今月のメッセージMessage

横浜アリーナ公演『恋スルARENA』、いよいよ始まります。

明日海りお 今月のメッセージ  6月25・26日に横浜アリーナで行うコンサート『恋スルARENA』のお稽古が始まりました。まずはポスター撮影のことからお話ししようと思います。
 これまでに着たことのないような鮮やかなお衣裳ですが、いかがでしょうか? 作・演出の齋藤吉正先生のイメージは、デヴィッド・ボウイ。そのイメージをどこかに残しつつ、当日お衣裳を着てヘアメイクを進めていくなかで、撮影していきました。これまでの作品ですとお芝居の役のイメージがありますし、全身が写るものも少なかったので、今回のような構図の場合、どういう風にしたらバランスが良くなるのかなと、難しくて……。どんな感じだろうかと、撮影した写真が表示されるモニターをチェックしている時の体の角度がすごく良かったらしく、カメラマンさんがその瞬間を撮ってくださったんです。そのときの写真がポスターに使用されました。

 コンサートのコンセプトは、タイトル通り。同じ空間にいる皆さんに恋をしていただくというのがテーマで、恋にちなんだアップテンポなナンバーを冒頭からお届けします。実はポスターでも、ハートの花びらに矢が刺さったアイテムを胸に付けているんですよ。

 まだ全貌は明らかになっていないのですが、J-POPが多くなると思います。THE YELLOW MONKEYさんや、SHISHAMOさんなどの恋の曲のほか、齋藤先生の出身地でアリーナもある横浜にちなんだ曲も。代表的な名曲から、出身アーティストの方の曲のほか、山崎まさよしさん、サザンオールスターズさんの曲なども歌います。宝塚で歌った曲を黒エンビに身を包んで披露するコーナーもあり、私が選曲させていただくのですが、どれにするのかまだ悩み中です(笑)。

 お稽古が始まったばかりなのですが、とにかく譜面の厚みがすごい(笑)。昨年、舞浜アンフィシアターで行った『Delight Holiday』や、先日の『CASANOVA』も膨大な楽曲がありましたが、今回はそれに勝る量になりそうです。普通の店では売っていないような大きなリングを買い、それで譜面を留めているのですが、2作品はとても入らない量なので、泣く泣く『CASANOVA』の譜面を外しました。寂しかったですが、いよいよコンサートが始まるのだなという感じがしました。

衣裳や映像にもこだわったコンサートに。

明日海りお 今月のメッセージ  先生がモニター映像にも凝っていて、映像でも楽しんでいただけるようにと、先日イメージ映像を撮影しました。その映像や、ドラマ風のもの、稽古場のメイキングなどがバックに流れると思います。あとコンサートといえば、客席下り。会場がとにかく広いので、どこまで行けるのかわかりませんが、トロッコに乗ったり、高い位置に行くこともありそうなので、楽しみにしていただけたらと思います。

 今作では、衣裳デザインにも少し関わらせていただいていて、オープニングの衣裳のアイデアや希望を先生にお伝えしました。キャップを被ることや、ビニールのような素材をポケットの部分に付けたらどうかなど、いろいろと提案しつつ、いま作っていただいてます。娘役さんの衣裳も、襟付きのミニドレスで男役とおそろいの部分があったり、とてもかわいいカジュアルな雰囲気になると思います。

『Delight Holiday』のお稽古のときは、ショーを作っていくような感覚で始まり、それがだんだんとゆきちゃん(仙名彩世)たち娘役さんのお芝居のナンバーが入ったり、MCの場面によってディナーショーのような空気感が出てきましたが、今回はどうなるでしょうか。
『Delight Holiday』では、ジャズ、平成メドレー、ディズニー、宝塚と場面ごとにカラーが違っていましたし、宝塚らしく、男役らしく、自分らしくあることを意識していて、宝塚で上演するショーという感じで、演じている感覚がありました。でも今回のアリーナでは、歌う曲もJ-POPが多く、より芸名の自分としてお届けする感じが強くなるのでは、と。衣裳や曲によって、いろいろと変化しつつも、自分のエッセンスを打ち出していくことになるのではないかなと思います。
 皆様もどうぞお楽しみになさってください。アリーナでお待ちしています!

