冠協賛公演特別コーナー
三井住友VISAカード ミュージカル「エリザベートー愛と死の輪舞(ロンド)ー」
制作発表
出演者インタビュー
演出家インタビュー
舞台写真レビュー
これまでの協賛公演
「エリザベート」ー-制作発表
左から、宙組・実咲凜音、朝夏まなと、宝塚歌劇団理事長・小川友次、三井住友カード代表取締役社長・久保健、潤色・演出・小池修一郎、演出・小柳奈穂子。
 
 三井住友VISAカード ミュージカル 宙組公演『エリザベートー愛と死の輪舞(ロンド)ー』の制作発表が、4月15日、東京都内のホテルで行われました。

「ベルサイユのばら」ー-制作発表 『エリザベート』は'92年にオーストリアのウィーンで初演し、その後宝塚歌劇が'96年に日本初演。皇妃エリザベートと、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)の数奇な運命を、ドラマチックな楽曲で紡ぐミュージカルは大ヒット。以来再演を重ねて観客動員数216万人を誇る代表的な作品となり、今作の公演初日で上演回数900回を迎えます。

「ベルサイユのばら」ー-制作発表 9作目となる今作は、朝夏まなと率いる宙組による上演。トート役に朝夏、エリザベート役には実咲凜音、皇帝フランツ・ヨーゼフには真風涼帆、狂言回しのルキーニには愛月ひかるが挑み、皇太子ルドルフは澄輝さやと、蒼羽りく、桜木みなとの3人が役替わりで演じます。

 パフォーマンスでは、スタイリッシュなコスチュームに身を包み、紫がかった黒髪をなびかせる朝夏トートが「愛と死の輪舞」を歌唱。そして白いドレスをまとった実咲とともに「私が踊る時」を歌い、『エリザベート』の世界観を作り出します。

「ベルサイユのばら」ー-制作発表 続く会見では、「これまで8人のトートがいたが、朝夏のトートはいろいろなものを削ぎ落とし、核心を突いている。正直に申し上げて想像以上でした」と小池修一郎がコメント。「先輩がやってきたことをブレンドするというより、突き抜けて原点にかえっている感じで新鮮なトート像だったので、これからの仕上がりが楽しみ」と語りました。実咲のエリザベートに対しては「キャリアがあるから満を持してだが、とても緊張感を強いられる役。朝夏のトートに対して、存在しうるエリザベートであって欲しい」。「突き抜けて破綻があってもいいので、おもしろいエリザベート像を」と期待を掛けました。
 演出助手として長年かかわってきた小柳奈穂子も、「ビビットな『エリザベート』が生まれるのではないか。力になれるよう頑張りたい」と意気込みを語りました。


 入団1年目の2002年花組公演に出演した朝夏は「初台詞をいただいた、思い入れのある作品。トートに挑戦するのはプレッシャーがありますが、先生がおっしゃった核心を突いた削ぎ落とされたトートとは何か、自分なりに考えて、突き詰めていきたい。体当たりでぶつかり、楽しんでいただける作品を」と力強く語りました。実咲は「日本初演20周年という記念すべき年に携われることは、本当に奇跡。目の前の壁は高いですが、新たなエリザベートをお届けできるように取り組んでいけたら」と話しました。
「王家に捧ぐ歌」-制作発表

 「トートに挑むことは挑戦。いままでのイメージをガラッと変えられるようなトートを」(朝夏)、「朝夏さんのトートに対するエリザベート像の追求を、魂すべてを注ぎ込んでやりたい」(実咲)と語るトップコンビ率いる、宙組公演。新たな歴史の1ページが刻まれるに違いありません。

 宝塚大劇場公演は、7月22日~8月22日まで、東京宝塚劇場公演は9月9日~10月16日まで。

このページのトップへ戻る