではなく、「トークン決済」といって会員番号そのものが端末に保存されることがないしくみを採用しているため、非常に安全かつプライバシーが守られているのが大きな特徴です。

      普及が拡がる「QRコード決済」

      QRコード決済

      QRコード決済 イメージ
      QRコード決済 イメージ

      QRコード決済は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの決済アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンにQRコードやバーコードを表示させ、店舗のPOS端末で読み取ったりして決済する方法です。

      QRコード決済は、非接触型IC決済のように、クレジットカードやデビットカードをスマホ決済アプリに登録しておき、そこから支払うことができるほか、ATMやクレジットカードから決済アプリにお金をチャージしておくこともできます。
      QRコード決済は、指紋認証や顔認証、ワンタイムパスワードなどを搭載していることが多いため、セキュリティ上の安心感は高く、ほとんどのスマートフォンで利用可能というメリットがあります。
      なお、事業者側にとっては専用のリーダーを用意しなくてもいいものもあるため、導入のハードルが低いという利点もあります。

      3種類の支払いタイミングを知っておこう

      決済には、大きく分けて「前払い」「後払い」「即時払い」という、3つの支払いタイミングがあります。スマホ決済の場合は、どの支払方法を登録しているかによって、支払いタイミングが異なります。
      3種類の支払いタイミング、それぞれの特徴は下記のとおりです。

      あらかじめお金をチャージしておく「前払い」

      前払い(プリペイド)とは、商品やサービスの提供を受ける前に支払いをする方法です。あらかじめお金をチャージしておき、そのチャージ残高の範囲内で支払いができます。交通系ICカードなどの多くの電子マネーや、プリペイドカードがこのタイプです。また、QRコード決済のうち、スマートフォンの決済アプリにお金をチャージして使う場合も、前払いに属します。
      前払いでは、チャージ残高の範囲内でしか使うことができません。そのため、残高がいくら残っているか、常にチェックしておく必要があります。

      使った分を後日まとめて支払う「後払い」

      後払い(ポストペイド)とは、商品やサービスの提供後に支払いをする方法です。代表的な決済方法には、クレジットカードが挙げられます。どのスマホ決済を使うにしろクレジットカードを登録していれば、後払いでの支払いとなります。また、スマホ決済の利用分を携帯料金といっしょに支払う「キャリア決済」も、後払いに属します。
      後払いは、前払いのように残高を気にすることなく利用できますが、使いすぎると、予想外に大きな支払額になってしまうことも。利用履歴を定期的にチェックし、支払総額を把握しておきましょう。

      利用と同時に預金口座から引き落とされる「即時払い」

      即時払いとは、商品やサービスの提供と同時に支払いをする方法です。即時払いで代表的なものは、決済と同時に預金口座から利用額が引き落とされるデビットカードがあります。
      後払いのように銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がない反面、残高を超えての利用はできないため、どれくらいの残高があるのかは、確認しておいたほうがいいかもしれません。

      スマホ決済のメリットとデメリットは?

      スマホ決済には、メリットもあればデメリットもあります。それぞれを正しく理解しておきましょう。

      メリット:速さと手軽さ

      スマホ決済の最大のメリットは、速さと手軽さでしょう。非接触型IC決済の場合、スマートフォンをレジでかざすだけで済みます。QRコード決済の場合はもう少し手間がかかりますが、財布を開いて小銭を探したり、お釣りのやりとりをしたりといった現金での支払いよりもスピーディーに行うことができるでしょう。

      また、利用履歴を管理しやすく、生体認証やワンタイムパスワードによってセキュリティが強固になっています。スマートフォンを紛失してしまったときでも、遠隔操作で利用を停止することができます。さらに、決済アプリによっては、店舗での支払いだけでなく、個人間での送金ができる点も便利です。

      デメリット:サービスに対応していない店舗では利用できない

      決済サービスによって使える電子マネーやクレジットカードが限られていたり、店舗によって利用できない場合があったりと、まだ使える状況が限られているのがスマホ決済のデメリットでしょう。また、通信状況が不安定だと、使えない場合もありますので注意が必要です。

      キャッシュレス化のカギを握るスマホ決済

      スマートフォンをいつも持ち歩くことが当たり前になった現在、スマホ決済はますます普及していくと予想されます。
      スマホ決済は、キャッシュレス化促進のカギを握るともいわれており、スマホが財布に取って代わる時代は、もう目の前にまで来ているのかもしれません。
      スマホ決済のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った決済方法を選びましょう。

      • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
      • Apple、Apple Pay、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。
      • Android 、 Google Pay はGoogle LLCの商標です。
      • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
      • Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
      • QUICpayは株式会社ジェーシービーの登録商標です。
      • PASMOは株式会社パスモの登録商標です。
      • 「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。
      • 本記事は2021年3月現在の情報です。

        この記事が気に入ったら

        いいね!

        Share

        おすすめの記事

        TOP