ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
ゴールドカードを比較する際のポイントとは?

おすすめのカードと作り方

ゴールドカードを比較する際のポイントとは?

ゴールドカードを比較する際のポイントとは?

こんな人に
おすすめ!

  • ステータス重視でクレカを選ぶ方、
    補償・サポートを重視する方

ゴールドカードといってもさまざまな種類がありますので、どれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。自分に合ったゴールドカードを見つけるには、それぞれのカードがどのような特徴を持っているのか、自分の基準に合わせて比較・検討していかなければなりません。
ここでは、ゴールドカードの基礎知識やメリットを紹介しながら、比較する際のポイントについて解説していきます。

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できるクレジットカードです。具体的には、空港ラウンジの利用サービスがついていたり、付帯保険が充実していたりします。
ゴールドカードは、かつては会員となるためのハードルが高いイメージがありました。しかし、近年はより多くの人に利用してもらうことを目的に、中には年会費無料というゴールドカードも存在するほど所有しやすくなっています。

現在各社から発行されているクレジットカードの平均的なサービスについて比較してみましょう。

■各社のクレジットカードのサービス比較

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カードの種類 一般カード ゴールドカード プラチナカード
年会費 2,000円台
無料のことも多い
1万円台 数万円
海外旅行保険 付帯されていることもある 補償金額は2,000~5,000万円程度 補償金額は1億円程度
国内旅行保険 年会費無料の場合は付帯されていないことが多い 補償金額は2,000~5,000万円程度 補償金額は1億円程度
ショッピング保険 補償金額は50~300万円 補償金額は300万円程度 補償金額は300~500万円程度
空港ラウンジ 付帯されていない 付帯されている 付帯されている
付帯サービス 付帯されていない さまざまな優待サービス さまざまな優待サービスに加えコンシェルジュサービス
審査の難易度 比較的難易度は低い 難易度は高め 難易度が高い
インビテーション制の場合もある

ゴールドカードのおもなメリットは以下のとおりです。

デスクなどの対応・サービスが優れている

ゴールドカードには、会員専用のインフォメーションデスクが用意されていることが多いです。カードやサービスに関して不明点があれば、電話で気軽に質問することができます。クレジットカードのサポートデスクは混み合っていて電話がつながりにくいことも多いものですが、専用のデスクなら対応もスムーズでしょう。
カード会社によってデスクのサービス内容は違いますが、ホテルや航空券の手配のほか、医療相談や24時間のトラブル対応などが利用できます。

特典・付帯サービスが充実している

ゴールドカードには、さまざまな特典やサービスが付帯しています。例えば、特定のお店で利用すると割引が受けられたり、空港ラウンジが無料で使えたりします。
また、国内・海外旅行傷害保険や、ショッピング保険が付帯されているものも少なくありません。
なお、付帯保険については、無条件で自動的に適用される「自動付帯」と、カード利用などの条件付きで適用される「利用付帯」があります。ゴールドカードの場合、その多くが自動付帯となることも、一般カードとの大きな違いといえるでしょう。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

ステータス性が高い

一般カードよりもランクが高いゴールドカードは、お店やホテルなどで支払いをするときに、ステータス性を示すことができるでしょう。カードデザインも高級感があります。

利用限度額が高めに設定されている

クレジットカードには月々の利用限度額が設定されており、それを上回る金額を利用することはできません。ゴールドカードは、この限度額が一般カードよりも高めに設定されています。

特典が充実!初めてのゴールドカードにおすすめの三井住友カード ゴールド(NL)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるクレジットカードです。券面には、会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があります。

ゴールドカード 3つの比較ポイント

せっかくゴールドカードを所持するのですから、自分に合ったカードを選びたいもの。ここからは、ゴールドカードを比較するときに注目したい、3つのポイントを紹介します。

  • 特典やサービス内容から選ぶ
  • 国際ブランドの違いにも注目する
  • 年会費を把握しておく

それぞれを詳しく説明しましょう。

1 特典やサービス内容から選ぶ

クレジットカードの特徴が最も出やすいのが、特典やサービス内容です。ポイントの還元率については多少の差があるくらいで、大きな比較ポイントにはなりにくいでしょう。しかし、特典やサービス内容には大きな差が出ます。

