今月のメッセージMessage

ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。

明日海りお 今月のメッセージ  このメッセージがアップされるころには、『ポーの一族』東京公演も閉幕していますね。ご観劇いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 今作はさまざまな方の思い入れが詰まった作品でしたし、初めて宝塚歌劇をご覧になるお客様も多くいらしたので、毎回をベストの公演にしたいという思いが、いつもよりもさらに強かったです。それが強ければ強いほど、自分に課すプレッシャーや期待みたいなものが厚くなっていきましたが、むしろ花組がこの作品に出合えたことの幸せを感じながら公演していました。そして、初めて宝塚をご覧になった原作ファンのお客様から、「宝塚で舞台化してくれて良かった」というお手紙をいただき、とてもうれしかったです。


 大劇場と同様に、新鮮さがなくなったり、回によってばらつきが出ないよう、このシーンがあっさりし過ぎているのではとか、流れが少し悪くなっているなど、毎公演みんなで話しながら進めていました。
 ゆきちゃん(仙名彩世)演じるシーラとの出会いのシーンも、私は少年らしい若さを求められ、ゆきちゃんもプロローグ後の最初の出番なので、2人とも力が入りがちでした。お客様まで力ませてしまわないように、そして2人がバンパネラになってからは話がどんどんダークになっていくので、このシーンは明るい雰囲気になったらいいなと思って、作っていました。アランを演じるれいちゃん(柚香 光)とも、オーケストラと自分たちの芝居のテンポのバランスなど、互いの感覚を共有できる確率が、日を追うごとに高まっていました。

エドガー役を通して得た、初めての感覚。

 エドガーという役を通して、空間のつかみ方、役としての存在の在り方を、落ち着いて計れるようになった感じがしました。いつもの公演では先頭に立って、前へ前へという感じでしたが、逆に一歩引くことにより、自分がどうあればいいのか見えてきた気がします。それは、役者に表現を任せつつも、細部まで行き届いた繊細な小池修一郎先生の演出、そして組子の頼もしい熱演があってこそなのですが、引いてみると、その日のお客様の雰囲気、流れている空気がつかみやすいことを発見。これまでにはなかった感覚でしたね。

 この数カ月間エドガーとして生きてきたので、千秋楽が間近に迫ると寂しいような不思議な感じがあります。エドガーがもし本当に生きているとしたら、私1人だけが違う世界に戻って、彼を置き去りにしてしまうような……。例え彼がいたとしても、私のことなんて知らないとは思いますが(笑)、また1人ぼっちにしてしまうような罪悪感があります。

たくさんのOGの方との、変わらない繋がり。

明日海りお 今月のメッセージ  東京公演にも、たくさんのOGの皆様が来てくださいました。花組OGのオサさん(春野寿美礼)、ゆうさん(真飛 聖)、壮一帆さん、桜乃彩音さんはタイミングを合わせて一緒にご観劇くださいましたし、ヤンさん(安寿ミラ)やまゆさん(蘭寿とむ)、らんちゃん(蘭乃はな)、そしてタモさん(愛華みれ)、稔 幸さん、真琴つばささんもお越しくださいました。
 真琴さんとは、なんとCSの「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の番組で、対談させていただきました。ファン時代に最初に拝見した公演のトップスターさんで、私にとっては「トップさん=真琴さん」でしたので、とても緊張しました。ご観劇いただくときも、自分が舞台にいて真琴さんが客席にいらっしゃることが、なんて不思議なんだろうという感覚でしたが、このお仕事で初めて長時間お話させていただき、うれしかったです。上着の捌き方などの仕草はもちろん、話術や考え方も大変参考になりましたし、トップとして何が大変で何がうれしいとか、共通するところもたくさんあったので、宝塚の歴史を感じて感動しました。詳しくは番組をご覧いただければと思います(笑)。

 そして、あさこさん(瀬奈じゅん)の舞台姿も久しぶりに拝見することができました。2月に行われていた『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』という、面白くもとても考えさせられる素敵な作品でした。あさこさんは出ずっぱりのお役だったのですが、感情を湧き上らせるところと、ほかの方が軸になって物語が進んでいるときの舞台での存在の仕方、その塩梅がさすがの一言。「あぁ~あさこさんのお芝居だぁ」という懐かしさと、それをさらに極めていかれているところが本当にすごい! 楽屋であさこさんの近況をお聞きしたり、いろいろなことをお話させていただけて、すごくうれしかったです。
 東京公演はさまざまな方とお会いできる機会でもありますし、花組の家族感、宝塚の変わらない繋がりを感じられて、とても幸せでした。

※このメッセージは、3/19(月)に届いたものです。

or紅葉?

紅葉も好きですが、やっぱり桜。寒いのが苦手なので、まず菜の花が咲くと「もう少しで暖かくなる」と期待感が増して、梅が開花するとすごくうれしくなる。そして、ついに桜が咲くと「おめでとう! 春だ!」と(笑)、本当にうれしい。宝塚は花の道、川沿い、阪急沿線にも咲いていますし、宝塚南口駅周辺もきれいなところがたくさんあって、幸せになりますね。

中大兄皇子or大海人皇子?

以前、全国ツアー公演『あかねさす紫の花』に出演したときは、断然、大海人皇子派でした。でも最近作品を見返してみたところ、国を背負う中大兄皇子の素敵さ、魅力に気が付いてしまいました。つい大海人皇子を応援したくなりますが、「中大兄皇子の辛さもわかって~!」と(笑)。お稽古に入って変わるかもしれませんので、どうぞ博多座公演をお楽しみに……。