三井住友カードの不正利用検知システム&会員保障制度のしくみと使い方

三井住友カードの不正利用検知システム&会員保障制度のしくみと使い方

クレジットカード利用の不安要素としてあげられることの多い「不正利用」。

三井住友カードでは、「不正利用検知システム」で24時間365日カードをモニタリング(不審カード利用チェック)するとともに、万が一不正利用が発生した場合は「会員保障制度」に基づき紛失・盗難の届け出日の60日前からその損害を補償(※)しています。

一部の特別なケースを除きます

いざという時に正しく手続きできるよう、「不正利用検知システム」と「会員保障制度」について確認しておきましょう。

不正利用を未然に防ぐ「不正利用検知システム」

不正利用を未然に防ぐ「不正利用検知システム」

お店やネットで、突然クレジットカードが使えなくなったら、どんな原因を思い浮かべますか? たいていの場合、カード本体の故障や利用限度額のオーバー、お店の読み取り失敗などを疑いますよね。しかし、もしかするとそれは「不正利用検知システム」によるアラートかもしれません。

三井住友カードの「不正利用検知システム」では、不正利用のパターンをデータ化し、24時間365日カード利用をモニタリングチェック。過去のパターンと類似した決済が行われた場合は、以下の対応が行われます。

  1. カード利用を保留し、メールか電話もしくはSMS(ショートメッセージサービス)にて連絡
  2. メールもしくは郵送でカードの差し替えを推奨

なお、不正利用の手口は年々巧妙になってきているため、稀に正しくカードを使っていても偶然不正利用のパターンに近くなり、アラートが上がることがあります。

不正利用ではないのにカードの利用が保留された場合は、本人確認が取れ次第すぐに使えるようになるので安心してください。カードの差し替えを推奨する連絡があった場合には、安全のため案内に従って手続きしましょう。

■不正利用のパターン(例)

  • 前に不正利用があった時と同じ、もしくは近しい方法で利用があった場合
  • 同じ人が同じ店で、集中して何度もクレジットカードを利用している場合
  • ほぼ同時刻に複数の店で、同じクレジットカードが利用された場合
  • 同じ人が、離れた場所で短い時間にもかかわらず買物した場合

ちなみに、カードの破損や磁気不良のほか、利用額の上限超過、口座の残高不足で引き落としができなかった場合もカードは利用できなくなります。カードが使えなかったらこれらにも心当たりがないか確認をしましょう。

上記にあてはまらない場合は「不正利用検知システム」による利用保留の可能性が高いので、次に紹介する方法を試してください。

「不正利用検知システム」により利用が保留された場合の解除方法

「不正利用検知システム」により利用が保留された場合の解除方法

カード利用が保留となる理由は、カードが不正に利用されていないかどうかを確認するため。利用したのが本人だと確認できれば保留は解除されます。

反対に本人確認の結果、不正利用が判明した場合はそのクレジットカードは無効となり、新しいクレジットカードが発行されます。不正利用の被害拡大を防ぐためにも、メールやSMS、電話で連絡があった場合は案内に従ってすみやかに手続きをしてください。

フィッシング詐欺にはくれぐれもご注意ください。

また、店頭でカードが利用できず、お店の人から三井住友カードへ電話で問い合わせをした場合は、電話でいくつかの簡単な質問への回答にご協力ください。その場で本人確認が取れれば、カード利用の保留は解除されます。

メールやSMS、電話で連絡がない場合は、他の理由も考えらえます。以下のページより、該当すると思われる対処方法を選択して確認しましょう。

なお、カードの登録情報に電話番号やメールアドレス、現住所を登録・更新していない場合は、スムーズに連絡が取れず本人確認が遅れる可能性があります。登録・更新は必ず行うようにしましょう。

●メールアドレスや住所を登録・変更したい場合

Vpassアプリのメニューから「ご住所や電話番号等の照会・変更」をタップして手続き、または以下ページより「照会・お手続きはこちら」に進んでください。

Vpassへのログインが必要です

変更にあたっては、以下記事も合わせてご覧ください。

●電話番号を登録・変更したい場合

不正利用防止の観点から、電話番号の変更は「電話番号変更届け」の郵送でのみ受け付けています。

Vpassアプリのメニューから「ご住所や電話番号等の照会・変更」をタップして「電話番号変更届のご請求」に進むか、以下より「電話番号変更届け」の請求手続きをしてください。