例えば、空港ラウンジを利用する場合、A社のゴールドカードではご本人のみ無料となっているのに対し、B社のゴールドカードであれば同伴者も無料となっているケースがあります。ほかにも、カード会社によって提携している飲食店や宿泊施設が異なっており、そこで利用できる割引サービスが違う場合もあります。海外旅行や出張で飛行機をよく利用される人は、マイルを貯めやすいゴールドカードがいいでしょう。
自分が頻繁に利用できそうな特典やサービスは何かを想定すれば、選択肢を絞ることができるはずです。

2 国際ブランドの違いにも注目する

クレジットカードには、国際ブランドの違いがあります。VisaやMastercardといった国際ブランドによって、使える店舗や地域にも差が出てきます。当然のことながら、広く普及している国際ブランドのほうが利便性は高くなります。
特に、Visa、Mastercardは、世界中で使用されている国際ブランドになりますので、海外旅行や海外出張で積極的にクレジットカードを使用したいと思っている人におすすめです。

3 年会費を把握しておく

ゴールドカードは、一般カードよりも特典や付帯サービスの内容が手厚い分、年会費がかかり、サービスの質が高いほどその金額も高くなります。そのため、ゴールドカードを比較する際には、どのくらいの年会費がかかるのかも把握しておきたいところです。
年会費のことを考えずにゴールドカードを所有してしまうと、いたずらに支出が増えてしまうケースもあります。年会費はランニングコストとなりますので、比較材料として考えておかなければなりません。
例えば、三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は5,500円(税込)ですが、年間100万円のご利用で、翌年以降の年会費が永年無料となります。
今、持っているクレジットカードの毎月の利用額が9万円以上であれば、三井住友カード ゴールド(NL)にお切替えいただくと、2年目以降年会費が永年無料でカードをお使いいただけます。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

三井住友カードのおすすめゴールドカードを比較

それでは、三井住友カードが提供するゴールドカードの特徴を比較してみましょう。

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるクレジットカードです。券面には、会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があります。

・年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は通常5,500円(税込)ですが、年間100万円のご利用で、翌年以降の年会費が永年無料となります。今、持っているクレジットカードの毎月の利用額が9万円以上であれば、三井住友カード ゴールド(NL)にお切替えいただくと、2年目以降年会費が永年無料でカードをお使いいただけます。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

・毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントプレゼント(継続特典)

三井住友カード ゴールド(NL)は、通常のポイント還元とは別に、毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントが還元されます。毎年、条件を達成すればもらえるうれしいプレゼントです。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

・対象コンビニやマクドナルドでの利用で、最大5%の還元!

三井住友カード ゴールド(NL)の通常のポイントはご利用金額200円(税込)につき0.5%ですが、対象のお店で使うと最大5%のポイントが還元されます。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
通常ポイント セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用 さらに
左記店舗でVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※2)を利用
利用金額200円(税込)につき
0.5%還元
利用金額200円(税込)につき
+2%(※1)加算
利用金額200円(税込)につき
+2.5%(※1)加算

例えば、対象のコンビニで月5,300円分をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用した場合

利用金額200円(税込)単位でポイントが付与されるため、5,300円分の利用の場合、対象となる金額は実質5,200円。付与されるポイントは260ポイントになります!

arrow arrow

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
5,200円÷200円=26ポイント 5,200円×2%=104ポイント 5,200円×2.5%=130ポイント
  • ※1 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※2 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
    また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し、お支払いただく場合があります。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

・毎月の支払いを三井住友カード ゴールド(NL)にまとめてみよう!

暮らしの中で毎月かかる生活費には、家賃や食費のほか、公共料金、携帯電話料金などがあります。こうした生活費の支払いを、現金払いや口座引き落としにしている場合、三井住友カード ゴールド(NL)のクレジットカード払いに切替えれば、毎月の支出が1枚のクレジットカードで管理できるうえ、年間の利用額に応じたポイントがもらえます。年間でかかる生活費ともらえるポイントについて、20代で一人暮らしの人を例に見てみましょう。

■年間でかかる生活費の例(20代・一人暮らしの場合)

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
支出項目 毎月の支払額例 年間(12ヵ月分)の支払額例
食費 4万円 48万円
水道・電気・ガス代などの公共料金 1万5,000円 18万円
携帯電話料金 5,000円 6万円
交際費 3万円 36万円
交通費 2万5,000円 30万円
上記の支出合計額 11万5,000円 138万円
年間100万円以上の支払いに!

