冠協賛公演特別コーナー
三井住友VISAカード ミュージカル「エリザベートー愛と死の輪舞(ロンド)ー」
制作発表
出演者インタビュー
これまでの協賛公演
『All for One』-制作発表
左から、月組・暁 千星、宇月 颯、美弥るりか、脚本・演出・小池修一郎、宝塚歌劇団理事長・小川友次、三井住友カード代表取締役社長・久保 健、月組・珠城りょう、愛希れいか、月城かなと、専科・沙央くらま
 
 三井住友VISAカード シアター 月組公演『All for One』の制作発表が、5月31日、東京都内のホテルで行われました。

『All for One』-制作発表 『All for One』は、古典の名作と名高い、アレクサンドル・デュマの「三銃士」を基にした、ロマンチック・アクション・ミュージカル。ダルタニアン役にトップスターの珠城りょう、ルイ14世役にはトップ娘役の愛希れいかを配し、新たな発想で描かれる浪漫活劇となります。


『All for One』-制作発表 会見に先立って行われたパフォーマンスでは、珠城、愛希をはじめ、三銃士のアラミス役の美弥るりか、アトス役の宇月颯、ポルトス役の暁千星、オリジナルキャラクターであるベルナルド役の月城かなと、モンパンシエ公爵夫人を演じる専科・沙央くらまという、個性豊かなキャラクターが次々に登場。主題歌に乗せ、芝居仕立ての迫力あるパフォーマンスで世界観の一端を披露しました。

『All for One』-制作発表 続く会見では、3年ぶりに新作を書き下ろす小池修一郎に期待が集中。「三銃士」は世界中でさまざまなバージョンがあり、宝塚でも50年以上前に大胆な脚色で上演されたことに言及。「史実と史実ではない部分を混ぜているので、“とんでも三銃士”と言われるかもしれないけれど、いまの月組メンバーならではの『All for One』を作りたい。エンタメ性が高く、夢のある、幅広い世代に楽しんでもらえる娯楽作品をお届けしたい」と話しました。物語のカギを握る設定をもつルイ14世にトップ娘役を当て、原作とは違う時代背景とするなど、意欲的で自由な「三銃士」のアイデアに、想像が膨らむばかりです。


「三銃士」など冒険活劇が大好きと言う珠城は、「誰かのため、皆の幸せを勝ち取るために頑張るという強いメッセージをお届けしたい。月組メンバーとともにパワフルな作品に」と挨拶。2作目の大劇場公演となる愛希とのコンビについてもふれ、「私と愛希だからできる作品になると思うので、楽しみにしていただきたい」と力強く語りました。
 ルイ14世役という配役に話題が集まっている愛希は、「うれしさと緊張、ワクワク感、どうなるのかなという気持ちが混じっていますが、小池先生のファンタジーの世界観をもつ作品に出演できることが幸せ。たくさんのお客様に夢と希望を感じていただける舞台になったら」と話しました。

「世紀の色男」と呼ばれるアラミスを演じる美弥は、「ダルタニアンと一緒に“正義”の一員になれることが楽しみ。新たな役に、もっている力以上のパワーやエネルギーを出して挑んでいきたい」とコメント。今作が月組生としての大劇場公演デビューとなる月城は、「組替えになって初めての大劇場作品。組の空気を感じて皆様に楽しんでいただける作品になるように頑張っていきたい」と語りました。
『All for One』-制作発表

 世界中で愛される古典が、日本を代表する演出家である小池の手によって、どう甦るのか。大胆な設定と宝塚らしいファンタジーが融合する、新たな「三銃士」の世界。大らかさが魅力の若きトップスター・珠城、稀有な存在感を放つ愛希のトップコンビ率いる、エネルギッシュな月組の魅力が反映された作品の誕生に、期待が高まります。

 宝塚大劇場公演は、7月14日~8月14日まで、東京宝塚劇場公演は9月1日~10月8日まで。

このページのトップへ戻る