永久輝せあコーナー

今月のメッセージ

花組宝塚大劇場公演の千秋楽について……。

永久輝せあ 今月のメッセージ  まず始めに、花組宝塚大劇場公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』の千秋楽を振り返ってみたいと思います。
 大劇場公演が途中で中止となり、千秋楽は無観客上演で配信されました。ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

 無観客上演となり、お客さまは目の前にはいらっしゃらないけれど、画面を通して観ていてくださる方がたくさんいることが伝わってくる気がして……。拍手は聞こえずとも、こちらの熱量を受け取っていただいているような感覚もあり、初めて体感するとても不思議な空間でした。

 当日は、白いお洋服で楽屋入りされた退団者の方を皆で拍手で出迎えたり、終演後も袴を着た退団者の皆さんと全員で記念写真を撮る機会もいただけて、とても幸せな時間を味わいました。

 サヨナラショーでのはなちゃん(華優希)は、ピンクの衣装がよく似合っていて、本当にかわいかったです。柚香光さんとの『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』のタップダンスのシーンもとても素敵で、袖からずっと観ていました。退団者の皆さんによる『EXCITER!!』もファン時代に大好きなショーでしたし、ファンの方は皆さんご存じの、あの有名な振付を踊られる姿を観て、胸が熱くなりました。

 瀬戸かずやさんが主演された『マスカレード・ホテル』のフィナーレナンバーでは、お稽古の段階から胸に響くものがあり……。本番でも、瀬戸さんが大階段の真ん中にいらして皆が真っすぐ下りてくる構成、曲や雰囲気と相まって、踊っていてもいろいろな思いを感じて、すごく感動的でした。皆さんの集中力もものすごく、「1秒1秒無駄にしないでお届けしたい!」という気持ちや、「瀬戸さんと踊るこの空間を大切に!」という思いをそれぞれが持っていたように感じ、すごく素敵な空間でした。

 ご卒業される皆さんの最後のご挨拶を聞いて、いまはこのような状況でも「宝塚の未来が明るいように」と祈ってくださっていることが、本当に尊いお気持ちだと思いました。瀬戸さんの 「宝塚の生徒が二度とこんな景色を見ることのないような世の中になりますように」というお言葉もすごく胸に響きました。

堅実で芝居心のある、はなちゃん。

 はなちゃんとは、私が花組に組替えしてから出演した3作ともご一緒させていただきましたが、そのなかでも『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』でいろいろなことを共有できたかなと思っています。

 花組に来る前からお芝居が上手な子だと聞いていたので、憑依型の役者さんなのかなとイメージしていました。でも実際にお稽古を間近で見ていたら、1つひとつ土台から積み上げて少しずつ役を作り上げていっているように見えました。意外でしたが、本当に素晴らしいなと感じましたし、尊敬しています。とても気持ちのある人なので、お芝居が心に伝わるのだと思います。
 今作ではなちゃんが演じるポンペイアは、私が演じるブルートゥスにとってカギとなる大事な存在なので、卒業公演で一緒にお芝居ができて、とてもうれしく思っています。

男役の背中を見せてくださる、瀬戸さん。

 瀬戸さんとも『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』でたくさんご一緒させていただけて、うれしかったです。私はファン時代に花組が好きで、春野寿美礼さんがトップの時代をすごく観ていたので、そのころの雰囲気を引き継いでいらっしゃる方というイメージが以前からあり、それもあってか花組に来た当初から瀬戸さんがいらっしゃることへの安心感がすごくありました。

 1年半という短い時間でしたが関わらせていただけたことを、すごく幸せに思います。初の花組本公演でドキドキしていた『はいからさんが通る』のフィナーレも、瀬戸さんのお隣で踊らせていただくことですごく安心できました。今作の『Cool Beast!!』でも近くで踊らせていただいていて、とても勉強になります。男役としての"居方"、見せ方が本当に尊敬できる方だと感じています。もっとお芝居でご一緒したり、ショーでも側で踊らせていただきたかったですし、オフでもたくさん食事に行きたかったです!