みやちゃんが退団した月組公演を観劇しました。

 このメッセージが更新されるころには、同期のみやちゃん(美弥るりか)が退団をしていると思います。先日の大劇場公演で、退団公演の『夢現無双ー吉川英治原作「宮本武蔵」よりー』『クルンテープ 天使の都』を観劇しました。
 芝居でもたくさん立ち回りがありましたし、ショーもセリ上がりなどの登場の仕方にさよなら色が満載で、それにどんと応えて立つみやちゃんがすごくかっこよかったです。華奢ですが、ほかの人にはない特別な魅力がある、おしゃれで洗練された男役さん。ここまで築き上げてきたものの完成形を観ることができて、本当にうれしかったです。みやちゃんは「同期が頑張っているから、その姿を見てここまで頑張れた」と言っていてうれしかったのですが、私も退団を前にすると、改めてそう感じます。

 私が月組時代、みやちゃんが2012年に組替えとなり、『ロミオとジュリエット』で初めて同じ舞台に立ちました。そのお稽古初日、みやちゃんがマーキューシオ役、私がティボルト役で、最初の登場が両家の諍いのシーンだったんです。にらみ合ってつかみかかるような動きのある場面で、それをまずやってみてと言われたのですが、2人とも普段からそんなことは全然しないので(笑)、突然つかみかかることができなくて……。2人とも大きな役をいただいていて、まさきさん(龍真咲)のお披露目公演で大切なときに、なんでパッとできないのかと、みやちゃんが月組にきた初日に2人して先生にすごく怒られてしまいました(笑)。そこからしっかりお稽古しましたが、いま思うと笑い話ですね。
 皆が仲間であると同時にライバルとしてやっている世界にも関わらず、みやちゃんは最後まで本当に朗らかで優しくてふわふわしていて、一緒にいると面白くて和みますし、本当に出会えて良かったなと思います。

 その公演では、りょうちゃん(珠城りょう)が武蔵を演じていました。芝居を最初から引っ張っていかなければいけない役柄ですし、さまざまに盛り込まれたエピソードを自分で消化していかなければならないので、演じるのにエネルギーがいるんだろうな、と。それを毎日やっているんだと思ったら、やっぱりりょうちゃんはすごくエネルギッシュだなと思いました。相手役の美園さくらちゃんも、身体のラインがすごくきれいで、りょうちゃんともとても似合っているなと感じました。
 ほかにも、宙組公演『オーシャンズ11』や花組公演『Dream On!』なども観たので、それはまた来月にでもお話ししますね。

※このメッセージは、5/21(火)に届いたものです。

●洋楽or邦楽

いまは、邦楽ですね! やっぱり今回の横浜アリーナ公演『恋スルARENA』でも、日本のポップスをたくさん歌いますし、いろいろな時代のものを聴いている最中です。普段は、ジャズとかクラシックとかを聴くことも多いですし、洋楽のポップスも好きです。でもアーティストが多すぎて、頑張って探さないといけないので、どうしてもそのときに流行っているものになりがちですね。とにかくいまは、アリーナ公演で使う邦楽を中心に聴いています。

レインコートor傘?

傘があまり好きではないので、レインコートで。私、ほとんど雨に降られないので、ここ何年も傘を持ち歩いたことがないんです。東京公演にも傘は持っていきません。折りたたみ傘なんて、持ったこともないです(笑)! 持ち歩いている方を見ると、ちゃんとしているな、と。例え雨が降ったとしても、少し走ればいいし、お茶して待とうかなという感じです。万が一、テーマパークなど雨でも外で過ごさなければならない場合はレインコートで歩きたいですね。