Vpassへのログインが必要です

なお、登録情報の変更を含む各種手続きにはVpassが便利です。まだの方はぜひ以下より登録を。スマートフォンをお持ちの方はアプリダウンロード後、アプリからの登録がオススメです。

万が一被害にあっても「会員保障制度」があなたを守る

万が一被害にあっても「会員保障制度」があなたを守る

「不正利用検知システム」で不正利用が判明した場合、紛失・盗難により不正利用にあってしまった場合は、「会員保障制度」のサポートがあります。

この制度はカード会社へ届出を行った60日前から損害を補償するサービス。不正に使われたお金の補填を行なっており、不正利用が発覚した後に連絡しても十分間に合うのが特徴です。

「会員保障制度」について詳しくは、お使いのカードの会員規約をご覧ください。

カードの不正利用が疑われる場合は、できるだけ早く「カード紛失・盗難受付デスク」に連絡してください。さらに警察に届け出のうえ、三井住友カードにも所定の書類の提出を。三井住友カードでは、書類の提出を受けて不正利用の有無を調査し、不正利用だと判明した場合には該当する利用分についての請求が取り消されます。

カードの紛失・盗難時に取るべき手順

「カード紛失・盗難受付デスク」は24時間365日いつでも対応しているので、夜中に不正利用の可能性に気づいた場合でもすぐに連絡してください。海外で被害に遭ってしまった時も、電話をすればいつでも日本語で対応しています。

なお、カードの利用停止と再発行の手続きはVpassからもできます。手続きした時点でそのカードは無効となり、第三者も使用できなくなるので、紛失や盗難に気づいたらまずはVpassから利用停止手続きを。紛失・盗難時に取るべき手順について詳しくは以下の記事もご覧ください。

要注意!カードに署名がないと「会員保障制度」を受けられない

カード裏面の署名がない場合、不正利用の被害に遭っても補償対象にならないので気をつけましょう。

「会員保障制度」は万が一の時の損害を補償するサービスですが、会員規約に違反していた場合は補償対象になりません。裏面の署名は会員規約として定められているため、それがないと不正利用されても補償が受けられず、自己負担になるのです。

もしも署名がまだの場合は、今すぐ署名しましょう。署名の意味や重要性については以下の記事をチェック!

「不正利用検知システム」と「会員保障制度」で安心・安全なカード利用を

三井住友カードの「不正利用検知システム」は、不正利用を未然に防ぐためのシステム。もしも「不正利用検知システム」によるアラートを受け取ったら、安全なカード利用のために速やかな本人確認手続きを行ってください。

そして万が一、被害にあってしまったら「会員保障制度」のことを思い出してくださいね。この記事の内容を参考に、明日からも安心・安全にカードを使いましょう。

この記事のキーワード

この記事が気に入ったら

いいね!

この記事をシェアこの記事をシェア

カテゴリの記事一覧を見る

What's new
新着記事

RANKING
ランキング

  • クレジット
    カード
  • ひといき
    コラム
  • いいね!
    人気記事

便利でお得!カード活用術

トピックから探す
活用術の記事一覧を見る

困ったときのトラブル解決法

トピックから探す
解決法の記事一覧を見る

ちょっと
ひといきコラム

公式SNSのご紹介

ヒトトキは、1人ひとりに必要な
コンテンツを取りそろえた
「情報マルシェ」。

便利でお得な「カード活用術」はもちろん、
困ったときの「トラブル解決法」で
安心・解決をサポート。
三井住友カードの
新たなサービスや取り組みについても
お知らせしてまいります。
さらに「ちょっとひといきコラム」では
暮らしを彩るさまざまな情報をお届けします。

三井住友カードと共に
過ごしていただく時間が、
笑顔あふれる”ひととき"
でありますように。

Have a good time.

閉じる

閉じる