例えば、年間138万円を三井住友カード ゴールド(NL)で利用した場合
下記のように、付与されるポイントは計16,900ポイントとなります!

arrow arrow

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
通常ポイント(ご利用金額200円(税込)につき1ポイント) 6,900ポイント
年間100万円利用の条件達成で付与されるポイント 10,000ポイント
  • ※一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、三井住友カードをワンランクアップさせたゴールドカードです。旅行傷害保険は国内・海外ともに最高5,000万円、空港ラウンジの無料利用など、ゴールドカードにふさわしい特典とステータス性を兼ね備えた一枚です。
インターネットからの入会で初年度は年会費が無料、翌年度以降11,000円(税込)となっています。ただし、条件付きで年会費が割引となることがありますので、必ずご確認のうえお申し込みください。

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド

「三井住友カード プライムゴールド」は、満20歳以上30歳未満の方限定で発行されるゴールドカードです。通常の三井住友カード ゴールドと同等の機能を有しながら、年会費は初年度無料、翌年度以降5,500円(税込)とゴールドカードに比べてお得となっております。
なお、満30歳以降は、自動で三井住友カード ゴールドにランクアップすることができます。

■三井住友カードのおすすめゴールドカード比較

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード
ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード
プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード
ゴールド

三井住友カード ゴールド

初年度年会費 5,500円(税込) 無料 インターネット入会で無料
翌年度以降年会費 5,500円(税込)
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料。対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。
5,500円(税込)
条件により1,650円(税込)まで割引
11,000円(税込)
条件により4,400円(税込)まで割引
ショッピング保険 年間300万円まで 年間300万円まで 年間300万円まで
旅行傷害保険 最高2,000万円
(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円
(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円
(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる
毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。
200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 原則満20歳以上
安定継続収入がある方
満20歳以上30歳未満
安定継続収入がある方
原則満30歳以上
安定継続収入がある方
  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

三井住友カード プライムゴールドは上記の表のように、三井住友カード ゴールドと同様のサービスが受けられ、年会費が低く設定されたお得なゴールドカードです。20代のうちからステータスカードを持ちたい人におすすめです。

また、どちらのカードも、「WEB明細」の利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引され、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば、翌年度の年会費が半額になります。さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が半額になるサービスもあります。

ゴールドカード以外にもあるステータスの高いカード

ステータスの高いカードは、ゴールドカードだけではありません。三井住友カードが提供するステータスの高いカード「三井住友カード プラチナ」「三井住友カード プラチナプリファード」をご紹介します。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ

「三井住友カード プラチナ」は、ゴールドより上のグレードに位置するステータス性の高いカードです。満30歳以上でご本人に安定継続収入のある方が申し込むことができ、年会費は5万5,000円(税込)です。
24時間・年中無休のコンシェルジュサービスや、国内外の最高級のホテルの割引などの特典が利用できます。また、旅行傷害保険は最高1億円と手厚い補償が受けられるため、旅行先での万が一にも備えられるでしょう。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナ

三井住友カードのハイステータスカードのひとつ「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。
また、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

・新規入会&利用特典40,000ポイント

ご入会月(切替え月)の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

・継続特典最大40,000ポイント

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント(最大40,000ポイント)

・外貨ショッピング利用特典+2%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント

  • ※海外でのご利用のみ対象

・プリファードストア(特約店)+1~9%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント

  • ※これらの特典を受けるには一定の条件があります。詳細は以下ホームページをご確認ください。

よくある質問

Q1:ゴールドカードとは?

ゴールドカードは、その名のとおり、券面が金色になっていて、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できます。

Q2:ゴールドカードを比較するときのポイントは?

ゴールドカードを比較するときは、ランニングコストとなる年会費を把握しながら、自分に合った特典やサービス内容になっているかを確認するといいでしょう。

Q3:ゴールドカードの特典やサービス内容は?

ゴールドカードの特典やサービス内容は、「空港ラウンジを利用できる」「国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険の補償額が手厚い」「ポイント還元率が高い」「利用限度額が高い」といったものがあります。

自分に合ったゴールドカードを比較しよう

ゴールドカードは、各社さまざまな特典やサービスを用意しているため、自分に合った特徴を持ったカードを比較・検討することが重要になります。
比較する際は年会費や特典などをチェックして、自分のライフスタイルに合った一枚を選びましょう。

  • ※2021年7月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

ハイステータスな一枚を求めるあなたに。
三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!