VISA 三井住友VISAカード

制作発表

左から、月組・愛希れいか、潤色・演出・小池修一郎、三井住友カード代表取締役社長・久保健、宝塚歌劇団理事長・小川友次、月組・珠城りょう。

 三井住友VISAカード ミュージカル 月組公演『エリザベートー愛と死の輪舞(ロンド)ー』の制作発表が、5月8日、東京都内のホテルで行われました。

 1992年にオーストリア・ウィーンで初演し、'96年に宝塚歌劇が日本初演した名作。上演回数1,000回を超える、代表的なミュージカルとして不動の人気を誇ります。 記念すべき10作目は、月組で上演。トートに珠城りょう、エリザベートには今作で退団を発表している愛希れいか。皇帝・フランツは美弥るりか、暗殺者のルキーニは月城かなと。皇太子・ルドルフは、若手ホープの暁千星と風間柚乃が抜擢され、役替わりで演じます。実力、話題性十分のキャストが勢ぞろいしました。

 冒頭、まずエリザベートの代名詞である白いドレスを身にまとった愛希が登場。「私だけに」を堂々と歌い上げました。その後、珠城がステージに現れ、「最後のダンス」を披露。パワフルかつワイルドなトート像が垣間見られるパフォーマンスで魅了しました。
 続く会見では、今作を育て上げてきた潤色・演出・小池修一郎が「いまの月組はユニークで面白い。まだ固まっていないのが魅力なので、定番の作品でどう変化を遂げていくのか楽しみ」とコメント。珠城のトートには「時に世界を滅ぼす力をもつ、エネルギッシュな死を演じ切れる」、愛希のエリザベートには「儚げなのに力強い。その両方の接点を表現できる」と期待を寄せました。

 珠城は、「自分にないものに挑戦できるのは役者冥利に尽きる。意欲が湧いてきます。諸先輩方がつないでこられた息吹を感じつつ、いまの自分、月組にしかできない作品をお届けできたら」と気合い十分。トートに関しては、「物語のなかで一番純粋かつ人間らしい」と解釈を語りました。愛希は、「これまで見守ってくださったすべての皆様に感謝の気持ちを込めて、私にしかできないエリザベートを演じられたら。彼女が強くなる前の少女の部分を大切にしたい」と話しました。  

 質疑応答で好きな歌を尋ねられ、珠城は「最後のダンス」と「私が踊る時」をチョイス。前者は「1曲歌うだけでもハード。本番に向けて感情を乗せて歌えるようにしたい」、後者は「エリザベートの強さ、トートの強いけど儚い部分が出ている、壮大で切ない曲」と表現しました。愛希も披露した楽曲「私だけに」を選択。「音楽が心情を表している素晴らしい曲。憧れの楽曲だけどエネルギーが必要で難しいので、練習したい」と語りました。ほかには、エリザベートの根本が表れる楽曲として「パパみたい」を挙げました。

 お互いのことを「愛希は舞台に対して妥協しない精神をもつ、努力の人」、「珠城さんは懐が大きく、舞台に真っ直ぐ誠実に向き合っている。やわらかいお人柄も魅力」と表現。「心をぶつけあいながら舞台を作ってきた」(珠城)、尊敬し合うトップコンビ。そんな2人を中心に、個性豊かで芝居巧者がそろう月組ならではの舞台に期待が膨らみます。
 宝塚大劇場公演は、8月24日~10月1日まで、東京宝塚劇場公演は10月19日~11月18日まで。