クレジットカード会社の選び方は電話サポートが安心

おすすめのカードと作り方

クレジットカード会社の選び方は電話サポートが安心

クレジットカード会社の選び方は電話サポートが安心

クレジットカード会社を選ぶときには、ポイント還元率やカード会員特典、年会費ばかりを重視してしまいがちですが、それぞれのクレジットカード会社がどのようなサポート体制を設けているのかということも少し注目しておきましょう。今回は、クレジットカード会社を選ぶ前にチェックしておくべきポイントについて詳しく解説していきます。

サポートが万全なクレジットカード会社を選んだほうがよい理由

クレジットカード会社のサポートと言っても、日頃普通にクレジットカードを利用しているだけでは、なかなか活用することはないはずです。ではなぜクレジットカード会社を選ぶときに、サポートが万全かどうかを重視する必要があるのでしょうか。

その答えはとてもシンプルです。サポートに力を入れている会社は、いざという時に、あなたのお金をしっかり守ってくれるからです。

電話応対のサポート体制を万全にするためには、そのしくみづくりやオペレーターの教育などをする必要があります。そうしたことにコストをかけて取り組んでいるのかどうかで、お客さまをどれだけ大切に考えているのかを判断することができるはずです。

クレジットカード会社選びで押さえておきたい電話応対のポイント

万が一、クレジットカードの盗難や紛失をはじめとするさまざまなトラブルが発生した場合、まずはそのクレジットカード会社のお客さまサポートへ電話をすることになります。そこで重要なのが、電話が24時間応対であるかどうかと、電話がつながりやすいか、ということ。不測の事態というのはいつ起こるかわからないものです。特に、盗難や紛失といったトラブルの際には、被害の拡大を防ぐためにもできるだけ早く対応してもらう必要があります。365日24時間いつでも、海外からでも連絡がつながるシステムでなければ意味がないのです。

「充実したサポート体制」とは?

三井住友カードでは、お客さまにいざという時にもご安心いただけるようなサポート体制を設けています。その内容を詳しくご紹介していきます。クレジットカード選びの際、ぜひご参考ください。

1.24時間、いつでもどこでも繋がる体制づくり

三井住友カードでは、盗難や紛失などのトラブルに対しては専門デスクを設けていて、24時間、年中無休、オートコレクトコールで対応しています。また、クレジットカードの不正利用を防ぐためにも、過去の不正利用のパターンと類似したクレジットカードの利用があった場合に、クレジットカード利用を保留する「カード不正使用検知システム」も導入していますので、安心してご利用していただくことができます。

2.顧客体験価値(CX)向上のためのしくみづくり

三井住友カードでは、サポート体制の課題を抽出して改善していくために、「トランザクションNPS(T-NPS)」を導入しています。

これは、電話をされたお客さまに対し「弊社の商品やサービスを、知人・友人に薦める可能性はどのくらいありますか?」と質問し、それに対する11段階の評価(0~10)をもとに、推奨者の割合から、批判者の割合を引いたスコアをNPSとし、お客さまの三井住友カードへの思い入れ(ロイヤルティ)やご要望を測るというものです。

その結果をもとに、必要な改善、改革を行い、顧客体験価値(CX)を高めております。

3.耳や目が不自由な方への手話、筆談サービス

プラスヴォイス社が提供する三井住友カード会員の皆さま専用の代理電話サービスで、テレビ電話を通じて手話や筆談でリアルタイムの問い合わせができます。

4.社員の思い

実際にコールセンターを運営している社員たちが常に意識していることは、「1人ひとりのお客さまの目線に立つ」ということ。必要な情報をお客さまの時間を無駄にすることなく伝えていけるように、適切なマニュアルを作ったり、勉強会を重ねたりするなどして、社員全員の意識統一に取り組んでいます。

三井住友カードでは、お客さまがクレジットカードを安心してご利用いただける体制を万全に整えています。上記の内容を参考にして、ぜひご利用をご検討ください。

今回の記事のまとめ

サポートが万全なクレジットカード会社を選んだほうがよい理由

サポートに力を入れている会社は、いざという時に、あなたのお金をしっかり守ってくれるからです。

クレジットカード会社選びで押さえておきたい電話応対のポイント

電話が24時間応対であるかどうかがポイント。不測の事態というのはいつ起こるかわからないため。

充実した三井住友カードのサポート体制

  • 顧客体験価値(CX)向上のために定期的なWebアンケートを実施
  • テレビ電話を通じて手話や筆談による問い合わせも可能
  • 適切な窓口にすぐにつながる自動音声応答サービス
  • 「1人ひとりのお客さまの目線に立つ」ために勉強会を実施

人気ランキング

注目!ピックアップ記事