カエサル、アントニウスに対しては……。

永久輝せあ 今月のメッセージ  先月は、『アウグストゥス-尊厳ある者-』で柚香さん演じるオクタヴィウス、はなちゃん演じるポンペイアへの思いをお話ししましたが、今回は瀬戸かずやさん演じるアントニウスに対する思いを少し……。

 ブルートゥスとしてアントニウスを見ると、自分とは違い「欲」に突き進む人だと感じます。それにブルートゥスは、カエサルが一族の娘と結婚させるほどアントニウスを信頼し、彼がカエサルの後継者に選ばれたと勘違いしたために、強い嫉妬心を持ち目の敵にします。アントニウスとブルートゥスでは手に入れたいものが違う気がするので、歩み寄ることはないのではないか、と。ライバルが自分とは異なるタイプであればあるほど、ライバルを信頼し自分をないがしろにしたカエサルへの憎しみもより深まるのではと思います。
 役としてはわかり合える関係ではないですが、卒業公演で瀬戸さんとお芝居をすることができて、とてもうれしいです。
 ブルートゥスには、実の親子のように育ててもらったカエサルへの捨て切れない愛情があるのではないかとずっと思っていましたが、舞台で演じるうちに、やはり愛情があったら殺せないのではないかと考えるようになりました。カエサルを盛り立てる民衆の歓声を聞いたり、一族の娘をアントニウスに嫁がせようとするカエサルの姿を見るなかで、自分のなかにある彼への憎しみを完全に認めて、愛情を捨てる瞬間があったのではないでしょうか。カエサル暗殺に至るまでの心情は舞台上では細かく描かれていませんが、そういう瞬間がブルートゥスのなかであったのではと想像して演じています。

 そのなかで意識しているのは、カエサル暗殺の前の場面で、ポンペイアが悪夢のなかでオクタヴィウスを刺してしまうシーン。早めに袖に行き、音楽や雰囲気を感じて気持ちを動かすようにしています。ポンペイアもブルートゥスも同じように憎しみは持っていますが、ポンペイアは夢で刺し、ブルートゥスは実際に殺してしまう……。ポンペイアから始まった「憎しみ」が人に広がっていく大切な場面だと感じます。

 一方のショー『Cool Beast!!』は、本当に見どころ満載なショー。私個人としては光栄なことに、後半に出番が続くので、プロローグで必死に踊っていたと思ったら気が付いたらパレードに……というくらいあっという間です(笑)。先月、「来月にお話しできたら」とお伝えしましたが、内容が盛りだくさんになってしまったので、また次回お届けしたいと思います!
  皆様、東京公演もどうぞよろしくお願いいたします。

※このメッセージは、5/14(金)のものです。

テーマ:「好きな肉料理」

  • ◎ハンバーグ

    大好きなお肉料理です! コロナ禍のいまは機会がありませんが、実は誰かに作ってもらったハンバーグが好きで、雪組時代は綾凰華くんに、花組ではほのかちゃん(聖乃あすか)に作ってもらいました。自分でも作りますが、人が作ったハンバーグが一番好き(笑)。すごく幸せを感じるんです。ハンバーグは「幸せの塊」だと思います!
  • ◎焼肉

    お肉料理とはいえないかもしれませんが……、炭火で焼く焼肉が好き。『タカラヅカスペシャル』のお稽古期間中に、皆で焼肉を食べに行ったことも。家族でも何かのお祝い事には、必ず焼肉。家族では絶対に父が焼いてくれるのですが、皆と行くとなったら絶対に私が焼きます! お肉なら任せて!という感じで(笑)。
  • ◎しゃぶしゃぶ

    大好きなお肉料理のなかで3つめに挙げるとしたら、しゃぶしゃぶ。たれは、ゴマだれ・ポン酢派がいると思いますが、皆さんはどちらがお好きですか? 私は最近ゴマだれも好きですが、ずっと”薄めたポン酢”派でした。昔は1人でしゃぶしゃぶ食べ放題に行ったりもしました(笑)。お稽古で体力を使うとお肉が食べたくなりますね。