冠協賛公演特別コーナー
三井住友VISAカード シアター『ベルサイユのばら』ーフェルゼン編ー
制作発表
出演者インタビュー
舞台写真レビュー
これまでの協賛公演
『ベルサイユのばら』ーフェルゼン編ー出演者インタビュー
壮 一帆

 『ベルサイユのばら』の出演は、今作で6度目となりますが、フェルゼンを演じるのは初めてです。学生時代に劇画を読んだときには、数多く出てくる魅力的な男性のなかでも、フェルゼンはいかにも“少女漫画のヒーロー”というような印象でした。
 今回演じるにあたって、いままで演じてきた『ベルサイユのばら』のなかの男性との差を明確に出すことによって、私のフェルゼン像が浮かび上がればと考えています。アンドレとも、身分違いの恋に苦しむ部分は似ていますが、フェルゼンは身の危険を顧みずに王妃を救出しようとする。そんな煮えたぎる熱さなど、軸となるものを早くキャッチして、役の太い柱を作り上げていきたいと思っています。

 そして、演じ手の個性が出るのも、宝塚で長年上演されてきた作品としての醍醐味の1つだと思うので、新たな歴史の1ページを刻むことができれば、こんなにうれしいことはありません。欲を言えば、あのときの壮のフェルゼンが良かったと1人でも多くの人に言っていただけるように、頑張りたいです。

 この作品の魅力は、緞帳が開いて、パッとライトが点いた瞬間のお客様の「わぁ!」という歓声に凝縮されているのではないでしょうか。この華やかさがまさに『ベルサイユのばら』ならではですし、イコール宝塚ならではだと思います。

 なかでも「フェルゼン編」は華麗な宮廷場面に加え、オスカルとアンドレの名場面など見どころが集約されています。そして今回は、特別出演の3人が出るときと雪組だけのときとで2バージョンあるので、それぞれをじっくりと堪能していただければと思います。

愛加あゆ

 2006年の雪組「オスカル編」には、プロローグで「ご覧なさい」と歌う小公女役で出演させていただきました。そのときは、とにかくかわいらしく華やかにということを大事にして、毎日舞台に立っていました。このプロローグをはじめ、本当に煌びやかな宝塚らしい世界観で、大好きな作品です。
 そんな作品で、しかもマリー・アントワネットという、娘役なら誰でも憧れるような大役を演じさせていただけることはとてもうれしい反面、プレッシャーもあります。

 「オスカルとアンドレ編」などでの市民側から見たマリー・アントワネットは敵のように思われていますが、今作の「フェルゼン編」はまた違う視点で描かれています。これまでさまざまな先輩方が素敵に演じられてきた役ですので、私も資料などを見て勉強させていただき、1人の実在した女性としての生き方、フェルゼンへの愛、結末にいたるまでの流れをどう表現していくのか、深めていければと思っています。

このページのトップへ戻る