宝塚歌劇団・花組トップスター 明日海りお
明日海りおプロフィール

今月のメッセージMessage

花組公演、ご観劇いただき、ありがとうございました。

明日海りお 今月のメッセージ
 このメッセージが更新されるころには閉幕している、花組公演『邪馬台国の風』『Santé!!』。ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。

 今作は2本ともオリジナル作品でしたので、みんなで話し合いながらゼロから作り上げた公演でした。今作が大劇場でのトップ娘役お披露目公演となったゆきちゃん(仙名彩世)は、頑張ろうとしてくれて力が入ったり、緊張しているのを感じるときもありました。そういう感情はいましか出てこないものなので大切にしつつ、少しでも気持ちが楽になったらいいなと思って、声をかけたことも。タケヒコとマナとして演じていても、公演を重ねることでお互いの癖がわかり、ペースがだんだんとつかめてきました。例えば、「2回公演ではどちらの回がこういう感情が流れやすい」「こういうときはここに力が入りやすい」など、2人でだいぶ分析できるようになったのが、とても良かったです。
 最初にマナとして出会ったときは、透き通った存在感で、歌声を重ねていくうちに惹き付けられました。その印象と、ヒミコとなったマナに別れを告げるときとでは、まったく受けるイメージが違う。とても意志があり、仕草や佇まいからして女王になったのだな、と。だからこそ、タケヒコとしても人のため、自分のために海を渡ることができるという気持ちになり、自然と演じることができました。

 キキちゃん(芹香斗亜)のクコチヒコは、普段のキキちゃんとは同一人物に見えないほど。役になりきっていて、強者の雰囲気を感じました。でも、タケヒコとしては負けそうだとは思っていないですよ(笑)。自分と対等に戦える人が現れたという印象。黒っぽい役をキキちゃん自身も楽しんでいて、それが良い方向に舞台に出ていたのではないかなと感じました。
 そして、れいちゃん(柚香 光)をはじめ、マイティ(水美舞斗)、みれいちゃん(城妃美伶)ら仲間たちは、みんな本当の仲間のようにいつも気にかけてくれました。「今日のあの場面の位置取りが少し良くなかったな」とか「テンポがいまいちだったかな」と感じ、でも一回様子を見てみようと思って黙っていても、3人のうちの誰かが絶対にそれに気付いてくれるんです。「私たちできることありますか?」と聞いてくれたりして、それが本当にすごいな、と。芝居を良くしたいという思いが強くなりましたし、私と似た感覚になってきてくれて、心強いです。

 そして、専科のけいこさん(美穂圭子)、マギーさん(星条海斗)とは、残念ながらお芝居では絡むシーンはなかったのですが、けいこさんの存在感、マギーさんの空間を埋める力など、拝見していてとても勉強になりました。ショーのエディット・ピアフの場面も、あのドラマティックで濃厚な場面はお2人だからできる表現だと思います。組子たちも周りでお芝居させていただき、世界観を味わいながら頑張ってくれていました。
 銀橋でご一緒した場面は、本当にうれしかったです。お2人とも、ワインを飲ませるのがとても楽しそうで……(笑)。アイコンタクトをしながら演じられましたし、お客様の手拍子にも乗せていただいた、大好きな場面です。ほかにも、大切な黒エンビのシーン、男役冥利に尽きるジゴロの場面など、盛りだくさんのショーでいろいろな経験をさせていただきました。

念願のお花屋さん、始まります!

明日海りお 今月のメッセージ
 10月9日より、TBS赤坂ACTシアター公演『ハンナのお花屋さんーHanna's Floristー』が始まります。まだお稽古はこれからですが、先日制作発表を行いました。いつもは歌唱披露が中心ですが、今回はパソコンなど小道具も使い、少しお芝居を挟みながらのパフォーマンスでした。会場は生花で彩ってあり、ピアノとバイオリンの生演奏だったので、制作パーティーのような少しエレガントな空間になったのではないかなと思っています。
 私が演じるのは、現代のデンマーク人フラワーアーティスト。トップに就任してから現代物は上演していないですし、シンプルなスーツを着た、まゆさん(蘭寿とむ)の退団公演『ラスト・タイクーン』で演じた役とも時代も年齢設定も違うので、すごく久しぶりとなる役柄です。コスチューム物と違って動きやすいですし、心と感覚が自分と近い。ナチュラルな感情で役に入っていけたので、お稽古するのも楽しみです。
 花好きの私にとっては、念願のお花屋さん。いつもお稽古前に資料を集めて調べますが、今回は役作りという名目のもと(笑)、普段通りにお花屋さんにも行けますし、資料を読むのも発見があって楽しい。それに、お芝居が大好きになった『THE LAST PARTY』を作られた植田景子先生とご一緒できるのも、とてもうれしいです。景子先生の世界観のなかで、お稽古に励んでいきたいと思います。

 そして、制作発表後にTBSの番組収録があり、景子先生とゆきちゃんとともに軽井沢に行きました。翌日の午前中はオフだったので、そのまま軽井沢で過ごしました。まず、空気が本当においしい。買い物をしたり、量り売りのチーズを買ったりして、満喫しました。おそばもおいしかったです。カモミールやレモングラスなどの良い香りの摘みたてハーブもいただき、家でお茶にしたり、お風呂に入れて楽しみました。やはり緑も多いので、気温以上に涼しく感じますね。東京に昼過ぎに戻ってきたのですが、暑いですし、空気が全然違う(笑)。少しでも軽井沢の涼を感じてリラックスできて、良かったです。

※このメッセージは、8/21(月)に届いたものです。